読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北陸徘徊人

福井・石川・富山を中心にゆるーい旅を満喫中

台湾北部横断バスの旅 台北〜平渓〜九份〜金瓜石

台湾

台北は朝から雨だった。

DSC01724.jpg

やっちんのリクエストで九份へ向かう。

バスで直行しても面白くないので、

台湾でも人気のローカル線、

平渓線経由で向かうことにした。

 

まずMRT文湖線で木柵駅へ。

DSC01727.jpg

DSC01730.jpg

バスのりばは道路の反対側。

DSC01732.jpg

DSC01733.jpg

1時間ほどバスに揺られ、 菁桐坑で下車。

ここが平渓線の始発駅、 菁桐への最寄りバス停。

DSC01739.jpg

DSC01741.jpg

DSC01745.jpg

時間があったので隣の平渓駅まで歩く。 DSC01757.jpg 天燈あげをやっている。

DSC01769.jpg

DSC01771.jpg

平渓駅。

DSC01773.jpg ここでも悠遊カードが使えます。

DSC01781.jpg

平渓駅から列車に乗り込む。

DSC01783.jpg

しばし揺られて十分で下車。

人気の観光地とあって大勢乗り込んで来た。

DSC01788.jpg

DSC01790.jpg

DSC01793.jpg

DSC01795.jpg

DSC01796.jpg

20分ほど歩いて台湾のナイアガラ、 十分大爆布を目指す。

DSC01801.jpg

DSC01805.jpg

ところが、

DSC01807.jpg

何と閉鎖中!!

全く近寄ることすらできない、、、、

後から調べたところによると、

今まで民間企業が管理していたのだが

国に徴収されたらしく整備のため一次閉鎖中、

とのこと。

手前に書いてくれればいいのに、 と思ったら一応書いてあった。

DSC01808.jpg

読めない(笑)

怪しいトロッコに乗車できる

台灣煤礦博物館の入り口も閉ざされていた。

 

ショックで立ち直れない。

気を取り直して十分駅へ戻る。

DSC01817.jpg

九份観光の拠点となる瑞芳へ。

DSC01819.jpg

DSC01825.jpg

駅前からバスに乗り換え。 平日の昼間にもかかわらずバスは超満員。

DSC01827.jpg

だが大半は九份で降りていく。 そのまま乗って金瓜石へ。

DSC01828.jpg

黄金博物館を見学。

DSC01829.jpg

遠足なのか子どもたちで賑わっていた。

DSC01847.jpg

220キロの金塊を触ることができる。

DSC01893.jpg

50元払って坑道見学。

DSC01855.jpg

DSC01858.jpg

DSC01867.jpg

DSC01868.jpg

DSC01870.jpg

金瓜石神社を目指す。

DSC01876.jpg

想定外の登りでヘロヘロに。

DSC01877.jpg

眺めは抜群。

DSC01879.jpg

下って少し街を散策。

DSC01900.jpg

DSC01903.jpg

バスで九份へ戻る。 舊道バス停の利用が一般的なようだ。

DSC01913.jpg

雰囲気が出るのはやはり日が暮れてから。

DSC01920.jpg

しばしビール飲みながら待つ。

DSC01923.jpg

うらやましい!!

DSC01922.jpg

DSC01929.jpg

DSC01938.jpg

DSC01939.jpg

DSC01941.jpg

DSC01944.jpg

DSC01953.jpg

DSC01960.jpg

DSC01966.jpg

DSC01969.jpg

 

DSC01971.jpg

DSC01985.jpg

 

DSC01986.jpg

DSC01990.jpg

混む前に台北に戻ろうと思ったが、

すでにバス停には長蛇の列。

 

そんな訳でひとつ金瓜石寄りのバス停まで歩き、

ここから台北行のバスに乗車。

 

楽勝で座れた。

 

混んでいるのは瑞芳駅までとはいえ、

山道をすっとばす台湾の路線バスで 立っているのは根性がいる。

 

バスはかなり気合の入った走りで台北へ。

そごうなどが立ち並ぶ忠孝復興駅に 1時間10分ほどで到着。

(普段はもっとかかるハズ、です)

 

ホテル近くの餃子屋で晩飯。

焼き餃子2人前と炒飯、肉絲麺を注文したら、

すさまじいボリューム(笑)

DSC02001.jpg

あとから来た日本人女性2人組も、

同じような注文して無言になっている。

台湾では餃子は「主食」で ご飯と一緒には食べないと後から知る。

満腹すぎて動けない。

 

もはやビールも飲めず、

ホテル帰って気づけばうとうとしていた。

 

深夜、目をさますとやっちんはいなかった。

ま、どっかで楽しんでいるンだろう、と思われた。

 

広告