読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北陸徘徊人

福井・石川・富山を中心にゆるーい旅を満喫中

福井ー丸岡自転車紀行3 〜谷口屋の油揚げ定食〜

福井 自転車

坂井市の役場からひとまず竹田川を目指す。

住宅地はすぐに途切れ、 のどかな農村の光景が広がる。

DSC03711.jpg

北陸道の女形谷PAを横目に進み、

アンダークロスしたあたりからにわかに山深くなった。

DSC03712.jpg

竹田川の水の音が心地よい。

登り一辺倒ではあるが勾配はさほどでもなく、

交通量も少なくありがたい。

ゆっくりゆっくりと高度を上げていく。

DSC03715.jpg

DSC03717.jpg

DSC03718.jpg

DSC03720.jpg

役場から40分ほどで竹田の集落に着いた。

どことなく懐かしくなるような山村だ。

DSC03723.jpg

少し走ると水車があった。

立派な売店もあるのに、 客は誰一人いない。

DSC03727.jpg

DSC03732.jpg

状況が一変するのは谷口屋さんに到着してからだ。

平日の11時すぎにも関わらず、

すでに駐車場には多くの車が止まっていた。

DSC03738.jpg

とりあえず恐ろしく腹が減っていたのでレストランへ。

幸いにもまだ席は空いており、 窓縁の席についた。

油揚げ半分と越前そばの定食を注文する。

食事を待つ間にも続々と車が入ってくる。

 

そう、 平日であれ何であれ、

人気スポットには人は集まるのだ。

 

私は先日行ったとある場所を思い出していた。

 

誰一人現れなかった越前大仏だ。

ここにいる1割でもいいから、

越前大仏に足を運んでもらえないのか。

切に願わずにはいられなかった。

 

hokuhai.hatenadiary.jp

 

しばし待って定食がやってきた。

おすすめの食べ方云々書いてあるが、

ショーユぶっかけてアツアツを頬張るのが一番旨い。

次回来たら油揚げ一枚とご飯の定食にする。

 

それだけは間違いない。

DSC03735.jpg

DSC03736.jpg

谷口屋を後に、福井方面へ向かった。

しばらく走り、大きな勘違いをしていたことに気づく。

私はすぐに下りに差し掛かると思っていた。

しかしいけどもいけども上り坂である。

それもかなりの急勾配だ。

いよいよ漕げなくなり、仕方なく押して歩いた。

DSC03743.jpg

やがてトンネルが見えてきた。

待望の下り坂だ。

トンネルを抜けると、 遠くに福井の町並みが一望できた。

こんなところまで登ってきたのかと思う。

DSC03746.jpg

「やるじゃん、俺」

誰もほめてくれないので、 自分で自分をほめてあげた。

一気に下り坂を駆け下りる。

九頭竜川まで出ると、帰ってきたなとホッとする。

しかしにわかに風が出てきた。

こげでもこげども先に進まない。

弱ったことにまた急激に腹が減り始めた。

DSC03750.jpg

 

Sponsored Link