読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北陸徘徊人

福井・石川・富山を中心にゆるーい旅を満喫中

えちぜん鉄道 あわら湯のまち駅 〜源の屋の子ランチと芦原荘〜

土曜の朝、東尋坊からの帰り道。

三国サンセットビーチを覗いてみた。

駐車場にはそこそこ車が停まっていたような気がしたが、

ビーチは閑散としていた。

DSC07626.jpg 

DSC07628.jpg

今どきの若者は海水浴もしないのだろうか。

それとも今日は学校だからか。

ぶらぶら歩いて三国港駅に戻った。

 DSC07630.jpg

電車を待ちながら

とりあえず腹減ったと思う。

三国で海鮮系のものを食べるか、

それとも芦原で風呂入ってからにするか。

 

スマホで検索していると、

あわら湯のまち駅近くの洋食屋さんが表示された。

確かに駅前にあったような気がする。

さらにそこには「子ランチ」なる裏メニューが存在するらしい。

 

よっしゃ、これにするべ。

僕は電車に乗り込んだ。

 

あわら湯のまち駅に着いたのはまだ11時前だった。

目指す「源の屋」さんは本当に駅前にあった。

開店は11時かなと思ったら営業中の札がかかっている。

 

扉を開けると

コック服を来た男性が「いらっしゃいませ」と言ってくれた。

DSC07639.jpg 

メニューを見る。

なるほど、「子ランチ」なるメニューは存在しない。

「あのお、子ランチってのがあるって聞いたンですけど」

と店員の女性に聞けば

「ありますよ」とにこりと笑った。

「なら子ランチとビールで」

「ビールは食事と一緒にお持ちしますか?」

「それでお願いします」

 

待つことしばし。

ビールと子ランチが運ばれてきた。

凄まじいボリュームだ。

「写真とっていいですか」と聞けば、

「どうぞどうぞ」と何とも愛想がいい。

 DSC07636.jpg

オムライスにエビフライ、春巻き、唐揚げ、肉団子にアメリカンドッグ、サラダ。

まさに「大人のお子様ランチ」でないか。

ビールをぐびりとやってアツアツのフライにかぶりつく。

いやー、こりゃいいわ(笑)

 

あわらなんて度々来てるのに、

本当に泊まって酒飲んでだけだったなと反省。

温泉街の洋食屋ってのもミスマッチのようで

何とも面白い。

 

最後にアイスコーヒーまで出てきた。

この子ランチが1000円で瓶ビール(大)が600円。

昼間っから(まだ午前中だが)楽しめるこのシアワセ。

ごちそうさまでした。

 

食後にいきなり風呂ってのも気がひけたので、

少しだけ歩く。

DSC07642.jpg 

DSC07645.jpg

DSC07652.jpg

屋台村もあり、

てっきり夜だけの営業かと思ったら、

端っこのフランス料理屋さんは営業していた。

屋台村でフランス料理ってのも面白そうだ。

次はこっちにするか。

DSC07648.jpg 

風呂は「芦原荘」さんにお邪魔した。

ここもまさに駅前で改札口から2分もあれば着くだろう。

入浴料は500円(11時〜)

 

あわら温泉の宿は正直いって「日帰り入浴」を

積極的に受け入れている感じがしないので(笑)

この芦原荘さんのような存在はありがたい。

DSC07654.jpg

日帰り入浴専用のロビーもあり、

常連らしき爺ちゃんが

「そのロッカーにカバン入れや。100円返ってくるから」

と教えてくれた。

 

で、このお風呂が最近リニューアルしたと思われるのだが、

何ともシックで高級感あふれる造りになっている。

これぞ「旅館」の風呂ってな感じだし

500円で入れるのもありがたい。

 

柄杓があったので飲泉してみれば

塩味と苦味が口の中一杯に広がり、

酒で毒された身体に染み入っていく。

 

先客は1人だけで、

広い湯船をほぼ独占状態。

こんな贅沢してえんやろかとしみじみ思う。

いやはやいい湯を満喫。

 

風呂からあがると常連らしき爺ちゃんは

まだロビーにいた(笑)

 

それにしても恐ろしく温もる湯であった。

外に出ればまたドバドバと汗が噴き出してくる。

水分補給の為駅前のコンビニで缶ビールを買い、

キューッと喉をうるおしてから福井に帰った。

DSC07658.jpg