読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北陸徘徊人

福井・石川・富山を中心にゆるーい旅を満喫中

基隆・龍山寺・福大山東蒸餃大王

台湾

電車は基隆駅に到着した。

半地下状のホームは何もかも新しく、かつ美しい。

後で調べてみると6月末に新駅の供用が始まったばかりとのこと。

古いホームは取り壊しの最中だった。

DSC08576.jpg 

DSC08579.jpg 

駅前に出ると「潮」の香りがする。

歩道橋を渡ればすぐそこは港だった。

かつては石垣島との間に定期船が運航されていたらしい。

いつか再開されることがあるなら是非乗船してみたいと思う。

DSC08583.jpg

DSC08591.jpg  

小さいオッサンと相方は基隆の街なかをぶらぶら歩く。

港町なので海鮮系のものを食べるつもりでいたが、

匂いに惹かれて鉄板焼きの店に入った。

DSC08610.jpg 

DSC08607.jpg

牛肉が100元、猪肉が80元で白ご飯とスープ付き。

濃い目の味付けで白飯がうめーのなんの。

悔やまれるのはビールがなかった点か。

店を出るなりコンビニに駆け込んでビールをぐびり。

よく考えたら今日はまだ1本目だ(笑)

DSC08617.jpg 

DSC08630.jpg

基隆駅の隣にあるバスターミナルから

台北行きのバスに乗った。

DSC08631.jpg

運転士は茶髪に真っ黒なサングラス姿の、

一昔前のスターを思わせる(恐らく)若者である。

何となく景色もよかろうと進行方向左側、

一番前のの席に座ったのだが、

これは失敗だった。

 

この運転士、

すさまじく前の車を「あおる」のだ。

僕は何度もそこに存在しないブレーキを踏んでいた。

 

さらによくぞここまで「寄れる」と感心するほど、

左側に寄って走る。

高速道路の防音壁などすれすれで生きた心地がしない。

 

一般道に入っても大型車とすれ違うたび、

「ひえええー」と悲鳴をあげそうになった。

隣で寝息をたてている相方がつくづく羨ましい。

 

大通りに入ると道路中央にある街路樹の枝が

「ガサガサガサ!」と窓をこすり、

運転士の舌打ちが聞こえた(ような気がした・笑)

さすがにこの時は相方も目を覚ます。

DSC08654.jpg 

台北駅からはMRTに乗って龍山寺へ向かった。

相方は僕と知り合う以前から何度が台湾に来ているのだが、

龍山寺をお参りすると必ず「いいこと」が起こるとのこと。

 

こうして二人で台湾に来れるってのも

僕にしてみれば充分に「いいこと」なんだけど、と思いつつ、

さらなる「いいこと」を期待して手を合わせた。

DSC08648.jpg 

前日は「胡椒餅」と「小籠包」を食したが、

今宵は「餃子」を食べたい気分だった。

 

ガイドブックを開き、

MRT中山駅近くの「福大山東蒸餃大王」を目指す。

路地裏に「明るいうちから随分流行ってる店があるなー」なんて思ったら、

まさにそこがその店だった。

DSC06003.jpg 

蒸し餃子2人前を注文。

残念ながらメニューにビールは見当たらない。

店員のおばちゃんの愛想もお世辞にもいいとは言えない。

にも関わらず大賑わいだ。

客に日本人と思われる方は見当たらず、

ほぼ現地の方と思われた。

DSC06001.jpg 

ほどなくして蒸し餃子が到着。

 

口に入れた瞬間、

火傷しそうなほど熱い肉汁があふれだす。

「あつっ!」と顔をしかめそうになった次の瞬間には、

相方と目が合っていた。

DSC06000.jpg

相方の目が「驚き」に満ちている。

恐らく僕も同じだったと思う。

その後、食べ終えるまでお互いに言葉を発することはなかった。

僕なんて10個たいらげるのに3分もかからなかったと思う。

 

台湾の餃子のレベルに感動した僕たちはもう一件、

近くの店に入った。

こちらには缶ビールがあったのはありがたかったが、

味はわりとシンプルなものだった。

でもフツーにウマかったが(笑)

DSC06006.jpg 

DSC06018.jpg 

腹も満たされたので、

近くの夜市でも眺めて宿に戻ろうと思う。

看板には「寧夏夜市」とあった。

しばらくはパチンコ台のようなゲームが並ぶ店が続くが、

その先は実にうまそうな店がたんまりあった。

DSC06036.jpg

ちゃんとテーブルがある店も多いし、

落ち着いて食事も楽しめそうだ。

士林よりアクセスも良さそうだし、

かといってめちゃくちゃ混んでる訳でもないし、

あんがい日本人好みの夜市でないかなと個人的には思う。

 

残念極まりないのがこの時点で「満腹」であったということか。

 

ところが相方は満腹でも甘いモノは食える。 

DSC06047.jpg 

僕は満腹でもビールだけは飲める。

コンビニに寄ってビールを買ってから宿に帰った。

相方は「飲むな」とも「飲み過ぎ」とも言わない。

ただ、「哀れなもの」を見る目にはなっていた。

DSC06050.jpg

広告