読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北陸徘徊人

福井・石川・富山を中心にゆるーい旅を満喫中

えちぜん鉄道 勝山駅 〜トロトロ卵にグリーンピース3粒のヨロコビ〜

えちぜん鉄道 昼飯

家を出た時点で「何処へ行くか」は

全く決めていなかった。

どっかで昼飯食べて、風呂に入れればそれでいい。

ただ、天気予報では一日「もちそう」だったので、

近場でもいいから電車に乗れればそれでいい。

 

たまには金沢の様子でも見てくるか、

うーむ、片山津の温泉も捨てがたい、

小松の塩焼きそばも捨てがたいし、

今庄の町並みも歩いてみたい。

 

さっぱり考えがまとまらないまに福井駅に着いたら、

何だかやけに騒々しい。

どうやら落雷による信号トラブルやらで、

ダイヤがはちゃめちゃになってるようである。

DSC00855.jpg 

 

大雪が過ぎたら今度は落雷かいな、、、、

 

こんな日はJRに近づかないに限ると思って

「えち鉄」に向かった。

最近三国方面の電車ばかり乗ってるし、

たまには勝山方面にでも行こうと考えたのだが、

よりによって出発したばかりである。

「・・・」

 

ならバスで出かけるかと駅前をウロウロしたが、

どうも食指が動かない。

あまり考えても仕方ないので、

素直に30分待って勝山行きの電車に乗ることにした。

 

今日は幸いなことに1000円の週末フリーきっぷが使える。

 

ホームに上がったら1両編成の電車がほどなくやってきた。

そこそこの客がおりたが乗ったのは数名である。

DSC00860.jpg 

 DSC00862.jpg

何だか寂しいなと思っていたら、

出発間際に続々乗り込んできて、

出発時には立ち客も出る盛況ぶりとなった。

 

地方のローカル線が賑わっているのは

やはり嬉しい光景であったりする。

 

隣のボックスシートには家族4人連れ。

電車が動き出すなり駅弁を広げ始めた。

しげしげ見たわけではないが、

カニ弁にソースカツ丼にとなかなか豪勢である。

 

何せ、いい香りが漂ってくるもんで、

朝からロクにたべてなかった自分の腹がキューッとなった。

DSC00863.jpg 

相席となった女性二人組は、

荷物の大きさ、会話から察するに

恐らくスキージャムのバイトさんであろう。

 

「なー、この電車、添乗員さん乗ってる!」

「なー、ここコンビニあるンかなー」

「空気薄そうやなー」

と、最初は賑やかであったがだんだん不安げな顔になってきた。

 

ダイジョーブですよ、

勝山は街ですよ、

ジャムは遠いですが、

と言いたくなったがやめておいた(笑)

DSC00865.jpg 

電車は勝山駅に着いた。

大半のお客さんは恐竜博物館へ向かうバスを待つようで、

駅前広場から歩き始めたのは僕だけだった。

そして歩き始めたのはいいが、

何処に行くのかまったく決めていない。

DSC00874.jpg 

 

適当にぶらついて、

何かウマイもんでも食えればそれでいい。

 DSC00878.jpg

DSC00879.jpg 

勝山といえばやはり恐竜で、

そもそも何がきっかけであったのだろうかと市のサイトを覗けば

昭和63年(1988)に手取層群の1つ北山町杉山で、1億2千万年前の肉食恐竜の化石等が発券されて依頼、この地域一帯は全国でも貴重な恐竜化石の宝庫としてクローズアップされている。平成12年に福井県立恐竜博物館が開館し、平成18年6月には入館200万人を達成、平成19年には、日本で初めて恐竜の皮膚痕化石が発見され話題となった。

http://www.city.katsuyama.fukui.jp/docs/

 との記述がある。

DSC05945.jpg 

確かに恐竜博物館の集客力は抜群で、

昨年の福井新聞にはこんな記事もあった。

www.fukuishimbun.co.jp

昨年の9月20日など、一日の入館者数が過去最高の2万880人を記録した、

ともある。

 

勝山市の平成27年12月末現在の人口が

市のサイトによると24,485人とあるから、

凄まじいお客さんである。

 

ただ、残念極まりないのは市街地にお客さんが流れてこないことか。

DSC00883.jpg 

DSC00891.jpg 

真冬とはいえ週末、

市街中心部に観光客の姿は皆無といってもよかった。

ここでどうしても思いだしてしまうのが鳥取境港市だ。

勝山は「恐竜」だが境港は「妖怪」だ。

 

境港の場合、

「妖怪街灯」

「かっぱの泉 」

鬼太郎 フェリー 」

「 妖怪 トーテム ポール 」

などなど「ここまでやるか」と言うほどに妖怪一色である。

IMG_3060.jpg 

 

そして、水木しげるロードの観光客数は今や年間300万人を超えているとのこと。

勝山も恐竜博物館にはお客さんがいるけれど、

他の観光地は閑散としているのが実情で、

(勝山大仏なんて個人的には大好きなんだけど・笑)

もうひと押し欲しいところだなとは思う。

 DSC00887.jpg

 DSC00898.jpg

DSC02857.jpg 

DSC02861.jpg

今回勝山の街を歩いてみて、

感心した点は歩道の除雪が行き届いていることか。

小さな街だからできるのかもしれないが、

福井市ももうちょっと歩道の除雪やってくれないかなー(涙)

DSC00906.jpg 

さて、ぼちぼち昼飯にするか。

迷うまでもなく、目の前にあった食堂に入ることにした。

「のむら屋」とある。

DSC00908.jpg

空腹度がピークに達していたもので、

カツ丼とおろしそばのセットを注文。

福井だから「ソースかつ丼」もあるのだが、

この店には「卵」もあるようである。

 DSC00909.jpg

個人的に「ソースカツ」が苦手なもんで(笑)

ここは卵を注文。

しばし待って運ばれてきたお膳の蓋をとって、

むむむ!となった。

 

卵で閉じているのではない、

トロトロの卵が丼を覆っている。

そこにカツの姿はない。

DSC00910.jpg 

卵の上には3粒のグリーンピース

倉本聰氏のドラマ「ライスカレー」を思い起こさせて泣けてくる。

この料理の考案者は恐らく「ライスカレー」を見た世代かもしれぬ。

 DSC00911.jpg

箸を入れればそこに揚げたてアツアツのカツ。

カツと白飯の間には、、、む、

これは刻み海苔か。

 

カツ、海苔、出汁の効いたトロトロ卵の絶妙なるハーモニー♪

セットの「おろしそば」も歯ごたえ、辛味、のどごし申し分なし。

ちゃんと味噌汁がついているのも嬉しい。

 

すっかり満腹になり外へ出ると青空が広がっていた。

恐竜博物館を訪れた方の1割でいいから、

どうぞ勝山の街なかにも足を運んでもらえますように!!

DSC00912.jpg 

広告