読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北陸徘徊人

福井・石川・富山を中心にゆるーい旅を満喫中

台湾漫遊記

 9月23日。

出勤する相方とともに部屋を出た。

私は駅へ、相方は会社へ向かう。

相方は休日出勤である。

 

というより相方はご機嫌斜めである。

それは私が旅に出るからだ。

 

さて、何処へ行くかといえば

「台湾」である。

兵庫で暮らす男友達と二人旅だ。

連れの名は「やっちん」と言う。

 

何だかんだで20年来の付き合いがある。

相方には申し訳ないが、

私は男同士で旅に出るのも好きだ。

 

何せ気楽であるし、

余計な所に行かなくてすむし、

あんなところこんなところにも行ける。

(ご想像にお任せします)

 

さて私は福井で暮らしている。

今回の旅の連れであるやっちんは兵庫だ。

必然的に関空発となり、

その場で待ち合わせとなったのだが、

とにかく関空は遠い。

 

8時のサンダーバードに乗って

新大阪で乗り継いで、

関空着が11時過ぎ。

もうこれだけで旅を終えた気分になる。

DSC01673.jpg

やっちんと会うのは半年ぶりだ。

「ちょっと太ったンでないのか」

と言えば

「嫁にも言われてんねん。腹とかヤバイ」

とシャツ越しに肉をつまんで笑う。

 

13時20分、

トランスアジア航空601便は定刻に関空を出発。

時差は1時間。実質2時間40分のフライトで

15時ちょうど、台湾桃園国際空港に着いた。 

DSC02166.jpg

台湾に来るのは3度めだ。

理由は簡単で小松空港から毎日便があるからだ。

相方と週末に旅するとなると、

下手に国内をうろうろするより安く来れる。

 

空港から台北市内への移動は

基本的にバスかタクシーとなるが、

今回は台湾新幹線を使ってみることにした。

 

「相変わらず鉄ちゃんやなー」と

やっちんが笑う。

否定はしない。

 

まずは高鐵桃園駅行きのバスに乗車。

運賃は30元。先に窓口で購入。

高鐵桃園駅には15分ほどで到着。 

DSC01683.jpg

残念なのはこの駅に停まる新幹線が1時間に2本程度、

ということだ。

DSC01685.jpg

市内から空港へ向かう時の方が、

時間も読めるし使い勝手がいいかもしれぬ。

自販機で台北駅までのチケット購入。

自由席で165元。

車両はそのまんま日本の新幹線。

台北駅までの所要時間は約20分。

DSC01692.jpg

バスだと125元〜なので割高感もあるが、

私は念願の台湾新幹線に乗れてすっかり満足していた。

やっちんは「日本と変わらんなー」と言っている。

 

台北市内の移動は「悠遊カード」が便利。

日本でいう「Suica」で、

MRT全線や路線バス、コンビニでも使用できる。

デポジットは100元。

ただでさえ安いMRTが2割引き、

MRTとバスを乗り継げば8元引き。

 

台北市内は小雨。

中山駅から歩いてホテルにチェックイン。

怪しい雑居ビルの1フロア。

「よおこんなとこ見つけたな」と

やっちんが笑う。

 

日も暮れてきたし

腹も減ってきたので

士林夜市に繰り出した。

MRT淡水線の劍潭駅が最寄り駅。 

DSC01709.jpg 

DSC01713.jpg

何店かまわりながら、

ひたすらビールを飲んだ。

やっちんは基本的に飲まない。

ちなみに私の相方も飲まない。

 

そんな訳で一人で飲むのも慣れている。

「ほんまよぉ飲むなー」

やっちんが呆れたように笑ってる。

 

そして、私の背後に目をやり、

「いやー、あのお姉さんきれいやわ」

などと言う。

振り返って見てみる。

 

確かに調理中のお姉さんが

めちゃくちゃ美人である。

やっちんはわかりやすいほどに

ニヤニヤしている。

 

私たちは夜の街へ繰り出した。

 

広告