読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北陸徘徊人

福井・石川・富山を中心にゆるーい旅を満喫中

上野東京ラインともんじゃ焼き

DSC05812.jpg 

 

その日、私と相方は東京駅にいた。

福井から愛知の岡崎を目指すのに

北陸新幹線なんぞ使ったものでまだまだ旅の途中である。

一度外に出て美しくなった丸の内駅舎を眺める。

DSC05814.jpg 

「お腹すいたね」相方が言う。

「何食べたい?」と問えば

「もんじゃ」などと言う。

 

もんじゃか、、、

 

若かりし頃、

雑誌か何かで見つけた有名店だかに関西人3人で行って、

無論初めてなもんで焼き方もさっぱり分からず、

 

出てきたボウルに入ったものを適当に混ぜて

お好み焼きを焼く要領で

バサーっと鉄板に流し込んだら

店のオヤジらしきヒトがすっ飛んできて、

 

「焼き方分かんねえなら言えよ!」

 

てなことを言われてしまい

ムスッとした顔でそのオヤジが焼き始め、

なんだか私達もムスッとしてしまい、

食べた気がしなかった記憶がある。

 

ま、リベンジだ。

 

適当に店を探そう。

私達はひとまず上野へ向かうことにした。

何で上野かと言えば、

単に「上野東京ライン」を試したかっただけだ(笑)

 

DSC05830.jpg 

しかしまあ、

めったに東京など来ない田舎者には

「上野東京ライン」なんていう摩訶不思議なものを

よく首都圏の方々は乗りこなしていると思う。

 

当地の方には申し訳ないが、

宇都宮と高崎くらいならわかるが、

籠原・小金井・古河なんて駅が何線上に存在するのか、

上京したばかりの田舎者にはパッと思いつかない。

 DSC05831.jpg

そりゃ高崎線東北本線の利用客にしてみれば、

上野が終点より東京まで行ってくれた方が便利だな、

程度には思っていたかもしれないが、

熱海まで直通してほしいと思っていた方は皆無と思われる。

 

横浜から先は湘南新宿ラインでつながっている訳で、

本当にJR東日本という会社は

勝手に作った「便利」を利用客に押し付けているような気がする。

 

そんなことを考えたら上野に着いていた。

DSC05855.jpg

 

すごいな、JR東日本

この3.6キロに400億もかけたのか。

今まで始発で座れたヒトも座れないようにして、

グリーン券やライナー券でさらにぼったくる気か。

 

恐ろしすぎてこの会社の営業区域にはとても住めない(笑)

ま、西も似たようなものか(涙)

DSC05835.jpg 

適当にアメ横を歩いて「もんじゃ焼き」を食す。

お姉さんが慣れた手つきで焼いてくれる。

昼間から飲む酎ハイがウマイ。

DSC05838.jpg

焼いてくれたもんじゃもウマイ。

DSC05844.jpg 

別に買い物をする訳でもないので目黒寄生虫館へ行った。

何故か見覚えがある寄生虫がいた(涙)

 DSC05867.jpg

その後新宿へ出た。

もんじゃだけでは足りなかったので

結局ラーメンを食べることにした。

 

もう一口だけ飲みたい気分だった。

290円だ。小ぶりなサイズだろう。

すると酎ハイはジョッキで出てきた。

DSC05873.jpg

広告