読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北陸徘徊人

福井・石川・富山を中心にゆるーい旅を満喫中

新幹線開業から7日目・金沢駅の朝

DSC02294.jpg 

私が初めて金沢を訪れたのは中学2年の時である。

当時の私は水泳部に所属していたのだが、

その顧問と2人で兵庫の片田舎から青春18きっぷでやってきた。

 

この顧問というのが実に不思議な人で、

「ちょっと島でも行くか」といきなりカヌーを出してきたり、

「おい、初詣に行くぞ」と言ったと思えば

50キロも先にある神社まで平気で歩かせたりする

言い方を変えれば「変人」であった。

 

まわりの同級生も部員もみんな嫌っていたが、

私は妙に波長があった。

だから唐突に「金沢に行くぞ」と言われても

特に驚かなかった。

 

当時はまだ「昭和」であり、

金沢駅もまだ高架ですらなかった。

とりあえずバスに乗って兼六園に行き、

どこかで「治部煮」を食べたことだけは憶えている。

 

あの時の行き先が何故金沢であったのか、

未だに分からない。

そう、あの時も3月の末だった。

 

DSC05749.jpg

 

それから四半世紀。

平成27年3月20日、金曜日の朝。

私は相方と共に金沢駅にいる。

 

在来線ホームから階段を下ると、

この階に新幹線乗り継ぎ改札が設けられていた。

 

当然といえば当然なのに、

私の頭の中では新幹線と在来線の乗り継ぎは、

いったん1階までおりてぐるっと回ると

勝手に思い込んでいたもので

これなら乗り継ぎも苦ではないレベルだなと思う。

DSC05755.jpg 

とりあえず乗り継ぎまでは時間があるので

一旦途中下車してみる。

 

乗車券が福井〜福井なので

改札口の若い係員が一瞬「おっ」としたような顔を

しつつ途中下車印を押してくれた。

ま、きっと私の自意識過剰であろう。

 

3月14日に人で溢れかえっていた

コンコースもいたって静かな金曜の朝である。

 

金沢駅を利用する方々も、

月曜の朝には「おお、新幹線が出来たのか」と思ったりして、

スマホで新幹線改札口を撮影したりしたかもしれないが、

火曜の朝にはもう日常の光景になっていたであろう。

 

DSC05758.jpg

 

そんな訳で新幹線改札口にカメラを向けているのも

旅人くらいであったりする。

とりあえず一旦外へ出る。

 

DSC02296.jpg

 

もはや「金沢の象徴」みたいな扱いとなっている

鼓門ともてなしドームやらを見上げてみる。

北陸新幹線開業に伴ってできた建物のように思われるが、

実は10年近く前からそこにある。

  

土産物屋に入る。

もう何でもかんでも新幹線、新幹線、新幹線だ。

 

DSC05760.jpg

DSC05762.jpg 

ここで相方が「バック忘れた!」などと言う。

「何処に」

「電車の中!」

おいおい、何をやっているのやら。

 

窓口に行くとちゃんと届けられており

一安心であった。

まともに10分程度で乗り継いでいれば

もはや新幹線に乗っていてもおかしくない。

 

わたわたしている内に新幹線の出発時間が近づいていた。

 

改めて忘れ物がないかを確認し、

新幹線の改札をくぐる。

今回の新幹線の開業で、

ようやく石川県に自動改札機が登場した。

 

11番線ホームに、

北陸新幹線はくたか556号はすでに入線していた。

入線するところから眺めたかったが仕方ない。

 

DSC05773.jpg

 

東京ゆき、の表示が新鮮だ。

「白山」「はくたか」「北陸」「能登」、

昔、直通列車があった時は東北各地同様「上野ゆき」だった。

 

恐らくこれは今回開業したいずれの駅でも言えるだろう。

今度は富山駅で東京ゆきの表示を眺めてみたい。

号泣してしまうかもしれない。

 

それにしても、だ。

 

本当に私が愛してやまない北陸の地に、

私が生まれる前から構想があった新幹線が、

ついにやってきたのだ。

 

私と相方は手元のきっぷを確認し、

最後部の12号車へ向かった。

 

300キロで走ることを前提としていないもので、

JR東日本の車両にありがちな

「ぬめっと」したデザインではない。

見れば見るほど美しい車両だ。

DSC05770.jpg

かつて500系新幹線が登場した時は

男前な車両だなと思い、

800系新幹線が登場した時は

和服を来た美少女だと思ったが、

E7系W7系)は美女だと思う。

それもゾクリとするような、

誰もがうらやむ、絶世の美女だ。

 

一度でいいから

500系と並んだ姿を見たかったと思う。

私が生きてるうちは叶わないだろうが、

死んだ頃には何処かの博物館で並んでいるかもしれない。

 

長野開業時のE2系が愛想もへったくれもない車両であることを考えれば、

ここまで待ってよかったではないかと純粋に思う。

 

ずっと眺めていたいがそうも行かない。

私と相方は襟元を正し、新幹線に乗り込んだ。

  

DSC05795.jpg

 

hokuhai.hatenadiary.jp

hokuhai.hatenadiary.jp


 

広告