北陸徘徊人

福井・石川・富山を中心にゆるーい旅を満喫中

ブタヤロウの謎

DSC05127.jpg

我が家では私が食事担当である。

 

チラシのチェック、買い物も含め、

朝食、昼の弁当、夕食と全部作っている。

もともと好きだから苦にもならぬが、

むしろ野菜の高騰の方が頭が痛い。

 

「何じゃ、このクソ高いキャベツは」

なんて思わず口にしてしまい店員に睨まれることも多々ある。

10円でも安いものを求めて

2〜3店舗回ることも苦にはならない。

 

18円のもやし1袋だけ持って

レジに並ぶこともある。

うちの相方は「よおそんな恥ずかしいことするな」と呆れるが、

恥ずかしいの意味が分からない。

 

ま、普段はとことんケチって

週末くらいは楽しもうという考えは

相方も共通なもので、

我が家の料理に「肉」などほぼ登場しない。

 

野菜炒めも焼きそばもみんな「ちくわ」を入れる。

キャベツは高いから長らく入れていない。

ハンバーグは無論豆腐だ。ひき肉など入れぬ。

 

ただ、そんな生活をしていると、

時折無性に「ガッツリ」したものを食べたくなる。

 

たまたまフリーペーパーを見てたら、

クーポン利用で500円以下になる「唐揚げ定食」を発見。

平日限定、ともある。

 

うう、食べたい。。。。

 

翌日、私は「わざと」自分の弁当を作らなかった。

そして昼間、ちゃっかり外食することにした。

無論相方には内緒である。

 

ただでさえ私は

「ぷにょぷにょになってきた」と、

散々嫌味を言われている。

DSC05149.jpg

福井工大周辺に向かった。

日常生活においてはほぼ行くことのないエリアだ。

で、目的の店を捜している途中に気になる店を見つける。

 

その名も「ブタヤロウ食堂」とある。

 

思わず何つう名前の店やねん、と思い通りすぎて、

気になってUターンしてしまう。

 

唐揚げ定食680円なんていう文字も見えた。

 DSC05126.jpg

大学の近所であることを考えれば、

学生向けの、さらにガッツリ系の定食屋であることは

容易に想像できた。

しかしこの店名は何だ。

 

「ブタヤロウ」である。

 

何とも「挑戦的」な店名ではないか。

食べきれるものなら食べてみやがれ、

と言われてるような名前ではないか。

 

私は何故か黒いTシャツを着た、

ちょい太めのあまり愛想のない兄ちゃんがやってる店、

そんなイメージを持ってしまった。

態度のデカイラーメン屋、みたいな感じ。

 

しかし何か気になる。。。

 

私は勇気をふりしぼって入ることにした。

 

実は気が小さい男なんです。。。。

 

カウンターと大きなテーブルがひとつ。

十数人も入ればいっぱいか。

適度に席は埋まっている。

 

そのテーブルに私の倍くらいの大きさがある男性が、

唐揚げを食べているのだが、

そのおかずの量にもゴハンの量にも思わずだじろぐ。

 

私はカウンターの隅に腰をおろした。

店員はご夫婦と思われる私と同年代(?)の男女2人。

「いらっしゃいませ」

驚くほど愛想がいい。

 

ブタヤロウなんていう挑発的な店名とは

えらい違いである。 

 

メニューはいたってシンプルだ。

 DS4523.jpg

 

ごはん大盛りは何処にでもあるが、

おかずも追加料金で大盛りにできるということか。 

 

私は「からあげ定食」をゴハン少なめでお願いした。

奥さんらしき方が「え、少なくていいンですか」なんて言う。

「また後で聞きますんで」

と、やはりやたらめったら感じがいい。

 

で、カウンターの並びに座っている夫婦のもとに、

からあげ定食とチキンカツ定食が運ばれてきたのだが、

すさまじい量である。

 

おかずの量も、それが普通なのか大盛りなのか、

ごはんの量も、それが普通なのか大盛りなのか分からない。

 

しばらく待ってると、

カウンター越しに奥さんがゴハンをよそい、

「こんなもんでいいですか?」と聞いてくれる。

 

その量にたじろいでしまい、

「いや、もっと少なくていいです」

と答える。

 

「足りなかったらおっしゃってくださいね」

そんなやりとりがあって「からあげ定食」が運ばれてきた。

DSC05124.jpg 

からあげの量にもたじろいだが、

スパゲッティの量にもたじろいだ。

40過ぎのオヤジに食べれ切れるだろうか。 

 DSC05125.jpg

いざ実食。

 

からあげをほおばる。

 

う、うめー!!!

 

外はカリカリ、中はジューシー、

で、しっかり味が染み込んだからあげだ。

 

福井はどこで唐揚げを食しても、

「ちょっと物足りない」と思えるほど

「あっさり」したものが多いのだが、

この味からして「ガツン!」とくる。

 

ゴハンもすすむが、

これでビール飲めたらサイコーやろな、と思う。

残念ながらメニューにはないが、

あれば頼んでいたかもしれない(笑)

 

冗談ですよ、冗談、、、

 

で、しっかり完食。

奥さん?が「ごはん足りましたか?」なんて聞いてくれる。

「いや、もう充分です」としか答えられない。

 

お客さんも出て行っては次々と入ってくる。

 

ま、この味とボリュームなら流行るわなと納得。

で、支払いは旦那さん(らしき方)にしたのだが、

「ゴハン足りましたか?」なんて非常に低姿勢なのだ。

 

「ブタヤロウ食堂」なんていう挑戦的な名前とは裏腹に、

実に感じのいい店であった。

 

相方には申し訳ないが、

リッチな気分で満足、満足だ。

内緒にしておかねば。

 DSC02526.jpg

で、夜である。

メニューは「つけめん」ともやし炒め。

2人前で200円もかかっていない。

 

相方は僕の顔を見るなり、

「すんごいニンニク臭いけど何食べてきたん?」と言った。

広告