読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北陸徘徊人

福井・石川・富山を中心にゆるーい旅を満喫中

小さいおっさんは東京駅で泣きそうになり、靖国神社で涙した

高崎から上野東京ラインを利用して無事に東京駅に到着。

福井から高崎に行くのにわざわざ一周乗車券にした理由は、

何も新幹線の乗り比べだけが目的ではない。

 DSC07309.jpg

靖国神社」に行ってみたかった。

 DSC07319.jpg

 

毎年あれだけテレビで騒がれているにも関わらず、

行ったこともなければ場所も知らない。

 

調べてみると、

JRだと飯田橋

地下鉄だと東西線の九段下が最寄り駅のようだ。

 

九段下と聞いて真っ先に思い出したのは「爆風スランプ」の曲だった。

「九段下の駅をおりて坂道を人の流れ追い越して行けば〜」

なんて歌詞があったから武道館の近くということか。

 

JRだと乗り換えも面倒なので、

地下鉄で向かうことにしたのだが、

のっけからいきなり???となる。

 

まず、僕は地下鉄に「東京駅」があるとは全く思っていなかった。

関西で言えばJR大阪駅と地下鉄梅田駅みたく、

東京では「大手町」が梅田に値するのだと信じていた。

 

そんなものでろくすっぽ看板も確認せず、

Suicaを使って改札を通り、

ホームに立った時点で

「あれ、何で丸ノ内線なんだろう」と思い、

そこでようやく地下鉄にも「東京駅」があることを知った。

 

さらに行き先が「荻窪」と「池袋」となっていて、

僕の頭の地図では両方とも

東京の左上あたりにある印象しかなく、

大手町へはどうやって行くのだとパニックに陥る。

 

そんでもって大手町駅に着いて東西線の看板を探せば、

いったん改札を出ることになり、

長い連絡通路を歩けば「JR東京駅方面」なんて看板も現れ、

40過ぎのオッサンが一人、

東京駅周辺で何をやっているのだろうと泣きそうになる。

 

ようやく東西線に乗って九段下に到着。

DSC07316.jpg

ゆるやかな坂道を登り、靖国神社へ。

緑が濃い。

DSC07317.jpg

DSC07321.jpg

DSC07325.jpg

参拝をすませ、

遊就館へ。

戦地に赴いた方々の手紙に涙が止まらない。

DSC07331.jpg 

遊就館を出て、

もう一度靖国神社に手を合わす。

そしてぼんやり思う。

 

修学旅行の行き先は「京都・奈良じゃなくて靖国神社だよな」と。

DSC07342.jpg

僕が中学生くらいの時にこの神社を、

遊就館を訪れていたなら、

もう少しまともな人間になれていたような気がする。

(以前は学校行事で靖国参拝が禁止されていたと知り、後で驚きましたが)

DSC07323.jpg 

この年になって気づいたことがある。

僕は長らくテレビはともかく新聞は「真実」を伝えている、

そう信じていた。

 

しかし、福井に来てから新聞の定期購読をやめ、

図書館で各紙の読み比べをするようになり、

ひとつの物事に対する表現の仕方がここまで違うのか、

そんなふうに感じることが多くなった。

 

新聞が伝えていたのは「真実」ではなく、

「記者なり新聞社の考え」なのだ。

記者の筆一本で白は黒になり、

黒は白になる。

 

だいたい何で日本の首相が靖国神社を参拝することを、

近くの国だけでなく日本のマスコミも

「悪いこと」として取り上げるのか。

小さいおっさんにはさっぱり分からない。

 

A級戦犯って何だよ。

日本のために戦ってくれた方々ではないか。

TR2013122800154-1.jpg 

http://www.47news.jp/47topics/e/248975.php#reading

 

マスコミに植え付けられたおかしな先入観をなくし、

参拝して遊就館を見学して何を感じるかは人それぞれ。

 DSC07318.jpg

今年は戦後70年。

靖国神社に来てよかったとつくづく思う。

今度は相方や甥っ子たちも連れてこよう。

何かを感じてくれればそれで充分だ。

 DSC07345.jpg

地下鉄に乗って大手町へ。

東西線大手町駅からJR東京駅は徒歩数分だった。

 

広告