読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北陸徘徊人

福井・石川・富山を中心にゆるーい旅を満喫中

福井〜敦賀 路線バス乗り継ぎの旅1 旅の始まり

福井 バス

地元の幼なじみが

「仕事で大阪に来ているので飲まないか」

などと言うもので出掛けることにした。

日帰りになるので往復サンダーバードを使うつもりだった。

 

しかし私はその日一日あいていた。

何とか乗りバスできないものか。

 

私は先日放送された路線バス乗り継ぎの旅第19弾を見なおしてみた。

福井〜武生はどうにでもなりそうだが、

ネックは武生〜敦賀〜滋賀である。

 

太川さんたちは敦賀トンネル〜道の駅河野は

危険回避のためロケ車で移動し、桜橋なるバス停から武生に向かっていた。

確かにあの区間を歩くなど自殺行為だ。

 

さて、この桜橋なるバス停を通るバスはどこから来るのか。

 

調べてみると「糠長島」という地名が出てきた。

糠長島の手前に「河野」というバス停がある。

共に南越前町、旧河野村である。

敦賀側からは元比田までバスが通じている。

 

河野〜元比田は8号線を通らず

海沿いの道で約9キロ。

ここをクリアできれば何とかならないか。

 

幼なじみとの待ち合わせは大阪駅で16時。

福井から武生までもバスで行けば

とても間に合わない。

さらに9キロ歩くとなれば2時間弱はかかる。

 

 

そしてこの日は平日であった。

福井鉄道のサイトで確認すると

前武生発糠長島ゆきは土・日・祝日運休となる7時55分発がある。

これを逃すと12時35分発となるので話にならない。

 

7時55分に武生を出たバスは河野に8時36分着。

これに対して敦賀側の元比田発は10時40分。

天気予報は曇りのち晴れ。

「行ける!」

私は確信した。

 

さて、当日の朝、

福井市内はどんよりと曇っていた。

福井7時12分発敦賀行は2両編成で適度に混んでいた。

このまま乗り続ければ8時03分に敦賀に到達する。

福井〜敦賀の運賃は950円。

 

DSC05630.jpg

 

7時31分、列車は武生駅に着いた。

運賃は320円。

 

武生の街には冷たい雨が降っていた。

私は空を見上げた。

 

(時刻・運賃はすべて2015年2月現在のものです)

広告