読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北陸徘徊人

福井・石川・富山を中心にゆるーい旅を満喫中

JR小浜線・小浜駅〜大谷食堂の焼鯖定食〜

 

午前8時46分、小浜線の普通電車は小浜駅に到着した。

 DSC05546.jpg

小浜は福井県西部に位置する

人口3万人ほどの小さな「市」だ。

そう、

バラク・オバマ氏が大統領に就任した際、

盛り上がっていた街、である。

DSC05549.jpg

福井の県都である福井市とは100キロ近く離れているが、

京都市中心部までだと鯖街道経由で80キロに満たない。

市内には神社仏閣が多く点在し「小京都」とも呼ばれるが、

国宝の多さから「海のある奈良」とも称され、

北陸というよりは「近畿色」が強い。

 

小浜市のサイトにも以下のような一文がある。

福井県の南西部、若狭のほぼ中央に位置しています。 北は国定公園の指定を受けた若狭湾に面し、海岸線の一部は「蘇洞門(そとも)」を有するリアス式海岸となっています。南は、東西に走る京都北部一帯に連なる山岳で、一部は滋賀県と境を接しています。 また、日本海を挟んで朝鮮半島に向かい、昔からシルクロードの日本での玄関口として、京都・滋賀・奈良への大陸文化・南蛮文化の伝達の経路となっていました。 北陸圏域の福井県にありながら、風俗、習慣、言語などは近畿圏域との歴史的・文化的つながりがあり、気候も概ね穏和・温暖です。

本当はレンタサイクルを借りて

明通寺などの国宝めぐりも考えたが、

自転車でも飲酒運転厳禁のご時世である。

 

適当にビールでも飲みながら歩く方が

僕には似合っている。

(本当は国宝めぐりをしたかったが拝観料の高さに躊躇した・笑)

 

せっかくなので街の散策マップでも、と思ったが、

観光案内所はまだ開いていなかった。

まだ朝の9時前なのだ。

人が集まっていたのは開店前のパチンコ屋だけだった。

DSC05551.jpg

 DSC05552.jpg

DSC05553.jpg 

DSC05559.jpg 

小浜の街を歩いていて時折目にするのが

「めのう」の文字だ。

はて、「めのう」とは何か。

小浜市のサイトでは以下のように説明されている。

  海外でも評判の高い小浜の「めのう細工」。半透明で、赤く美しい光沢を持つめのう細工は、塗箸、和紙と並んで小浜を代表する工芸品です。  鮮やかな色は、原石を焼くことで得られます。これを砂を使って丹念に磨き上げます。熟練と根気のいる作業です。透き通るような光沢はめのうならではのもので、置物、香炉、盃(さかずき)、アクセサリーなどに加工されます。

f:id:fukuitabi:20150728173132j:plain

(写真は若狭おばま観光協会サイトより)

だが、やはり時間が早すぎて実物は見ていない(笑)  

DSC05564.jpg 

住宅街の奥に美しい鳥居が見えたので近寄ってみた。

八幡神社」とある。

建物は鎌倉時代に建てられたものであるとのこと。

DSC05566.jpg 

DSC05572.jpg 

DSC05577.jpg 

小浜は歩いた先々に神社や寺が現れる。

DSC05578.jpg 

DSC05585.jpg 

DSC05586.jpg 

この「町家フェスタ」なるポスターに惹かれたのだが、

会場となる「古い町並み」はまだ準備中だった。

どうにもこうにも散策するには「早すぎる」のかもしれない。

 DSC05589.jpg

 DSC05591.jpg

DSC05596.jpg 

 DSC05600.jpg

DSC05602.jpg 

海へ出た。

空は青く、海は澄んでいる。

若狭の海は何度見ても「美しい」と思う。

海水浴客はまだ少なかったが、

続々と駐車場には車がやってきていた。

 DSC05605.jpg

 DSC05609.jpg

DSC05611.jpg 

海沿いに歩くと「蘇洞門めぐり」の遊覧船の姿が見えた。

乗船してみようと思い近づいたらちょうど出港していった。

「・・・」

DSC05617.jpg 

 DSC05620.jpg

 

海産物の販売店で「浜焼きサバ」を見かけた。

やっぱ小浜といえば「サバ」だよなと思う。

今日の昼はどっかの食堂でサバとビールにするべ。

 

ちなみにこのような「サバ」の丸焼きは

福井市内のスーパーでも日常的に売っている。

我が家では「半額」のステッカーが貼られた時のみ

たまに買う(涙)

DSC05623.jpg 

 DSC05625.jpg

近くに「濱の湯」というスーパー銭湯があったのだが、

駅までの距離がかなりありそうだったので

今回はパスした。 

せっかく風呂に入っても汗だくになりそうな暑い朝だった。

 

小さいおっさんは街を彷徨う。

不思議な形の街路樹を見つけた。

 DSC05630.jpg

 

昔からある洋食屋さん。

この向かいにはとあるアイドルの実家が。

DSC05632.jpg 

小浜市役所。

北陸新幹線若狭ルート」と

「琵琶湖若狭湾快速鉄道」の看板や幕は

若狭地方ではたびたび目にする。

DSC05634.jpg 

僕はこの看板を見るたびに

「二兎を追う者は一兎をも得ず」という諺が頭をよぎる。

 

 何とも渋い商店街を見つけた。

この雰囲気、好きだなあ(笑)

DSC05649.jpg 

商店街の中で一件の食堂を見つた。

「大谷食堂」とある。

店頭の看板には「国産うなぎ」「国産さば」の文字が。

これは絶対にヒットだ、

そんな妙な確信があって扉を開く。

DSC05662.jpg

たいがいの飲食店は扉を開くと飲食をするための

テーブルなり椅子なりが並んでいると思う。

 

ところがこの店の場合、

扉を開くと廊下となっており、

右手に厨房がある。

何だか間違って「勝手口」の扉を開けてしまったような気分だ。

 

廊下を進むと座敷になっていた。

昭和レトロな空間に、

巨大な液晶テレビ、本棚には漫画本、新聞、

ご主人と思われる方の寺巡りの写真。

 

食堂に来たというよりは

「爺ちゃんの家」に来た気分。

恐ろしく喉が乾いていたのでひとまずビールを注文。

DSC05658.jpg 

壁に掲げてあったメニューから

焼鯖定食を注文した。

待つことしばし、定食が届く。

ゴハンの量に一瞬たじろいだ。

DSC05660.jpg

DSC05659.jpg 

焼き魚を表現するのに「パリッと」なんて表現はよくするが、

大谷食堂の「焼鯖」は皮が「サクッ」としている。

ちょいと白ゴハンの上に乗っけて頬張れば、

うまみたっぷりの油が口いっぱいに広がる。

 

う、うめー!!!

 

ビールをぐびり。

焼鯖をチビリ。

白飯パクリ。

 

つーか、

鯖ってこんなうまい魚やったかい?????

 

僕がこれまで食べていた「焼鯖」とは

いったい何だったのだ。

 

さらに特筆すべきは「吸い物」だった。

こんなまじめに出汁をとった、

上質な吸い物など長らく口にしたことがない。

 

白衣を着たご主人が現れて、

「暑い中よお来てくれて、ありがとうございます」

と頭を下げる。

いやいや、

こんなウマイものを食べさせてくれてありがとうございます、だ。

 

すっかりいい気分になって店を出た。

空は何処までも青い。

時計を見ればまだ12時前だった。

DSC05636.jpg

広告