読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北陸徘徊人

福井・石川・富山を中心にゆるーい旅を満喫中

時刻表にない鉄道を見に行く

土曜の夜、 出先から帰る際に見かけた 足羽川沿いの桜が思いの外満開で、 「明日は花見でも行くか」と相方に言ってみたら、 「それもいいね」なんて答えがあり、 花見に行くつもり満々で迎えた日曜の朝は、 雨音で目が覚めた。 起きてきた相方が、 「花見に…

県境の向こうのホルモン定食 〜ドライブイン富士〜

いい年こいて何であるが、 「県境」が好きだ。 車で走っていても県境を超える手前、 超えた瞬間に妙にテンションが上がる。 昔からそうだった。 自分が生まれ育った赤穂という町は 兵庫県の西の端であり、国道を西に向かえば ほどなく岡山県に達する。 そこ…

JR北陸本線・大聖寺駅 「日本百名山」深田久弥の生まれた街へ

たまたま本屋で見かけた深田久弥の「日本百名山」なる本。 自分も一応山ヤの端くれであるし、 その存在は知っていたが、 今まで一度も読んだことがなかった。 ちょうど僕が山小屋で働いていた頃は、 NHKのBSで百名山を紹介する番組を放送していた時期と一致…

北陸・某老舗温泉旅館の憂鬱

先日は相方の誕生日であった。 世の男性方、いや、僕のような40代の初老男性は 相方の誕生日を果たして祝うものなのか、 そのあたりはよくわからない。 少なくとも僕なんかは自分の誕生日が来るたびに 憂鬱になる。 全然おめでたい気もしない。 相方に対して…

石川県小松市 〜尾小屋マインロード・つるっと・土居原ボンネット広場〜

穴が好きである。 別に厭らしい意味で、てな訳でなく、 旅先で鉱山跡や鍾乳洞なんかがあると ついつい立ち寄りたくなる。 View image | gettyimages.com 現在も採掘されている地は僅かで その多くは時代の流れとともに閉山してしまった。 この鉱山跡を見学で…

小松昭和紀行 〜餃子菜館 清ちゃん〜

JR北陸本線・小松駅のホームに降り立つ。 小松駅は北陸本線には3駅しかない高架駅の一つで、 人口10万8000人あまりを抱える小松市の玄関口だ。 小松といえば建設機械の「コマツ」の創業地であり、 小松空港は石川・福井両県の空の玄関口であり、 粟津温泉や…

土砂降り白山白川郷ホワイトロード

中部縦貫道を勝山に向かう。 台風は温帯低気圧に変わったなんてラジオで言ってるが、 雨はますますひどくなっているような気がした。 「なあ」 僕は助手席の相棒に訊いた。 「スーパー林道(白山白川郷ホワイトロード)まさか通行止めになってないよな」 相…

加賀温泉にみる北陸の観光事情

日曜日の福井は快晴だった。 その前日、土曜日に相方は立山の雪の大谷に行ったのだが、 以下のような「ETC割引」を利用したらしい。 速旅 北陸新幹線開業記念ドライブプラン 北陸新幹線の開業に高速道路も便乗するのか! と笑ってしまうようなプランであるが…

「やっぱ福井がいいよな」とテルメ金沢で考えた

ちょうど一週間前の土曜日のこと、 相方が友人と金沢へライブに行ってくる、と言う。 そのライブのことは以前から聞いていたもので、 あー、今日だったんだ、程度に聞き流し、 なら自分は久々に一人で「乗りバス」でもしてくるか、 なんて考えていた。 する…

金沢・第七ギョーザの憂鬱

能登からの帰路、 新湊で一杯引っ掛けてホテルで一泊、 そんな淡い願いが吹き飛んだ私は、 車を金沢市内に向けて走らせていた。 「腹減ったな」 私は言った。 助手席でツムツムをしていた相方が 「そやね」と言う。 これが富山だと、 中華なら何処、麺なら何…

和倉温泉総湯と能越道

能登空港を出てしばらく「のと里山海道」を戻る。 穴水町から七尾市に入り横田ICで流出。 能登島を経由して和倉温泉に向かうことにした。 ツインブリッジで能登島へ渡る。 能登島は周囲が約72キロ、 人口約3000人の七尾湾に浮かぶ島で、 平成の大合併で能登…

輪島キリコ会館と能登空港

さて、ホテル高州園の前にあった「キリコ会館」は 移設したとの旨の貼り紙があった。 港へ向かうと真新しい建物がある。 受付で聞けば3月29日にオープンしたばかりと言うこと。 以前の建物は2月28日で閉鎖とのことであったから、 1ヶ月早く来ていれば何も見…

のと里山海道でキリコを見に行く

キリコ=最大15メートルを超える巨大な灯籠 威厳のよい掛け声と共に街を練り歩く、、、 相方は「白川郷」に行きたい、などと言っていた。 白川郷か、 ビミョーである。 週末に行けば混雑しているのは分かりきっている。 白川郷にしても五箇山もだが、 世界遺…

新幹線開業から7日目・金沢駅の朝

私が初めて金沢を訪れたのは中学2年の時である。 当時の私は水泳部に所属していたのだが、 その顧問と2人で兵庫の片田舎から青春18きっぷでやってきた。 この顧問というのが実に不思議な人で、 「ちょっと島でも行くか」といきなりカヌーを出してきたり、 「…

東尋坊とウサギとイオン

元を正せばすべての要因は 僕の「給料」が少ないことは分かってる。 だが、3日続けて夕食が「豆腐」だとうんざりりもする。 麻婆豆腐、豆腐ハンバーグ、豆腐ステーキ、 翌日が豆腐のフライであった時は心底びびった。 「そろそろ肉か魚が食べたい」と恐る恐…

福井〜金沢・路線バス乗り継ぎの旅 最終回

15時ちょうど、 加賀白山バス「佐野線」は小松駅前を出発。 北鉄のICカード「ICa」も利用可能だ。 乗客は私と女子高生の2人のみ。 バスは国道305号線を進む。 途中で見覚えのある回転寿司店を見つけた。 以前にお付き合いしていた方と 富山から加賀温泉に向…

福井〜金沢・路線バス乗り継ぎの旅6 小松にて

小松市は人口約10万7000人、 人口でみれば金沢市、白山市に次ぐ 石川県第3の都市だ。 私は石川県内は「北陸鉄道」が全域で 運行していると思い込んでいたが、 この地は「小松バス」の牙城だ。 もっぱら関連会社であるらしいが。 14時45分、私は小松駅前のバ…

福井〜金沢 路線バス乗り継ぎの旅5 宇宙バスこまち☆

小松空港のバス停にいると ずいぶん変わったバスが入ってきた。 どうやら電気バスのようで、 これが小松駅まで行くようだ 電気バスは初体験だ。 金沢駅まで直行しなくて良かった、 ひとりニヤニヤしてしまう。 14時30分発。 乗客は私を入れて2人。 それにし…

福井〜金沢・路線バス乗り継ぎの旅4 妙なプライドが邪魔をする

加賀温泉駅前のショッピングセンターで あきらかに「ミスった」と思えた昼食をとる。 これなら弁当でも買えば良かったと 若干後悔したりする。 何を食べたかは書かない(笑) 再びキャンバス乗り場へ。 13:55分発の小松空港行に乗り込む。 小型バスだし、 …

福井〜金沢・路線バス乗り継ぎの旅3 キャンバス

北潟湖畔沿いにある北潟東バス停から歩くこと 1時間30分、 加賀市の「月うさぎの里」に到着したのが 11時45分だった。 単なる土産屋かと思っていたが、 本当に「うさぎ」がおり、 大型観光バスも何台か止まっている。 本当は見学しようと思ったりもしたが、 …