読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北陸徘徊人

福井・石川・富山を中心にゆるーい旅を満喫中

台湾新幹線・高鐵3日パスの憂鬱

台湾

今回の台湾旅行でもっとも楽しみにしていたのは

いわゆる「台湾新幹線」、台湾高速鉄道への乗車である。

DSC00424.jpg 

台湾高速鉄道台北市台北駅と高雄市の左営駅までの約350キロを結ぶ

その名の通り「高速鉄道」で最高速度は300キロ。

 

時刻表を確認してみると、

列車番号を見れば停車駅が分かるようになっていた。

 

100番台が「のぞみ型」で板橋と台中のみ停車、

所要時間は約1時間36分。

600番台が「ひかり型」で板橋・桃園・新竹・台中・嘉義・台南に停車。

所要時間は約2時間。

800番台が「こだま型」で各駅停車。

所要時間は約2時間20分。

 

200番台、300番台はイレギュラーな停車駅となっており、

500番台は区間運転、

1000番台は運行日注意となっている。

 

よく台湾と九州は面積が同じくらい、

なんて話をきくが、

九州も北九州市の小倉と鹿児島市の距離が約350キロ程度、

所要時間も似たようなものとなればなるほどとは思う。

 

運賃は指定席片道が1490台湾ドル。(2015年12月現在)

だが、日本に外国人観光客向けの安いきっぷが存在するように、

台湾にも外国人観光客に向けた安いきっぷが存在する。

 

今回使用したのは「高鐵3日パス」なるもの。

連続3日間乗り放題で2400台湾ドルであるから

単に台北〜左営を往復するより安くなる。

 

他にも任意の3日間を選べるジョイントパスや、

台湾国鉄とのジョイントパスなど、

いくつか外国人旅行者向けのパスが発売されている。

 10.41.35.jpg

台湾高速鉄道

 (時刻表も上記サイトよりダウンロードできます)

 

今回、友人夫婦が「行きたい」としてあげた場所は

全て台北周辺であったもので、

このパスをフル活用して連日高雄から台北に通ってやろう、

というのが僕の考えである。

 

ちなみに日本に置き換えれば、

東京の観光がしたいのに名古屋に泊まって新幹線で通う、

となる訳で、僕と相方ならともかく、

フツーの方である友人夫婦にはハードな行程かな、とも思ってはいた。

 

「もうしんどい、行くのが嫌だ」なんて言われたら

高雄周辺を観光すればよい訳で、

何はともあれ台北まで1往復すればいい。

 

さてこの「高鐵3日パス」であるが、

当日に窓口でパスポートを見せれば買える訳ではなく、

事前購入が必要となる。

 

台北なら入国後でもJTB台湾に行けば買えるそうであるが、

https://www.jtbtaiwan.com/taiwan-high-speed-rail/

今回は高雄なもので以下のサイトで購入して、

予約確認書を印刷しておいた。

www.taipeinavi.com

 

さて、この予約確認書をもって高鐵左営駅に行ったものの、

窓口には恐ろしいほど長蛇の列ができていた。

 

ただ、上記の「台北ナビ」の記事によると

「パスに引き換える窓口は限られており、別の場所に移動した」とある。

行列で大人しく待って、

別のところに移動してなどと言われたらたまったものではない。

DSC00418.jpg 

ところが他の旅行者さんのブログを確認しても、

台北駅で引き換えたなんて話はわんさか出てくるが、

左営駅で引き換えたなんて話はひとつも見つからない。

 

行列はさっぱり進む気配がなく、

僕は相方と友人夫婦を列に残して確認してみることにした。

案内所のようなところでおばさんが座っていたので訪ねてみたら、

彼女はにこやかに笑って

すぐ近くにあった別のカウンターに連れて行ってくれた。

 

ここにはパソコンが置いてあり、

おー、ここで引き換えれるのかと思って僕は予約確認書を見せた。

すると若い男性の駅員は流暢な英語で、

「窓口に行ってください」と言う。

「あの列にならぶの?」とカタコト英語で訪ねたら、

「turn to the left、No14」と聞こえた。

 

そこで言われた通りに改札口方面に進むと、

別の窓口が存在し、ここにも十数人ならんでいたのだが、

唯一誰も並んでいなかったのが14番窓口であった。

DSC00363.jpg 

うーむ、確認して良かった。

 

さてここでパスポートと予約確認書を見せればすぐ発券、とはいかぬ。

窓口のお姉さんはパスポート情報をきちんと入力し、

その情報が記されたステッカーをパスに貼ってようやく完了である。

4人分で10分近くかかったか。

 DSC00403.jpg

僕はこの時どうしても17時18分発の166列車に乗りたかったのだが、

発券を終えたのは17時15分。

改札口でもパスとパスポートを提示。

ホームまでダッシュして、列車に乗るなり扉がしまった。

 

自由席はそこそこ混んでいたが、

2人ずつバラバラに着席することはできた。

本当は指定席をとりたかったが、

時間のせまっている便はとれないようである。

その理由は後に分かった。

DSC00364.jpg 

乗ってしまえば日本の新幹線と何ら変わらず快適である。

ただ、非常に残念なことに車内販売にビールがない。

よくよく車内を見渡してみれば、

みなさん色んなものを食べてはおられるが、

酒を飲んでる方など一人もみかけなかった。

 

そういえば国鉄の車内でも酒を飲んでる方は見たことがない。

たまたまなのか、そういった文化なのか。

郷に入れば郷に従え、ガマン、ガマン、、、、、(涙)

 DSC00390.jpg

さて、この日、台北から左営に帰る前、

翌朝の左営から台北までの指定席を抑えておこうと思い、

台北駅の窓口に並んだ。

終電も間近な時間なのにやはり行列であった。

窓口に達するのに15分ほどかかった。

 

列車名を告げると普通に乗車券らしきものが発券されるのだが、

窓口の青年はこの乗車券の内容を、

手書きでパスに記入、さらに捺印までするもので

やはり時間がかかる。

こりゃ出発直前の座席指定なんて到底ムリであろう(笑)

 

そんなもので

台北駅でもダッシュすることになった。

うう、オジサンには厳しい。。。。

DSC00402.jpg 

さて、翌朝も左営駅へ行った。

パスも手にしているし、指定席も抑えているし気楽である。

この日の予定は台北に行ってMRTで木棚へ、

バスで平渓に行って天燈あげて、九份行って、と

以前と同じコースをたどるつもりでいた。

DSC00416.jpg 

抑えている列車は9時18分発も台北行き118列車。

ホームはガランとしており、

乗客の姿も少ない。

僕らは指定された9号車の席についた。

 DSC00423.jpg

車内は通路をはさんで山側が2列、海側が3列となっており、

台北駅の窓口の青年はちゃんと2列側を前後でとっていてくれた。

そんなもので座席を転換させて行楽気分である。

 

「こんな空いてるなら指定とる必要なんてなかったすね」

僕は友人夫婦に言った。

「まあまあ、おかげで今朝はゆっくりできたしいいじゃないの」と

友人夫婦は言ってくれた。

 DSC00430.jpg

僕は時計を見た。

9時18分。

あれ、出発する気配がない。

 

その時、隣のホームにいた列車が動き始めた。

恐らく僕は相当間抜けな顔になっていたであろう。

その動き始めた列車こそが118列車であった。

 

僕らが乗っていた車両は

9時24分発の1258列車だったのだ。

あまりにも痛恨、かつ初歩的なミス。

 DSC00432.jpg

 

さらに列車が違うということは

僕らが座っている席はよそ様の席ということである。

誰もが無言のまま立ち上がり、

それぞれの荷物を手にした。

 

席を元の向きに戻してから、僕らは自由席へと向かった。 

 

広告