北陸徘徊人

福井・石川・富山を中心にゆるーい旅を満喫中

午前二時の伏見稲荷大社~Fushimi-Inari-Taisha Shrine~

午前2時、

私と相方はJR奈良線稲荷駅前にいた。

目指すは伏見稲荷大社で、

実際に目の前にある。

だが駐車場が分からない。

 DSC05309.jpg

スマホで調べてみると「行き過ぎ」であった。

しかしこの道は「一方通行」で戻れない。

仕方ないので大きく迂回する。

 normal_02.jpg

こんな深夜にも関わらず、

ウロウロしている若者も多いし、

タクシーもそこそこ見かける。

何だかんだで京都は大都会だと思う。

 

住宅街をぐるりと一周して、

ようやく駐車場を見つけたら入り口が「右側通行」になっていた。

わずかな区間なのに妙な違和感がある。

DSC05308.jpg 

違和感が拭えぬ間に真っ暗な駐車場に車を止めようとしたら、

車止めに乗り上げた。

相方は露骨に不機嫌な顔になっている。

 

さて、何でそんな時間に京都にいたか。

 

本当は、琵琶湖畔にある「道の駅」で車中泊をする予定でいた。

実際、車を停めて寝ようとしたのだが、

アルコールが一切なかったものでさっぱり寝付けなかった。

 

なら眠くなるまで進もうと思ったら目的地に着いてしまった、

ただそれだけだ。

その為、前日は久々の「休肝日」になったと言える。

ありがたい話ではあるがいまいち調子が出ない(笑)

 

幸いなことにここの駐車場は無料であった。

言っちゃ悪いが京都とは思えぬほど「太っ腹」である。

 

夜が明けてから参拝しよう、

とりあえずトイレだと思って外にでたら相方もついてきた。

 

何で入り口が「右側通行」なんだろうと考えながら用を足していると、

そうか、手前の道路が一方通行だからということに気づく。

DSC05310.jpg 

駐車場に入るには一方通行の道から「右折」で入る。

出るときも「右折」しかないから、

右側通行にしておかないと車の動線が交わってしまうのだ。

そんなささいなことに気づくと嬉しくなってしまい、

すっかり目が覚めてしまう。

 

ちょっと見てみるつもりで本殿に近づくと、

相方もついてきた。

 DSC05180.jpg

こんな時間だから誰もいない、

という訳でもなく、

何人かいる。

DSC05182.jpg

「きゃっきゃっ」と声を挙げ、

山中に入っていく大学生らしきグループもいる。

 DSC05188.jpg

別にについていくつもりはなかったが、

ついちょっと奥へ進む。

「やめようよ」相方が言う。

「夜があけてからにしよ」

 

それもその通りだった。

別に夜があけてから参拝すればいい。

だが、妙に惹かれるものがあった。

この時間にしか見れない世界もある筈だ。

 

「ちょっと見てくるから車で寝てれば」

私が言うと相方は拗ねた表情になりながらもついてきた。

DSC05191.jpg

今回、伏見稲荷大社を訪れたのは相方のリクエストである。

それなりに何度か京都を訪れているにも関わらず、

私は一度も行ったことがなかった。

さらに「千本鳥居」なんていうのを知ったのも、

相方から話を聞いてからだ。

 DSC05193.jpg

写真を一枚見ただけで、

実は何も下調べもしていなかったし、

私はせいぜい境内の何処かに

ずらーっと鳥居が並ぶ一画があるのだ、

程度にしか考えていなかった。

 

だから、何の躊躇もなく足を踏み入れてしまった。

そして思わず声が出た。

 

「何やこれ」

DSC05197.jpg

DSC05199.jpg

DSC05210.jpg

進めども進めども、

鳥居、鳥居、鳥居、鳥居、鳥居、鳥居、、、、、、、。

で、上り坂である。

 DSC05224.jpg

正確に言えば「登山道」を鳥居が覆っているという感じか。

よりによって私はサンダルだ。

ただ、中途半端に足を踏み入れてしまったが故、

ここで引き返して朝また登るのもなー、

なんて考えてしまい、ついつい先に進んでしまった、

というのが正直なところだ。

 DSC05226.jpg

途中ですれ違ったカップルなど、

普通にトレッキングシューズを履いてミレーのザックを背負っていた。

多分それが本来の姿であろうと思う。

軽率に足を踏み入れるべきではなかった。

だが戻るに戻れない。

額に汗が浮かんでくる。

DSC05246.jpg

兵庫出身の私が京都を地元なんていうのはおこがましいが、

本当に私は地元のことを何も知らないンだな、

そんなことをつくづく思う。

 

関西人のくせして地元の関西の「良さ」を何ひとつ知らない。

まわりにいっぱいいいところはあるのに、

他のところばかり見ていた。

 

お恥ずかしながら、

私が「姫路城」に行ったのも、

30代後半になってからだ。

 

大阪城なんて去年はじめて行った(笑)

 

DSC05262.jpg

 DSC05291.jpg

今まで住んでいたのが富山だったから、

なかなか関西には行けなかったというのもあるが、

福井にいると関西は本当に近い。

本当に身近な異国だ(笑)

DSC05303.jpg 

ひとまわりしたらすっかり身体が火照っていた。

時計を見ればまだ4時前。

目はすっかり冴えている。

相方は助手席につくなり寝息をたてている。

 

さて、どうするか。

 

私はしばし地図を眺め、

京都の亀岡を目指すことにした。

広告