読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北陸徘徊人

福井・石川・富山を中心にゆるーい旅を満喫中

新幹線・マラソンにやられて春江でユリを見た話

先週末のこと、 久々に「焼き肉」なんて行ったら 朝から自分の「口臭」で目が覚めた。 あまりにもウマすぎて調子にのって飲み食いしすぎたか。 うーむ、なかなか強烈である。 歯を磨いたりコーヒー飲んだりしたが、 全身から「肉々しい」香りがする。 相方が…

ブタヤロウの謎

我が家では私が食事担当である。 チラシのチェック、買い物も含め、 朝食、昼の弁当、夕食と全部作っている。 もともと好きだから苦にもならぬが、 むしろ野菜の高騰の方が頭が痛い。 「何じゃ、このクソ高いキャベツは」 なんて思わず口にしてしまい店員に…

ガネーシャカレーで我が身の衰えに気づく

あまり行きたくないが3度目の歯医者である。 私は予約時間より早めに行って、 待合室にある雑誌でも読んでいようと思っていた。 ところが早々に名前を呼ばれてしまう。 この歯医者、 診察室に入ると椅子が10台ほど並んでいて、 そこいら中で歯医者特有の音が…

越前大野と国道158号線

「ゴールデンウィークどうする?」 4月のアタマ頃だったか相方がそんなことを言った。 「家でおとなしくしてよう」 私は言った。 ちょこちょこウロウロしてるからこそかもしれないが、 どうもゴールデンウィークに出掛ける気がしない。 昨年もせいぜい近所の…

京福・観光周遊バス「さくら号」

福井市内を派手なラッピングバスが走っているな、 と気づいてはいたがロクに調べもせず、 というか帰宅したら忘れていた今日この頃。 たまらま京福バスのサイトを見ていたら、 このラッピングが「エヴァンゲリオン」なるアニメのもので、 さらに観光周遊バス…

武生 〜しきぶ温泉湯楽里とじゅうろう座のランチ〜

40過ぎるまで無縁であったものに「花粉症」がある。 春先になり、 マスクを付けている方々や、 ドラッグストアの花粉症コーナーを見ると、 「大変だなー」と完全にひとごと、であったりした。 ところが、だ。 くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみ、 一気に…

福鉄電車でお花見へ

週末の天気予報はずっと「雨」だったのに、 目覚めたら曇り空だった土曜の朝。 テレビをつけたら福井も桜が咲き出した、 なんて言っている。 我が家が寒いからか、 フトコロが寒いからか さっぱり気づかずにいたが、 ちゃんと春は来ていたようだ。 布団の中…

えちぜん鉄道と恐竜博物館・平泉寺白山神社

見事な杉林と苔に覆われた境内、 拝殿へと続く石畳。 福井に来てからずっと行きたかった場所のひとつに 勝山市の「平泉寺白山神社」がある。 福井は暖かい日が続いたと思えば、 急に冷え込んだり、と春と冬が交互にやってくる、 そんな日が続いていた。 3月…

和田八幡宮

どうしても痛みに耐え切れず、 仕事を休むことにした。 「歯」だ。 歯医者などもう4年ほど行っていない。 ここ数年でいくつかの「歯の詰め物」がとれていた。 舌でさわっても穴が開いているのが分かる。 冷たいものも染みる。 行かねばならないことは分かっ…

ダリと福井県ふるさと文学館

日曜日のことだ。 わたしは夫と福井市美術館でやっている 「奇才・ダリ版画展」を見に行く予定でいた。 朝の10時すぎ、 寝ぼけ眼でスマホをいじりながらコーヒーを飲んでいた夫が、 「おいおい、見るのに1000円もかかるぞ」 などと言う。 「そんなもんでしょ…

北陸新幹線開業後の福井駅前点描

とある切符を買うために福井駅に出かけた。 3月15日、空が青い。 福井駅西口では長らく放置状態だった 新幹線高架橋に変化が出てきている。 福井県のホームページによると、 この新幹線高架上にえちぜん鉄道仮線を敷設、 現えちぜん鉄道を高架化、 新幹線開…

坂井市 〜丸岡温泉たけくらべと女形谷丼セット〜

3月14日、 目覚めると夫の姿がない。 時計を見ると7時を回ったところだ。 休みなのにどうしたのか、と思う。 リビングに行くと夫はテレビに釘付けになっていた。 画面ではまさに新幹線が動き出そうとしている。 そうか、今日は北陸新幹線の開業日だ。 「すげ…

東尋坊とウサギとイオン

元を正せばすべての要因は 僕の「給料」が少ないことは分かってる。 だが、3日続けて夕食が「豆腐」だとうんざりりもする。 麻婆豆腐、豆腐ハンバーグ、豆腐ステーキ、 翌日が豆腐のフライであった時は心底びびった。 「そろそろ肉か魚が食べたい」と恐る恐…

鷹巣荘と15万円の冷蔵庫について

僕と彼女は日本海を目指していた。 雪があると出歩くのもおっくうになるが、 なければ多少は出かけようという気になる。 週に一度位は広い風呂に入りたい、 そんな訳で極楽湯の回数券を買っているが、 「たまには違うところに行こう」となり、 会社の先輩の…

越廼ふるさと資料館と枕について

彼女と眠っていると、 いつしか枕を奪われることが多くなった。 ノロケ話を書くつもりはない。 最初はじゃれていると思っていた。 しかし、 僕ではなく枕を求めていることに気づいた。 実は僕の枕は特注品だ。 一人暮らしの時から愛用している。 そんな訳で…

敦賀市コミュニティバス愛発線

敦賀駅の窓口で私は冬の関西一日パスなるきっぷを購入した。 JR西日本のいわゆるアーバンネットワークの普通列車が一日乗り放題、 特急券の追加購入で特急も利用できるというものだ。 しかしこの駅からは使わない。 北陸線の余呉駅から利用するつもりだった…

福井〜敦賀 路線バス乗り継ぎの旅4 敦賀市コミュニティバス・東浦線

10時20分、私は敦賀市にある大比田という集落に到達した。 思わず8号線まで出そうになり、 いやバスならこの集落を通るはずだと思いあたりを見渡す。 鉄道の「線路」のような目印がないもので バス停を探すという行為は一苦労だ。 交番があったので尋ねよう…

福井〜敦賀 路線バス乗り継ぎの旅3 しおかぜライン

私は南越前町の河野という集落にいた。 バスを見送ってから靴紐を締め直す。 この先は約9キロを歩く。 別名「しおかぜライン」 かつては河野海岸有料道路という その名の通り有料道路であった。 確か通行料金は890円であったと記憶している。 並走する国道8…

福井〜敦賀 路線バス乗り継ぎの旅2 福鉄バス王子保・河野線

武生は冷たい雨が降っていた。 私には雨の中を2時間も歩く気力はない。 今日の目的はあくまで「大阪で酒を飲む」ことだ。 はて、どうするかと思う。 時間はたっぷりある。 JRで行ってもいいではないか。 そんな考えが頭をよぎる。 そうこうしていると雨はや…

福井〜敦賀 路線バス乗り継ぎの旅1 旅の始まり

地元の幼なじみが 「仕事で大阪に来ているので飲まないか」 などと言うもので出掛けることにした。 日帰りになるので往復サンダーバードを使うつもりだった。 しかし私はその日一日あいていた。 何とか乗りバスできないものか。 私は先日放送された路線バス…

福井の銭湯、ローカル路線バス乗り継ぎ19弾、

さあ、久々に乗りバスでもしよう! と思っていたら私の休みに限って「豪雪」である。 朝から除雪してたら何処に出かける気力も失せる。 その日のニュースでは国道8号線で数百台が立ち往生、 などと言っていた。 そんな感じで福井はただひたすら寒い日が続い…

三国温泉と五右エ門のランチ

夫はよく泣く。 驚くほど涙もろい。 我が家では夕食の時に録画していた 「マッサン」を見ているが ほぼ毎日泣いている。 先日車を買った時も、 6年間乗った愛車を手放すことになると 泣いていた。 そして、 車が来たのはいいが、 何処にも連れて行ってくれる…

岩本屋にて

夫が後輩と食事を取ってくるというもので、 わたしは久々にDVDを借りることにした。 とにかくわたしと夫は見たい映画があわないもので、 こんな時でもないと好きな映画を借りれない。 そんな訳で借りてきたのが伊丹十三さんの 「タンポポ」っていう映画だ。 …

フレンドリーバスと福井県立図書館

福井に来てから図書館と言えば ずっと市立図書館を利用していたけれど、 最近のお気に入りは「県立図書館」だ。 図書館とは思えぬほど洗練されたデザイン、 ゆったりと配置された椅子、 館内にはWi-Fiも完備されていて、 パソコンを持ち込んでカタカタやって…

すまいるバス東ルート ダイヤの謎

県立美術館から乗車した すまいるバス北ルートは適度に混んでおり 護国神社で立ち客も出る盛況となった。 ガラガラのバスは寂しいが、 これくらい乗っていると嬉しい。 運転手にしてみれば神経を使うであろうが。 バスは除雪が行き届いているとはいえない細…

すまいるバス北ルート 福井県立美術館

福井の街なかを自転車で走っていると、 そこいら中で見かけるのが 「すまいる」のバス停だ。 「すまいる」はまちづくり福井が京福バスに委託して 運行しているコミュニティバスで 市街地を30分で一周する路線が4路線ある。 しかしながら 我が家の近所を走っ…

美山森林温泉みらくる亭とオレボ食堂

土曜の朝、 目覚めると一面は銀世界であり、 雪は深々と降り続いていた。 雪国の福井にも関わらず、 このアパートには融雪設備が存在しない。 何はともあれ除雪をしないことには 車を出すことすら出来ない。 除雪だけで一汗かいたら、 寒くなり夫が風呂でも…

おさごえ民家園

日曜日、 いつもなら駅前のアオッサにある図書館に行くはずが 他に行ってみよう、 そんな気になって自転車で 「みどり図書館」とやらを目指した。 すると、 山裾に茅葺きの民家が並んでいるのが見えた。 近づいてみると「おさごえ民家園」とある。 入園料は1…

福井〜金沢・路線バス乗り継ぎの旅2 県境を超える

9時55分。 東尋坊行きのバスがロータリーを出て行くと、 あわら湯のまち駅前には 誰もいなくなった。 ちなみにこの日は平日であった。 私は元来ケチな人間なもので、 バスの乗りつぶしはフリーきっぷが使える 休日に限定してきた。 そんなもので、 実は「運…

福井〜金沢・路線バス乗り継ぎの旅1 きっかけについて

所用で金沢に行くことになった。 とりあえず17時までに金沢に着けばいい。 その日は休みであり、 1泊して翌日に福井に帰ってくる。 さて、どうするか。 最も単純な方法はJRの利用が考えられる。 福井ー金沢の距離は約80キロ弱。 日中は普通列車が概ね1時間に…

劔神社とじんべえのランチバイキング

夫の両親から 「今敦賀に来てるンで泊めて欲しい」 そんな連絡があったのが土曜の夕方で、 やって来たのが1時間後。 朝の5時から「天空の城」を見に行く、 と出て行って、 「別に雲海もなくて普通の城だった」 と帰ってきたのが9時。 「天空の城になる時はニ…

京福バス 16系統・川西三国線

11月の土曜日、16時30分。 私は坂井市のえちぜん鉄道三国駅前にいた。 17時ちょうどに福井行きのバスがある。 せっかくの港町、 熱燗の一杯でも飲みながら旨い肴でも食べたかった。 しかしバスは17時発が最終だ。 えちぜん鉄道で帰っても良かったが、 意地で…

京福バス 91系統・金津本荘線

土曜日の14時15分。 私はJR丸岡駅にいた。 もっと開けた場所かと期待していたが、 住宅街にポツリと佇む駅だった。 あたりに食堂らしきものはない。 この先であるが、 隣のJR芦原温泉駅から91系統で三国に向かうことにした。 これも一日4往復のレアな路線で…

京福バス 92系統・丸岡永平寺線

13時05分、私は永平寺揚げの工場の前にいた。 とにかく腹が減っていた。 しかし店内飲食はやっていないらしい。 私は土砂降りの雨の中、 近くにあるえちぜん鉄道の轟駅を目指した。 時刻表を確認すると12分発がある。 何か食堂でもあれば入ればいいし、 なけ…

勝山〜轟 涙雨紀行

坂東島のバス停から少し歩くと県道17号線に出た。 九頭竜川も見える。 九頭竜川は大野市の油坂峠を水源とし、 坂井市で日本海に流れ出る全長116キロ、 福井県を代表する河川だ。 県道を歩き始めてすぐ、 空が暗くなり始めた。 さらにショートカットするつも…

太郎さんに会いに行く 越前陶芸村

情けない話をすれば、 週末の朝から相方と大げんかになり、 私は何処へ行くつもりでもなく自転車にまたがった。 どうせなのでバス旅でもすれば良かったのだが、 いまいちそんな気力もわかなかった。 とりあえずコーヒーでも飲もうとコンビニに寄り、 たまた…

京福バス 48系統・北郷線

今回のバス旅でポイントとなるのが これから乗車する京福バス48系統・北郷線であった。 地図で確認すると坂東島は勝山市街地から 九頭竜川を下流に向かった右岸に位置する集落だ。 この坂東島に行くバスは一日わずか5往復だが、 そのうち4往復は先ほど乗って…

えち鉄カフェでコーヒーを

土曜日の朝、 私は勝山総合病院のバス停で空を見上げていた。 雨がしとしとと降っている。 傘はある。 晴れていれば大仏や平泉寺を訪ねようと思っていたが、 何処へ行く気力もわかない。 この後は九頭竜川下流にある坂東島を目指す予定で、 2時間以上の待ち…

京福バス 46系統・大野勝山線

土曜日の朝、 私は大野市のショッピングセンター・ヴィオにいた。 開店前のショッピングセンターに人影はない。 幸いというか親切というか、 外から利用できるトイレがあったので拝借する。 山が見えた。 うっすらと雪化粧をしている。 あまりの寒さにダウン…

京福バス 55系統・大野線

とある週末のこと、 入っていた予定が 直前にキャンセルになった。 相方に「温泉でも行くか」と声をかけたが、 友人とお出かけらしい。 さて、どうするか。 とりあえずはどこかへ出かけたい。 私は地図を広げた。 そしてぼんやりと 「京福バスのりつぶし」 …

池田のかずら橋と須波阿須疑神社の大杉

昼食を終えてかずら橋へ向かう。 かずら橋と言えば四国の山中にある 「祖谷のかずら橋」を思い出すが ここ池田町にもあるらしい。 駐車場から少し歩くと 「かずら橋」が姿を見せる。 料金は300円。 小屋のおじさんが 「なんべん渡ってもらってもいいですから…

池田町・龍双ケ滝とおもちや母屋さんのランチ

夫が同期の葬儀から帰ってきた。 玄関先で塩をかけると、 「こーゆーのって夫婦っぽいよな」 などと力なく笑う。 夫の同期、だから29歳。 ガンだったそうだ。 昨年、夫は彼の結婚式に出席している。 まだ1年もたっていないはずだった。 日曜日、珍しく夫が出…

織田ー鯖江 暗闇紀行

土曜日の17時50分、 私は越前町織田にあるバスターミナルにいた。 バスターミナル、 なかなか重々しい雰囲気ではないか。 しかし18時前にも関わらず、 ここから出発するバスは越前海岸のかれい崎行きが2本あるのみ。 あたりはすっかり暗闇で、 文字通り「人…

京福バス 79系統・清水織田線

鮎川線で福井駅前に着いた時はすでに16時をまわっていた。 十分バスも満喫したし、この時点では帰るつもりだった。 そのタイミングで出かけている相方から 「晩御飯も食べてくる」 そんなメールが入ったりする。 16時、一日の終わりにはまだ早い。 私は駅前…

京福バス 10系統・鮎川線

京福バス・10系統鮎川線の起点である小丹生は、 海沿いの静かな集落だ。 私は堤防に座り、地図を広げた。 そしてぼんやり思う。 何故、この地が起点なのか。 このまま国道305号線を南下した次の集落「大味」には 福井から山越えをして越前岬に達するバス路線…

京福バス 98系統・海岸線

三国駅前の歩道橋で電車を眺めていたら、 「こんにちは」と中学生の男の子が挨拶してくれる。 三国に対する好感度がさらに上がる。 やはりまた来ようと思う。 三国からは98系統海岸線で 越前海岸沿いの和布(めら)を目指す。 全線走破するのは一日わずか2往…

福井県庁食堂の500円ランチと養浩館庭園

夫が職場の後輩であるタカシ君を よく連れてくるようになった。 23歳、富山県出身、体育会系の新入社員。 わたしたち夫婦より、6歳年下。 そんな彼は わたしにとって貴重な情報源であったりする。 まだ福井に来て間もないのに、 営業で飛び回っていることも…

三国バーガー

あわら湯のまち駅から再び三国へ向かう。 今度は東尋坊経由。 この旅で初めて10人以上の客が乗っていて、 何となくほっとする。 福井県最大の観光地である東尋坊で乗客の大半が入れ替わるが、 そのまま乗り続けて三國湊北前通りバス停で下車。 カフェ・三國…

京福バス 93系統・北潟線

三国駅からはJR芦原温泉ゆきのバスで あわら湯のまち駅へ向かうことに。 東尋坊からやって来たバスからは6人の客が降りた。 車内には温泉帰りと思われる女性客が2人と私のみ。 定刻の9時22分から若干遅れて出発。 バスは高台へと上がり、 三国観光ホテルへ。…

京福バス 25系統・川東三国線

相方が週末に友人と出かけるとのことで、 私はかねてから考えていた計画を実行することにした。 題して「福井県内路線バス乗りまくりの旅」である。 ただひたすらバスに乗りまくる、 それだけだ。 一応相方に「一緒に行かないか」と声をかけたが、 「絶対に…