北陸徘徊人

福井・石川・富山を中心にゆるーい旅を満喫中

特急ダイナスター1号の客

DSC07131.jpg 

福井駅前のなか卯でのんきに朝飯なんかを食べていて、

気づけば5時54分だった。

あぶないあぶない、

6時のダイナスター1号に乗るために駅までダッシュする。

DSC07127.jpg 

今回も一周乗車券の旅だ。

目的は群馬の高崎で「飲む」ことだ。

帰りに東京にも立ち寄って

北陸新幹線東海道新幹線の乗り比べ第二弾をやってみようと思う。

DSC07138.jpg 

DSC07137.jpg

この日は日曜であった。

出発直前のダイナスター1号の6号車自由席に駆け込んだのだが、

車内には誰もいなかった。

DSC07139.jpg 

僕が席についてから2人乗ってきた。

要するに6号車には3人しか乗っていない状況で、

6時ちょうどに「ダイナスター1号」は福井駅を出発した。

 

空いているのは本来「快適」なはずだが、

先行き真っ暗だよな、

なんて考えてしまう僕は恐らく心が病んでいるのだろう。

 DSC07141.jpg

出発早々、若い車掌が検札にやってきた。

彼が戻ってきたのは6時9分だ。

よほど空いていると思われた。

 

福井県民を意地でも北陸新幹線に誘導するために

設定された特急と思われるが、

混雑する日は果たしてあるのだろうか。

 

3・5号だと時間的に金沢までの通勤需要もあるだろうが、

1号だと通勤需要も見込めないような気がする。

平日の朝の様子も見てみたい。

 

天気は快晴で、気分がいい、

といいたいところだが、

この車両、恐ろしく窓が汚い。

ただ泥が付着しているというのではなく、

不気味な汚さである。

DSC07140.jpg 

他の窓を確認しても同様だ。

DSC07142.jpg

車内販売もない、

自販機もない、

かつ窓も汚い。

 

JRにしてみれば在来線の特急など、

もはや「どうでもいい」存在なもかもしれないが、

やる気をなくすのはまだ早い。

仮にも「特別な料金」をとっている車両なのだ。

 

よくよく考えたら

サービスは着々と減らしているのに、

料金だけは据え置きだなんてJRも相変わらずなことをやっている。

 

ついでに全国的に急行列車も消えたのに、

特別な急行=特急でもない。

どうせなら急行料金程度に値下げしてはいかがなものか。

 

6時32分、

小松を出た時点で車内を一巡してみることにした。

 

1号車のグリーン席は0人、

2号車の指定席は4人、

3号車の指定席は8人、

4号車の指定席は0人、

5号車の自由席は11人、

6号車の自由席は(僕を含め)4人だった。

合計で27人。

 

6時12分に福井を出る金沢行きの普通列車など、

土曜日で6両編成でも石川県内は混んでいた。

金沢の到着時間が7時34分というのも通勤・通学にもいいのだろう。

その時間には後続の福井を6時50分に出たダイナスター3号もやってくる。

「おまえが乗った列車がたまたま客が少ないだけだ」

それは間違いないだろう。

金沢に6時50分に着いても特に観光できる訳でもない。

3・5号とは違い、新幹線接続に特化した列車といえる。

 

そして、乗り継いだ「かがやき」が8時過ぎに長野に着いてしまうのも、

観光利用では「早すぎる」のかもしれない。

そして東京着が9時32分なら似たような時間に

東海道周りでも「安く」行ける。

 

ま、今は福井駅も「一周乗車券」をしきりに薦めている。

(追記:6月末からパンフレットも置くようになりました)

選択肢があるのはいいことだし、

これまで朝イチのしらさぎで米原に向かっていた方にも、

是非1号に乗って欲しいなとは思う。

 

ただ、JRの福井駅が一周をすすめればすすめるほど、

福井延伸時にどうなってしまうのかという不安は

多少あったりする(笑)

 

6時50分、

特急ダイナスター1号は金沢駅の暗いホームに到着した。

DSC07150.jpg 

乗り継ぎの「はくたか」も指定席は確保していない。

絶対に空いているという確信があった。

何故ならこの時間、7時00分に「かがやき502号」、

続けて7時14分に(新高岡停車の)「かがやき536号」が続けて出発するのだ。

 

混んでいる要素など何一つ思い浮かばなかった。

そんなもので、土産物を物色して、

待合室でコーヒーを飲んでから新幹線ホームへ上がった。

目指したのは先頭の1号車だ。

DSC07158.jpg 

DSC07159.jpg

DSC07163.jpg

この「はくたか552号」の金沢出発時刻は7時22分である。

僕が車内に入ったのは7時16分だ。

驚いたことに先頭の1号車には誰一人乗っていなかった。

何だか悲しくなってきた。

広告