北陸徘徊人

福井・石川・富山を中心にゆるーい旅を満喫中

JR北陸本線・敦賀駅 〜もつ鍋きよの店〜

JR北陸線敦賀駅に降り立つ。

敦賀は20代の半ば頃に一時過ごした街だ。

ただ、行動範囲は職場とアパートと本町の居酒屋に限られていたもので、

実のところはほぼ「知らない」街といってもいい。

DSC06093.jpg 

駅前広場は福井と同じく工事中。

駅舎もきれいになっているのだが、

いったいどんな感じで新幹線がくるのやら。

駅前商店街からの雰囲気は昔からあまり変わらない。

DSC06098.jpg 

白銀町の交差点にあるアルプラザ敦賀

僕が住んでた年に建て替えられたから

もう14、5年ほど経つか。

嶺南地方では唯一の映画館もあり、

昔、矢口史靖監督の「ウォーターボーイズ」を観たような気がする。

誰と観たのかは記憶にないけれど(笑)

 

夜はラーメン屋台が点々と並ぶ旧8号線を

福井方面に進むと氣比神宮が現れる。

地元では「けいさん」と呼ばれ親しまれている。

DSC06138.jpg 

主祭神 伊奢沙別命は御食津大神(みけつおおかみ)とも称し食物を司り、また古くより海上交通、農漁業始め衣食住の生活全般を護り給う神として崇められている。神功皇后応神天皇はまた漁業に対する御神徳著しく、古来五穀豊穣、海上安全、大漁祈願が行われ、現に農漁海運業者の崇信が極めて篤い。神功皇后は安産の神として霊験あらたかである。仲哀天皇神功皇后日本武尊応神天皇武内宿禰命は無病息災延命長寿、また神功皇后・玉妃命は音楽舞踊の神である

http://kehijingu.jp/

また高さ約11mの大鳥居は奈良県春日大社広島県厳島神社と並ぶ日本三大木造大鳥居の一つであるらしい。

立派な鳥居だとは思っていたが全然知らなんだ(笑)

ちなみに暮らしていたころは一度も参拝したことがない。

DSC06144.jpg 

少し歩くと港に出た。 

敦賀港駅舎はヨーロッパ諸国とを結ぶ

欧亜国際連絡列車」の発着駅として賑わった頃の駅舎を再現したもので、

中はちょっとした資料館となっている。

これも僕が暮らしていた頃には再現されていたらしいが

さっぱり記憶にないというより

この周辺は来たことすらない(笑)

 DSC06110.jpg

DSC06119.jpg

少し歩くと漁港に出た。

確かこのあたりに「海鮮丼」で有名な店があると聞いたことがある。

よっしゃ、海鮮丼とビールで昼食だと思ったら定休日?だった。

DSC06104.jpg 

 DSC06102.jpg

晴明神社

以前に相方と来た時は扉が開いていたが、

今回は鍵が掛かっていた。

「・・・」

 DSC06122.jpg

DSC06121.jpg

敦賀の街をさまよっていると

「モツ鍋」の看板を見つけた。

「きよの店」とある。

これはアタリだろ、

そんな予感がして扉を開けた。

DSC06134.jpg 

カウンターでは3人のお客さんが、

すでにいい感じで「酔っ払って」いた。

健全な店である証拠だ。

 

隅にいたおじさんが

「好きなとこ座ればええで」

なんて言う。

 

真ん中のお姉さんが、

「お母さん、お客さんきたよ」

とカウンターの奥に声をかける。

 

カウンターはいっぱいに近かった(笑)もので、

座敷に座らせてもらう。

お冷やを出してくれたママさんに、

「モツ鍋」「ライス小」「生ビール」を注文。

 

「ちょっと鍋は時間かかるからこれつまんどいてな」と

茄子の煮物が出てきた。

そしてカセットコンロがセットされる。

DSC06128.jpg 

高校野球を見ながらしばし待っていると

鍋がやってきた。

ニラがたっぷりで見た目だけでスタミナがつきそうだ。

DSC06129.jpg 

ひと煮立ちしてから

おたまで具を救う。

モツがたんまり、ニンニクもたんまり、

白いご飯も進むわ、

ビールも進む。

DSC06131.jpg 

うーむ、

おなかぷにゅぷにゅがさらに進化しそうだ。

相方の「白い目」が脳裏をよぎり、

腹の肉をつまんでみる。

食べてるモツに負けないくらい、

「ぷるるん」としてるような気がした。

 DSC06156.jpg

敦賀駅までぶらぶら歩く。

喉が渇いたもんでコンビニへ。 

モップを手にした色黒の男性店員さんが僕を見て

「ワタシもよう焼けてるンですけど、お兄さんもよお焼けてますなー」

なんてことを言う。

 

いやいや、お兄さんほどじゃないですよ、

と言いそうになったが、

つい先日も小浜線の車内で

「兄ちゃん何やったらそんな黒くなるねん」

と見知らぬオジサンに言われたばかりだった。

 

要因は農業をやってる友人の手伝いが

ちょいと忙しいということか。

 

「ま、ワタシは病弱なんでマシンで無理やり焼いてるンです。誰も信じちゃくれませんけどね」

色黒の店員さんはニンマリ笑ってモップ掛けを始めた。

まかなか変わった店員さんである。

 

彼に敬意を評して、

僕は缶酎ハイを買った。

広告