北陸徘徊人

福井・石川・富山を中心にゆるーい旅を満喫中

和田八幡宮

IMG_0184.jpg

 

どうしても痛みに耐え切れず、

仕事を休むことにした。

「歯」だ。

歯医者などもう4年ほど行っていない。

 

ここ数年でいくつかの「歯の詰め物」がとれていた。

舌でさわっても穴が開いているのが分かる。

冷たいものも染みる。

行かねばならないことは分かっていた。

 

いい年したオッサンがこんなことを言うのも何だが、

怖いものは怖い。

あの音を思い出しただけで鳥肌がたつ。

 

そんな感じで

今まではごまかしていたが、

いよいよ耐え切れなくなった。

 

久しぶりに歯医者に行ってわかったことがある。

ずっと口を開けていられない。

頬なのか顎なのか、

そのあたりの筋肉が劣化しているのかもしれない。

 

そして何より衝撃的ことがある。

 

見てくれた医師があきらかに私より年下だったことだ。

 

私はめったに病院にも行かないが、

看護師さんが年下であっても、

医師は常に年上であったような気がした。

 

それだけ自分も年をとったのだ。

何とか口を開けながら私はそんなことを感じていた。

 

ただ腕は確かなようで、

大勢の患者で賑わっているのも分かった。

詰め物がとれていたのは4本。

 

若い医師は

「噛み合わせの関係もありますからじっくり直しましょう」

と言った。

 

「お願いします」

私は、自分よりはるかに年下の医師に

感謝の意を述べ、よたよたと歯医者を後にした。

 

福井はポカポカ陽気だった。

最近はあまり身体を動かしていないもので、

しばらく散歩をすることにした。

 

おろしそばとソースかつ丼

格安で食べることができた8号線ぞいの

店がいつしか閉店している。

 

いつも寄ってるスーパーの目の前にあった

ローソンも閉店していた。

15日の9時で閉店したとの貼り紙があった。

 

私は福井に来た当初、

まだ喫煙者であったのでよく利用していた。

あの愛想のいい「おばあちゃん」たち、

どうしてんだろうと思う。

 

そうそう、このコンビニに限らず、

福井のコンビニでは元気な「おばあちゃん」が

現役で働いているのをよく見かける。

 

ぶらぶら歩く。

 

住宅街の真ん中に、立派な神社があった。

和田八幡宮、とある。

スマホで確認すると、

立派なサイトもあった。

 

IMG_0187.jpg

源満仲公が守護職をしていた越前にて、洪水、疫病が度々起こり、困り果てた満仲公が霊夢により東北に向け矢を放ち、落ちた先の越前(現福井市和田)にお宮を創建したのが現在の和田八幡宮です(公式サイトより)

 

みそぎ祓所や「やくよけばし」なんてのもある。

我が家からそう大して遠くもない場所に、

こんな神社があることすら知らなかった。

 IMG_0185.jpg

IMG_0189.jpg 

まもなく福井で2度目の春を迎えるというのに。

 

相方から「同僚とゴハン食べてくる」そんなメールが入った。

しみしめ、私はゲンキー(福井のドラッグストア)に行き、

缶ビールと酎ハイを買った。

すると、ポイントがたまったみたいで500円のお買い物券が発行された。

 

天気予報は夕方から下り坂。

 

まだまだ明るい時間だが、

私は缶ビールのタブを抜いた。

若い医師は「とりあえず塞いどきます」と言っていたが、

染みないのが嬉しい。

 

一瞬で缶ビールは空になる。

私は缶酎ハイをあけた。

撮りためていたテレビ番組を見る。

  

それにしても暖かい。

 

気づけば酎ハイもカラになっていた。

そうだ、さっきの「お買い物券」がある!

どうせ相方が帰ってくるのは深夜だろう。

その頃には酔いつぶれて寝ていれば良い。

 

私は500円のお買い物券を持って、

再びゲンキーへ向かった。

 

広告