北陸徘徊人

福井・石川・富山を中心にゆるーい旅を満喫中

京福バス1日フリーパスとくろ川のランチ

水曜日、福井駅に向かうバスに乗ったら

中学生の少年達が大勢乗っていて賑やかしい。

夏休み、街へ買い物にでも繰り出すのだろうか。

 

柴田神社を過ぎたあたりで彼らは運賃表を見上げ、

「片道990円がフリーきっぷで1000円になるンだから安いよな」

てなことを言い出した。

 

すると信号待ちで停車した運転士さんは

実に申し訳無さそうにこう言った。

「今日は平日だからフリーきっぷはないンです」

「え、ええ!!!」

中学生たちの嘆きが車内に響き渡った。

f:id:fukuitabi:20150813110704p:plain

 

京福バスさん、

夏休み中の彼らを救ってやってください(笑)

 

彼らには申し訳ないが、

僕はその運転士からフリーパスを買った。

あまり使っている人を見かけたことがないのだが、

京福バスには福井駅から230円区間が乗り放題になる

フリーパスが500円で通年販売されている。

f:id:fukuitabi:20150813101758g:plain

http://bus.keifuku.co.jp/rosen/ticket/

我が家の最寄りのバス停から福井駅までの片道運賃が200円なので、

そこからちょいと出掛けるだけで充分モトはとれる、

ありがたいきっぷであったりする。

 

路線図が頭に入っていないとなかなか使いづらいところはあるが、

福井駅から230円区間というと想像以上に

色んな所に行けたりする。

今回はこのきっぷを利用して近場をぶらついてみることにした。

ぐふふ、これで今日も昼からビールが飲めるぞ(笑)

DSC05912.jpg 

福井の繁華街といえば片町。

僕は福井に来てから夜に出掛けることが

ほぼなくなったもので夜の様子は知らない。

DSC05915.jpg 

おかしな趣味かもしれないが、

昔から午前中の繁華街をぶらつくのが好きだった。

 

最も好きなのは夜明けの時間帯で、

店の前に山積みされた生ごみのすえたニオイが漂う中、

始発電車を待ちながらけだるそうにタバコ吸ってる人や、

すっかり酔っ払ってゲエゲエやってる人、

酔いつぶれて寝てる人、

朝っぱらから喧嘩をしている人、

やたらとハイテンションで騒ぎまくる若者の集団なんか見ているだけで

ワクワクしてた。

 

恐らく僕は世間的に「どうしようもない人」を

傍から眺めているのが好きなんだろうと思うし、

自分が「どうしようもない人」になるのも好きなんだろうと思う。

DSC05918.jpg 

たまたま通りがかったバスに乗ってみると、

車窓からチラリと大仏様が見えた。

何度か車では行き来している地ではあるが、

きちんとお姿を拝見したことはないもので

降車ボタンを押す。

DSC05882.jpg 

福井大仏は元禄4年に「石」で建立されたとのこと。

その後、空襲と地震で壊滅的被害を受け、

昭和33年に現在のお姿となったものであるらしい。

 

それにしても何と穏やかな表情であろう。

「ワタシが見守っているから安心して生きなさい」

なんて云われたような気がした。

DSC05884.jpg 

小さいオッサンはぶらぶら歩く。

現在地を確認しようとスマホを取り出す。

ところが全く「反応」してくれない。

電源を切ろうにも「反応」しなければ切りようがない。

「・・・」

強制終了ってどうするンだろ?

ま、えっか。

DSC05895.jpg 

DSC05898.jpg  

ぶらぶら歩いていると腹が減ってきた。

大学の近所なのでいくらでも店はあるだろう、

なんて考えていたのだが、

歩いている場所が悪いのかさっぱり見当たらない。

 

田原町に出て、図書館の前を通って再び大学の周辺へ。

店はあるにはあるが「定休日」だ。

「・・・」

DSC05928.jpg 

 DSC05929.jpg

 DSC05931.jpg

再び田原町に戻る。

割烹料理の店に「ランチ」の文字を見つけたので近づいてみた。

のれんは掛かっているが「準備中」とある。

時計を見たら11時30分を過ぎている。

うーむ、いったい何時に開くのだろう。

 DSC05934.jpg

福井駅前で何か食べるか、

と思いつつ田原町のバス停でバスを待つ。

時間は過ぎてもさっぱりバスは来ない。

福井鉄道で行くかと思ったらちょうど出発していく。

「・・・」

 

どうしても気になったので先ほどの割烹料理店へ。

今度は「営業中」の札が掛かっていた。

「季節料理・くろ川」さんののれんをくぐる。

カウンターの中では白衣姿の大将が刺し身を切っている。

 

女将さんに日替わりランチと瓶ビールを注文。

入店時には先客が1人いただけだったが、

ほどなくしてカウンターは全て埋まった。

 

日替わりランチが届く。

フライ、煮付け、刺し身、ゴハンと味噌汁、お新香がついて750円。

(火〜金曜の平日限定みたいです)

ビールはキリンかアサヒの中瓶で600円。

DSC05937.jpg 

DSC05938.jpg 

ビールをグビリとやってタコ刺しをつまむ。

ぷりぷりでたまらん。

煮魚は少し濃い目の味付けでゴハンにピッタリ、

ビールも進む。

 

隣のお客さんが

「本当は週一で来たいンだけど、月4しか来れない」

なんて微妙なことを言っている(笑)

 

常連さんらしき方が

「ゴハンちょっと多めに」なんて言えば、

カウンターの大将は奥さんらしき方に

「ゴハン3粒ほど多めに入れといて」

なんて言っている。

なかなか楽しい大将である。

 

少なくとも僕以外はみんな常連客であるようであった。

そりゃ750円でこのクオリティのランチを食せるなら

常連にもなるわな。

 

ただ、みなさんは明らかにお仕事をしており、

その昼休みの食事という感じであった。

僕もいつもなら週末の昼間に飲んでいるのだが、

この日は平日の昼間なのだ。

 

ちょっと微妙な空気も感じたりしたが、

気にせずビールを飲み、

美味しい食事を頂いた。

ごちそうさまでした。

 

すっかり満足して店を出て、

いったん福井駅に戻る。

福井駅前は日々何処かしこ変化している感がある。

DSC05942.jpg

出かけたついでに散髪でもしようと思ったが、

いつも車で行ってる散髪屋は

何処行きのバスに乗ればいいのか分からず、

駅前でしばし悩む。

DSC05940.jpg 

恐らくこれだと推測してバスに乗り込んだが、

何処が最寄りのバス停なのかが分からない。

 

こんな時こその「スマホ」なんだろうが

相変わらず反応しない。

 

ここだここだと散髪屋を見つけてバスを降り、

帰りの時刻を確認した。

パッと見たら

福井駅前行きは05分発、35分発と1時間に2本あるようだ。

 

で、散髪をして久々にスッキリした気分でバス停に戻った。

ちょうど03分とか、そんな時間だ。

ところが待てども待てどもバスはさっぱり来ない。

よくよく時刻表を見ると、

その時間だけ「05分発」は抜けていた。

「・・・」

 

仕方ないので僕は近くにあったスーパーに入った。

そこでハイボールを買い求め、

店の前のベンチで喉を潤しつつ

次のバスが来るのを待った。

 

=おまけ=

鯖江市のサイトを見てたら楽しそうなイベントを発見。

 e-867.jpg

e-868.jpg 

http://www.city.sabae.fukui.jp/users/kanko/event/index.html

どっちも魅力的だわ♪

行ってビール飲みたい!!

広告