読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北陸徘徊人

福井・石川・富山を中心にゆるーい旅を満喫中

えちぜん鉄道と恐竜博物館・平泉寺白山神社

 DSC06026.jpg

見事な杉林と苔に覆われた境内、

拝殿へと続く石畳。

福井に来てからずっと行きたかった場所のひとつに

勝山市の「平泉寺白山神社」がある。

 

福井は暖かい日が続いたと思えば、

急に冷え込んだり、と春と冬が交互にやってくる、

そんな日が続いていた。 

 

3月末、その日は「暖かく」かつ「快晴」だった。

行くなら今しかない、

私は福井駅へ向かった。

DSC05908.jpg 

えちぜん鉄道福井駅に着くと、

家族連れの姿をちらほら見かける。

自分に子供がいないからピンとこなかったが、

世間の子どもたちは「春休み」なのだ。

 

さて、えちぜん鉄道には一日フリーきっぷがある。

福井〜勝山の片道運賃が770円なのに800円で乗り放題になるという

実に太っ腹なきっぷなのだが、

残念ながら土日祝日などしか発売されない。

 

この日は金曜日だった。

 

では平日にフリーきっぷが存在しないのかと言えば、実はある。

勝山にある「恐竜博物館」とのセット券を買えば、

えちぜん鉄道の一日フリーきっぷが付いてくるのだ。

DSC05909.jpg

福井〜勝山の往復運賃が1540円、

勝山市コミュニティバスが乗り放題で100円、

恐竜博物館の常設展の入場料金が720円で合計2360円のところ、

1620円になる。

せっかくなので「恐竜博物館」にも行ってみようと思う。

(この記事執筆時の金額です。2016年4月現在は2,120円)

http://www.echizen-tetudo.co.jp/index.html

  

8時56分、勝山行きの1両編成の電車は福井駅を出発した。

DSC05912.jpg

新幹線高架を左手に眺めながら電車は加速、

と思いきやすぐに減速して新福井着。

この間わずか500メートル。

かつてはこの先の越前開発まで複線だったが、

新幹線工事の影響で新福井〜福井口は単線になっている。

DSC05914.jpg 

車庫がある福井口で運転士が交代した。

海側の三国へ向かう路線と分岐して、

山側に進路をとる。

 

日中の「えちぜん鉄道」にはアテンダントさんが乗務している。

無人駅から乗車した客にはきっぷを販売し、

接続するバスの時刻、イベントの案内などの放送など忙しい。

 

さらに車内を頻繁に行き来しており、

乗客との距離感が近く本当に好感がもてる。

 

「左手に見えてまいりましたのは浄法寺山です。福井市から最も近い1000メートル峰でございます」

「このあたり、日本の鉄道車窓絶景100選にも選出されたところです」

「まもなく、九頭竜川の向こうに白山が見えてまいります。その手前に丸い建物が見えますでしょうか、あちらが恐竜博物館となっております」

彼女がマイクで話すたび乗客が一斉にカメラを向ける。

まるで観光バスに乗っているような気分だ。

DSC05924.jpg

9時48分、勝山着。

 

1時間弱の乗車であったが、

アテンダントさんのおかげで全く退屈しなかった。

勝山駅からはコミュニティバスに乗り継いで

まず「恐竜博物館」に向かうことにした。

DSC05930.jpg

アテンダントさんにもらった時刻表によると、 恐竜博物館〜平泉寺とまわったほうが効率がよいような気がした。

DSC05925.jpg

駅からまっすぐ進めば恐竜博物館はすぐなのだが、

このバスはあくまで「コミュニティバス」であり、

市街地で右左折を繰り返す。

20分ほどかけて恐竜博物館に到着した。

DSC05935.jpg

恐竜博物館は大勢の家族連れで賑わっていた。

そして、子供も大人も、みんな実にいい顔をしていた。

博物館というよりは

アミューズメントパークに来ているような気がする。

DSC05939.jpg

DSC05941.jpg

DSC05948.jpg 

一応新幹線のポスターも貼ってあった(笑)

DSC05953.jpg

子どもたちの歓声を聞きながら、

北陸三県の中でもっともファミリー層が楽しめるのは

福井県ではないか、そんな気がしてきた。

 

県全体で「恐竜」をアピールしていることもあるが、

これは大人も子供も楽しめるといった点で 

実にいいところをついているのではないか。

 

さらに東尋坊に足を伸ばしても見るだけならタダだ。

お財布にも優しい(笑)

 

例えば富山で代表的な観光地と言えば

黒部ダム」を思い浮かべる方も多いであろうが、

家族連れで行くには案外お金がかかる(笑)

 

トロッコ乗って、アルペンルート行って、

1泊して、なんてことを家族でやれば

ギョッとする金額になる。

そのかわり男同士や仲間内でわーわー行くには

楽しめると思われる。

 

では石川、金沢で見ると

案外子供をつれて行ける場所を思いつかない。

相方となら金沢市内の散策も楽しいが、

グループでわいわいという雰囲気の街でもない。

そんな訳で男女や女性同士が向いている。

 

そんな訳で北陸旅行を計画中の家族連れの皆様は

福井をオススメします(笑)

あくまで個人的見解ですが。

DSC05962.jpg 

さて、いったん勝山市内に戻って平泉寺に向かうことにする。

時刻表によると、恐竜バス2便というのが勝山駅まで行き、

それが平泉寺2便となり平泉寺に向かうと推測された。

だが、勝山駅でそのまま乗っているのも不自然だし、

いったん下りて同じバスに乗り込むのも何となく気まずい。

 

だが、勝山駅の手前に「ゆめおーれ」なるバス停がある。

ここで降りて再びバスに乗ることにした。

DSC02869.jpg

さて、私は降りたバス停の向かいのバス停で待っていた。

ところが、待てども待てどもバスが来ない。

時刻表では34分発になっているのに

36分になっても来ない。

よく見ればバス停の時刻表には全く時刻が表記されていない。

 

私はパニックに陥った。

私は「ゆめおーれ」に入り、

受付の女性に「恐竜バス」の乗り場を尋ねた。

するとその場でいいと言う。

 

もしかすれば私がゆめおーれにいる間に

バスが通り過ぎた可能性も考えられた。

ただ、

ハッキリ言えるのは私はバスに乗れなかった、

ということだ。

 

私はとぼとぼと勝山駅に向けて歩き始めた。

夕方からはやらねばならないことがある。

今日は帰ろう、平泉寺には縁がなかったのだ。

また出直せばいい。

 DSC05971.jpg

 

勝山駅直前で、私の隣を恐竜バスが追い抜いていった。

平泉寺に行って帰ってきたのだろう。

いったい何処を通って行ったのか。

 

勝山駅に入るとコーヒーのいい香りがする。

カフェで一杯飲んで行きたいところだったが、

列車の出発まで15分しかない。

次の列車にしても良かったが、

いずれにせよバスに乗れなかったショックの方が大きかった。

 

私は改札をくぐった。

するとバスロータリーに平泉寺と書いたマイクロバスが止まっている。

本来は平泉寺に行くために勝山に来たのだ。

行くなら今だろ、私は改札口を戻った。

DSC05986.jpg

 

バスに乗ろうとしたら、

運転士が「その券では乗れない」などと言う。

この時刻表に書いているではないか、

私は言ったがこのバスは「コミュニティバス」ではないらしい。

 

言われてみれば時刻表にも

「コミバス」の表記はなく「平泉寺線」としか書いていない。

 

「・・・・」

 

ここで引き返すのも悔やしいので(笑)

乗って行くことにした。

たかだか200円で嫌な想いをしたくはない。

 

ただ、この運転士さんは実に親切な方で

色々と丁寧に教えてくれた。

勝山市内が一日100円で乗り放題になるのは

あくまで「コミバス」と「恐竜バス」のみであること。

 

コミバス・恐竜バス共に「平泉寺・大仏」方面の便があるが、

「コミバス」は平泉寺の入り口までしか行かず、

延々と歩かねばならないこと、

云々。

DSC05987.jpg

 

15分ほどで平泉寺白山神社に着いた。

 

私は苔で覆われた美しい境内を予想していた。

だが鳥居の前で立ち尽くした。

 

境内は雪で覆われていた。 

DSC05989.jpg

DSC05994.jpg

 

 (勝山市内のバス時刻は日によって全く違います。えちぜん鉄道などのサイトでご確認の上おでかけください)

 

関連記事

 

広告