北陸徘徊人

福井・石川・富山を中心にゆるーい旅を満喫中

再び敦賀の夜〜なかや〜そして森田

前回の続きで朝から敦賀の連れの手伝い。

一日外で動きまわってたんまり汗をかき、

銭湯へ行った。

IMG_0335.jpg 

シャツを脱げば「よお焼けたなー」と連れが笑う。

前日にリラ・ポートの鏡で見た時は「赤く」なってる程度だったが、

完全に「黒く」なっている。

うーむ、福井に帰ったら至急お肌の手入れだな(笑)

 

平日の16時過ぎ、

レトロな銭湯はすいていた。

身体を洗ってると、

「ここさ、あっち系の方が意外と来るんだね」

などと連れが言う。

 

あっち系?と湯船に浸かっていると、

3人入ってきた。

うち2人は背中に見事な彫り物がしてある。

そういや昔の銭湯ではたまに見かけたが、

最近は「禁止」のところばかりで

すっかり見かけなくなったなと思う。 

別に話をした訳ではないが、

愛想もいい。

 

しばらくしたら1人の若者が入ってきた。

お兄さんたちにビビったのか、

湯船の端に小さく座っている。

 

さっぱりした気分で脱衣所へ。

涼んでいると連れが出てきて

「最後に1人入ってきたろ」などと言う。

「たまに見るンやけどな、冬でも絶対に拭かへんねん」

 

そんな話をした矢先、

先ほどの若者が出てきた。

彼はびしょ濡れの状態のまま脱衣所に現れると、

一切身体を拭くことなくパンツを身につけ、

靴下をはいた。

そして作業ズボンをはき、

Tシャツを着てそのまま出て行った。

おそらく1分もかかっていないであろう。

 

やっぱ銭湯って楽しい(笑)

IMG_0332.jpg 

福井に帰る前に一杯やっていくことになった。

今宵は本町の「なかや」さんへ。

連れは何度か来ているらしいが、

僕は初入店。

 

普段の生活において「連日居酒屋に行く」なんてことは、

今やすっかりなくなってしまったから、

居酒屋へ行くってだけでしみじみ嬉しい。

 IMG_0337.jpg

キューっとビールを飲めば、

「生きてるってシアワセだ〜」なんて普通に思うし、

棺桶に入るときは

生ジョッキでも握らせてもらえればありがたい。

IMG_0352.jpg 

で、この「なかや」さんも「哲ちゃん」同様

次から次へとお客さんが入ってくる。

カウンターの中から大将の手元を見ていると、

「キリッ」とした丁寧な仕事をしていることがよく分かる。

 IMG_0343.jpg

IMG_0344.jpg

IMG_0346.jpg

不況だ何だいうけれど、

まじめに仕事してるお店にはちゃんとお客さんが来るンだ、

そんなあたりまえのことを感じた敦賀の夜だった。

IMG_0353.jpg 

で、ここで僕は連れと別れ敦賀駅へ向かった。

ただ、正直言ってほとんど記憶にない。

LINEを確認すると

「21時47分福井着の電車で帰るから、迎えに来て」

と一応相方に連絡はしていたようだ。

 

そして電車内で撮ったと思われる

ぶれまくりの写真には酎ハイが写っていたから、

恐らく駅の売店で買ったのだろうと思う。

 IMG_0356.jpg

それもよく憶えていないし、

よくぞ金沢行きの列車に乗ったと自分を褒めてあげたい。

ただ、何せ全然憶えていない。

 

スマホが震えていることに気づき、

ハッとする。

窓の外に目をやれば、福井駅の駅名票が見えた。

「あ、やべ、降りなきゃ」

と思った瞬間に列車は動き始めた。

 

スマホを見れば

「どこまで行った」なんて書いている。

時計を見ると22時15分だった。

あれ、この列車、福井に何時に着いてたんだ???

 

調べてみるとこの列車、

福井で30分近く停車しており、

よりによって

それが出発する瞬間まで

僕は爆睡していたことになる。

 

22時20分、僕は森田駅のホームにいた。

敦賀駅で買った酎ハイは、

まだほとんど手をつけていなかった。

「何やってんだか」と思いつつ、

僕は酎ハイを飲んだ。

IMG_0357.jpg 

広告