読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北陸徘徊人

福井・石川・富山を中心にゆるーい旅を満喫中

太郎さんに会いに行く 越前陶芸村

福井 自転車

DSC01950.jpg

情けない話をすれば、

週末の朝から相方と大げんかになり、

私は何処へ行くつもりでもなく自転車にまたがった。

 

どうせなのでバス旅でもすれば良かったのだが、

いまいちそんな気力もわかなかった。

とりあえずコーヒーでも飲もうとコンビニに寄り、

たまたま立ち読みした雑誌で

岡本太郎のやきもの展」なるものの開催を知る。

 

場所は福井県陶芸館。

そんなの何処にあるのかと思えば越前町である。

先日、織田から鯖江まで暗闇の中を歩いたが、

その近くだ。

 

期間は12月7日まで。

家に帰って車を取りに行くのも面倒だった。

私はそのまま自転車で越前町へ向かうことにした。

 

鯖江の県道を走っていると、

ずいぶん賑やかしい一画があった。

農産物直売所のようだが、

駐車場にテーブルが並んでいる。

どうやら地元のそばを食べさせてくれるらしい。

 

350円払って席につく。

おばちゃんがやって来て「もち食べるか?」と言う。

「いただきます」と言えば早速おもちを持ってきてくれた。

それはまさに「つきたて」のもちだった。

DSC01930.jpg

DSC01931.jpg

向かいでそばを食べていたおじさんが、

(私もおじさんであるが)

「何処へ行くのか」と聞くもので、

「陶芸館ってところでやってる岡本太郎展を見に行きます」

と答える。

 

「ならここから10分くらいか」

「いや、自転車なんですけど」

「なぬ、自転車!」

「どこから来た」

「いや福井市内からです」

 

そばを持ってきたおばさんに

「このお兄さんは福井から自転車で来たらしい」

と紹介されたりする。

「あれまー」おばさんは言ったが、

だからと言ってその後に続く言葉もない。

 

そばともちで腹を満たして出発。

道はゆるやかな登りに差し掛かる。

DSC01933.jpg

DSC01934.jpg

DSC01935.jpg

トンネルを抜けると越前町に入った。

このあたりは旧宮崎村に属し、

「越前焼」で知られる地であるらしい。

なるほど「窯元」の看板を多く見かける。

橋の欄干でも焼き物を作っている。

DSC01939.jpg

DSC01941.jpg

DSC01945.jpg

DSC01947.jpg

福井県陶芸館は

越前陶芸村として整備された巨大な公園の一画にあった。

DSC01948.jpg

DSC01949.jpg

私は「芸術」というモノがさっぱり分からぬ人間であるが、

岡本太郎は単純に好きである。

理由は簡単で「力をくれる」からだ。

 

ズバリ答えよう

金と名誉を捨てたら人間の「生命」がのこるんだ

 

自分という人間をその瞬間瞬間にぶつけていく

そしてしょっちゅう新しく生まれ変わっていく、

エネルギーを燃やせば燃やすほど、

ぜんぜん別な世界観が出来てくる

 

いちいち書き出せばキリがないが、

人生の岐路に立たされた時、

私は岡本太郎の作品や言葉に触れるようにしてきた。

 

僕は流れるって感じが好きなんだ。

固定したものは全然つまらない。

人生だってそうだろう?

いつも流動的で、何が起こるかわからない。

だから面白いんだ

 

挑戦した不成功者には、

再挑戦者としての新しい輝きが約束されるだろうが、

挑戦を避けたままオリてしまったやつには

新しい人生などはない。

 

久々に岡本太郎の作品を鑑賞して

スッキリした私であったが、

相方との意地の張り合いは続いていた。

 

「ごめん」

そう一言メールをおくればいいだけの話なのだ。

どちらかが先に。

DSC01960.jpg

どこかで一泊して帰ろう、

そんなことも考えたが世間は三連休で、

見事なまでに部屋が埋まっていた。

DSC01994.jpg

私はとりあえず福井市内に戻り、

市内に唯一残った健康ランド「ゆー遊」へ入った。

風呂に入れば自宅へ帰る気力もなくなった。

相方からのメールはない。

DSC02003.jpg

何度確認しても、ない。

私は意地になっていた。

よし、もう今日は帰らない。

私はビールを飲んだ。

 

一日自転車で走り回った身体の、

毛細血管の隅々にまでアルコールがまわっていく。

もう一杯、ビールを飲んだ。

さらにもう一杯。

 

いい気分だ。

さあ、寝よう。

 

そして、

深夜の仮眠室はすさまじいばかりの

いびきと歯ぎしりの巣窟であった。

 

私は結局一睡もできぬまま朝を迎えた。

広告