読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北陸徘徊人

福井・石川・富山を中心にゆるーい旅を満喫中

JR北陸本線・武生駅 〜洋食のいし川〜

福井

日曜日、

相方の親が来ると言うし、

僕は仕事で若狭に行かなきゃならなかったもので、

昼前にとっとと福井を逃げ出すことにした。

 

この日のうちに若狭に入ればいいもので、

途中で何か食べていこうと考え、

JR福井駅で運賃表を見上げる。

 

福井から西へ駅名をたどり、

何となく駅名と食べ物が一致したのは

今庄と武生だった。

今庄は言うまでもなく「蕎麦」であるが、

前日に食していた。

 

で、武生である。

たけふ、と読む。

福井市で暮らし始めて2年、

全国的にはどれほど知名度があるのかは知らないが、

何となく武生と言えば「ボルガライス」みたいな印象があるし、

最近では「たけふ駅前中華そば」なるものが注目されているとも聞く。

ちょっと街をぶらついてビールでも飲もうと、

武生までのきっぷを買う。

 

乗り込んだ2両編成の電車はめちゃくちゃ混んでいた。 

「本日は鯖江発の臨時列車を運転いたします」

鯖江駅に到着しましたらまずお帰りの乗車券をお求めください」

前日に見かけたアイドルグループのライブがこの日も

サンドーム福井で開催されるらしい。

  

そんなもので鯖江駅で一気にガラガラになったが、

福井方面のホームも多くの乗客であふれていた。

そっか、今日は福井もお祭りだ。

DSC05710.jpg 

JR武生駅に降り立つ。

平成17年に武生市今立町が合併して誕生した

越前市の玄関口と言える存在で、

多くの特急列車も停車する。

 

人口8万5000人あまりを有する街の玄関口としてみれば、

駅前は少々さびしい雰囲気もあるが、

それは全国共通だろう。

武生も旧国道8号線沿いや8号線バイパス沿いは

多種多様な店が立ち並んでいるし賑やかだ。

 

小さいオッサンはあてもなく街を彷徨う。

DSC05712.jpg 

DSC05713.jpg 

DSC05715.jpg 

白壁の蔵が立ち並ぶ一画に出た。

「蔵の辻」と呼ばれ、

案内板を見れば時折イベントなども開催されているようだ。

DSC05719.jpg 

この日は日曜であったが、

人影はほぼなかった。

何とも素敵な一画なのにもったいない。

DSC05717.jpg

ついでに言えば、

僕は昨年の秋に「たけふ菊人形」を見学するために、

この周辺を歩いているにもかかわらず、

こんな場所があることすら気づかなかった(笑)

 

小さいオッサンは街を彷徨う。

 DSC05722.jpg

DSC05726.jpg 

DSC05727.jpg 

寺が多く建ち並ぶ一画に出た。

そのまま「寺町通り」と呼ばれているらしい。

石畳の道とあわせてなかなか趣がある。

にも関わらず観光客の姿は皆無だった。

DSC05728.jpg 

DSC05729.jpg

DSC05732.jpg

DSC05734.jpg  

残念に思ったのは

せめて寺町通りの周辺だけでも

電線の地下化ができなかったのかなという点。

 

あとは駅前に立派な駐車場はあるけれど、

街なかに駐車場が少ないのかな、とも思う。

僕は歩くのも好きだから歩くけど、

うちの相方なんて駐車場から徒歩5分でも嫌がる(笑)

DSC05741.jpg

DSC05745.jpg

 DSC05749.jpg

道路の中央に用水が流れ、

松の木が立ち並ぶ一画に出た。

DSC05751.jpg 

周りを見渡せばスナックの看板も多いから、

このあたりが「夜の街」ということか。

僕がこのあたりで飲んだら

間違いなく用水に転落するだろう(笑)

DSC05757.jpg 

そんな一画の外れに

まさに「ポツリ」と佇む一件のお店があった。

看板をみれば「洋食のいし川」とある。

 

この日の気分は9割方「中華そば」であったが、

吸い込まれるようにガラス戸を開けた。

 

この店に達するまでほとんど出歩いている方を見なかった、

というのもあるが、

まずカウンターがほぼ埋まっていたことに驚いた。

(実際は5人いただけなのに、狭いお店なもんで・笑)

カウンターの端に空席を見つけて席につく。

 

カウンターの先は

厨房というよりは台所、といった趣。

片隅には黒電話があり、

電話番号を記したメモ書きが貼り付けてある。

 

中には恐らく夫婦であろう年配の男性と女性。

「いらっしゃい、暑い中よお来てくれたなあ」と

奥さんらしき方がお冷やを出してくれる。

 

だが、メニューが見当たらない。

隣の男性2人組の手元に見えたもので拝借。

入り口に「ボルガライス」のチラシも掲げていたが、

エビフライやハンバーグもつくらしいA定食をチョイスした。

 

何はなくともビールを注文。

アサヒかキリンを選べ、大瓶・柿の種つき。

キューッと一杯飲めば

暑さで干からびていた細胞のひとつひとつが蘇る。

DSC05754.jpg 

「おまっとさん」

しばらくしてA定食が運ばれてきた。

サラダ、ハム、目玉焼き、エビフライ、ハンバーグ、スパゲッティ、

これにライスとスープ、福神漬け付き。

DSC05756.jpg 

最近、食べ物の嗜好が小学生の頃に戻りつつあるのは気のせいか。

ちゃんと肉の味がする小ぶりのハンバーグがなかなかあなどれない。

揚げたてのエビフライもやはり嬉しいし、

ビールもウマイ。

 

うへー、おらシアワセだー。

 

勘定をすませたら「ありがとう、また来てな」と

奥さんが外まで見送りに出てくれた。

次はボルガライスを食べに来ます。

 

店を出て数分後には汗が噴き出してきた。

こんな時、近くに銭湯でもあれば嬉しいが、

残念ながら見当たらない。

DSC05761.jpg

DSC05763.jpg 

DSC05770.jpg 

武生駅に着いた頃には汗だくになっていたし、

喉もカラカラに乾いていた。

仕方ないので僕はハイボール缶を買い求め、

キューッと飲み干してから敦賀行の電車に乗った。

広告