北陸徘徊人

福井・石川・富山を中心にゆるーい旅を満喫中

すまいるバス東ルート ダイヤの謎

県立美術館から乗車した

すまいるバス北ルートは適度に混んでおり

護国神社で立ち客も出る盛況となった。

DSC04672.jpg

 ガラガラのバスは寂しいが、

これくらい乗っていると嬉しい。

 

運転手にしてみれば神経を使うであろうが。

 

バスは除雪が行き届いているとはいえない細道を

淡々と進む。

 

10時前に駅前商店街に帰ってきた。

すると制服姿の男性が待機している。

 

なるほど、

ぐるぐる回っている訳だから

乗務員交代が必要となるのだ。

 

さて、

次は10時5分発の東ルートに乗ってみよう。

他の3ルートが日中30分毎のパターンダイヤなのに対し、

この東ルートだけが

「時刻表が必要」なダイヤになっている。

 

はて、これはどういうことか。

 

10時10分発・南ルートのバスが先にやってきた。

追いかけるように10時05分発・東ルートのバスがやってくる。 

DSC04677.jpg

 

DSC04678.jpg

駅前出発時点で席は埋まる。

次の中央1丁目では立ち客も現れた。

 

柴田神社は通過したが、

他はどのバス停でも乗降がある。

ずーっとだらだら乗り続けているのは

私だけのような気がする。

 

8号線も少し走ってさらに東へ。

北四ツ居で向きを変え西へ。

ずっと立ち客もいる盛況ぶりだ。

 

私は最初、この路線だけ旅客が少ないから

パターンダイヤになっていないと考えていた。

どうやら違う。

時刻表を見ていてようやく気づいた。

 

東ルートの駅前出発時刻は

10時05分

10時40分

11時15分

11時50分

となっている。

 

他の路線が1周30分なのに対して、

この路線だけが1周35分かかる。

したがって35分間隔のダイヤになっているのだ。

 

せめて5分短縮出来るルートを

採用できなかったものかと残念に思う。

個人的には公共交通機関は

パターンダイヤを採用して欲しい。

 

沿線はほぼ住宅街だ。

 

特に降りることもないまま、

駅前まで一周してしまった。

DSC04673.jpg

広告