読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北陸徘徊人

福井・石川・富山を中心にゆるーい旅を満喫中

富山・七福の天ぷら定食と称名滝

富山 男二人旅

DSC08118.jpg 

神岡からは41号線を北上して富山を目指す。

相棒が「称名滝」を見たことがないというので向かうことにした。

 

称名滝は落差350メートル、

日本一の落差を誇る滝だ。

福井の東尋坊、石川の手取渓谷同様、

無料で見学できるのがありがたい(笑)

 

さて、称名滝に向かう前に腹ごしらえをしておきたい。

 

島田食堂でオムライスもいいよな、

アピタの糸庄でもつ煮込みうどんもいい。

たつやのとんこつラーメン、

吉平のラーメンもすてがたい。

うーんサンダーバード立山町のコンビニ)の

おにぎりでもいいよなと思う。

 

相棒に何を食べたいかと問う。

「うーん」と答えが返ってこない。

 

「ラーメン、もつ煮込み、カレー、中華、寿司、天ぷら」

「天ぷら食べたい」と相棒が言う。

天ぷらか、いいな。

  

僕らは福井でもたまに飯を食べに行ったりするのだが、

最近だと「スシロー」または「岩本屋」または

「天じゅ」という天ぷら屋のいずれかと言っていい。

 

要するに2人して天ぷらが好きな訳である。

 

富山市中心部の天平にも惹かれたが、

間違いなくビールを欲しそうだし、

12時からの営業であった。

すっかり丸一日遊んだつもりでいたが

この時点で11時前なのだ。

 

うーむ、フェリオの天ぷら屋でも行くかな、

ん、待てよ、

富山インター近くに

格安でウマイ天ぷらを食べさせてくれる店があったはず。

 DSC08128.jpg

そんな訳で「七福」さんへ。

11時過ぎに着いたがすでに先客が2組。

入り口で食券を買う。

色んな組み合わせの定食があるが、

僕は天ぷら定食を、相棒はえび天ぷら定食をチョイス。

 

何となく「天ぷら屋」というと

敷居が高い印象があるが、

「七福」は牛丼屋のような気楽さがいい。

水やお茶もセルフサービスだ。

 

待つことしばし、

揚げたてのエビとキス、そしてゴハンと味噌汁が運ばれてくる。

DSC08123.jpg 

DSC08124.jpg 

続いて野菜が3品。

DSC08125.jpg 

最後に白エビのかき揚げ。

DSC08126.jpg 

どれも揚げたてサクサクでシアワセな気分になる。

これで税込み680円なんだからなお嬉しい。

 

さらに各テーブルに「イカの塩辛」が置かれているのだが、

これがまたしみじみウマイ。

うーむ、ビールが飲みたい、、、、

 DSC08122.jpg

天ぷらを堪能したあとは立山町へと向かう。

芦峅寺の集落を過ぎ、

常願寺川沿いの県道を進むと

アルペンルートのケーブルカーが見えてくる。

そして、立山駅の駐車場は大混雑となっていた。

はたして今日は何時間待ちだったンだろ(笑)

DSC08129.jpg 

DSC08167.jpg

悪城の壁を横目にぐいぐいと標高を上げて称名滝の駐車場へ。

滝まではさらに20分の徒歩となる。

うーむ、日頃の運動不足がこたえる、、、、、

 DSC08133.jpg

で、称名滝とご対面。

この日は水量も多く迫力満点だ。

橋の上などマイナスイオンを浴びるどころか、

ほぼ「濡れる」に近い状況だ。

水圧による「風」も半端ない。

DSC08137.jpg

細身の相棒は近くにいたおばちゃんに

「兄ちゃんふっとばされるで」と笑われている。

DSC08146.jpg

恐らく富山の方々はこんな滝が身近にあるもので、

日本全国他の滝を見ても「物足りなく」感じるのではないか。

 

実際に富山のいくつかの職場で社員旅行なんぞ行き、

いくつかの滝を見たが、

「なーんか称名と比べるとしょーもないのー」

そんな言葉は「ほぼ」毎回聞こえたし、

僕もそう思ってた(笑)

DSC08139.jpg  

さらに何度来てもいまいちぴんとこないのだが、

滝壺の位置で標高は1000メートルを越えており、

立山駅からケーブルで上がった美女平より

標高が高いことになる。

 

そのためひんやり涼しいこと。

くそ暑い下界に帰るのがつくづく嫌になるが、

そうも言ってはいられない。

しかし、福井へ帰る前にどうしてもやっておきたい事があった。

 

男2人は立山山麓スキー場へ向かった。

DSC08161.jpg

広告