北陸徘徊人

福井・石川・富山を中心にゆるーい旅を満喫中

メークローン線で線路市場へ行く

傘たたみ線路市場で知られるメークローンへ向かう。 行く方法としてはツアー、ミニバスもあるが 鉄ちゃんとしてはやはり列車を乗り継いでいきたい。 バンコク側の起点はウォンウィアンヤイ駅。 高架鉄道BTSで向かう。 市内からだとチャオプラヤー川を渡った先。

DSC05220.jpg

 

DSC05224.jpg

BTSの駅と国鉄駅は徒歩で10分程度かかる。 高架下の通路を行く。

DSC05225.jpg

DSC05226.jpg

DSC05229.jpg

ぼーっとしていると通り過ぎそうになるが、 これがタイ国鉄のウォンウィアンヤイ駅。 とても駅には見えない。

DSC05232.jpg

ここがメークローン線の始発駅だが、 線路は途中のターチーン川を挟んで分断されている。 まず向かうのはマハーチャイ。 運賃は10バーツ。

DSC05236.jpg

9時40分、豪快に警笛を鳴らしながら出発。 動き出してから扉が閉まるのはご愛嬌。 所要時間は約1時間。

DSC05240.jpg

DSC05254.jpg

マハーチャイ駅のホームに降り立つと 磯の香りが漂っている。 この駅でも線路上に露店が出ており、 並べられた野菜すれすれのところを列車が走って行く。 駅前も非常に活気がある。

DSC05270.jpg

DSC05274.jpg

DSC05279.jpg

DSC05280.jpg

DSC05282.jpg

DSC05288.jpg

DSC05311.jpg

渡し船に乗る。 運賃は3バーツ。 料金を払うときっぷを渡されるが、 隣のおばちゃんがすかさず回収する(笑)

DSC05316.jpg

DSC05321.jpg

DSC05334.jpg

渡し船を降りて10分ほど歩くとバーンレーム駅へ。 止まっている車両は放置車両。 窓口でメークローンまでの切符を買う。 こちらの区間も10バーツ。

DSC05335.jpg

前回訪れた時、 バーンレム〜メークローン間は4往復あったが 3往復に減便されていた。 (2015年1月現在) そんな訳でミニバスで行かれる方は特に注意ですね。 せっかくの傘畳みが見れるチャンスが減ってる訳ですし。。 さらにウォンウィエンヤイでもらった時刻表と、 バーンレム駅に掲示してある時刻表も微妙に違う(笑) 時刻表上の所要時間は1時間40分。 さて、以前4往復あった時であるが、 この時は待てどくらせど一向に列車が来なかった。 この理由は片道乗っただけで分かった。 当時のダイヤは片道1時間となっており、 10分で折り返すことになっていたのだ。 しかし実際は片道1時間30分以上かかった。 遅れて当然な訳である。 3往復になったのは減便であるが、 現実的なダイヤになったと言えるかもしれない。

 

 

ともあれ2015年1月現在、

バーンレム発  メークローン着

08:05⇒⇒⇒⇒⇒09:50

12:05⇒⇒⇒⇒⇒13:45

16:40⇒⇒⇒⇒⇒18:22

メークローン発 バーンレム着

06:20⇒⇒⇒⇒⇒08:00

10:20⇒⇒⇒⇒⇒12:00

14:30⇒⇒⇒⇒⇒16:12 となっていました。

DSC05337.jpg

ダイヤに余裕があるからか わずか5分程度の遅れで列車がやってきた。

2両編成でいきなり立ち客もでる混雑ぶりだ。

DSC05346.jpg

さて、こちら側の路線、 とにかくよく揺れる。

前を眺めた所、 とりあえず線路がまっすぐな気がしない(笑)

DSC05358.jpg

さらに広大な平野を一直線に走っているように見えるが、 微妙なアップダウンも多い。 ちょっとした登りでも苦しげなエンジン音が聴こえる。 壊れるのも間近かもしれない。

DSC05380.jpg

しかし見れば見るほどシンプルな路線だ。

線路が1本しかなく列車も1本。

行き違いもないから信号すら不要となる。

そして、2両編成なのだが 乗務員は4人いた。

運転室に2人と車掌らしき男2人である。

車掌らしき男1人は乗車客があるたびに検札をしたり きっぷの販売をしたりしていたが、 謎なのはもう1人の方だ。

無線機を持ってたまに車内の様子を伺っているが、 ほぼ運転席後ろの客席に座ったままだった。

そして周りの客と延々としゃべっている。

間があくとスマホをいじっている。 そのうちにバッグから皿を取り出すと 弁当らしきものを広げ食べ始めた。 なかなか平和な光景である。

さて、こんな閑散路線であるが、 途中何箇所も新品の枕木が積んであった。 さらに車両基地らしきものも建設中だ。 今後のタイ国鉄がどのように手をくわえるのか楽しみだ。

DSC05381.jpg

警笛が鳴り響く。 ありえないくらいの人々が列車に向けて カメラを構えていた。 延々と警笛が鳴る。 市場の中を列車はゆっくり進む。 警笛が鳴る。

IMG_4260.jpg IMG_4262.jpg

列車は終点のメークローンに着いた。 しばし市場を見学し、 出発する列車を眺めてから次へ向かうことにした。

DSC05394.jpg

 

 

DSC05404.jpg

DSC05406.jpg

DSC05410.jpg

DSC05411.jpg

IMG_4269.jpg

 

広告