読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北陸徘徊人

福井・石川・富山を中心にゆるーい旅を満喫中

あいの風とやま鉄道・高岡駅 〜ファミリーレストラン堀井の唐揚げ定食〜

富山 北陸おでかけパス 昼飯

先週の水曜日だったか、

相方が「土曜日は出かけてくるし」なんて言うもんで、

なら自分もどっか行くかと思って「北陸おでかけパス」を買うことに。

 

この北陸おでかけパス、

残念ながら発売が利用日の3日前に限られることや、

購入時点で日付指定もしなきゃいけないもんで、

僕みたいに天気や気分で出かける人間には

まったくもって不向きなきっぷである。

 

そんなものでなかなか利用する機会に恵まれないのだが、

せっかくなので一応買っておいた。

 

気がかりだったのは天気。

週間予報を見ていると週末の予報はずっと悪いままだった。

別に雨や雪が降るなら電車にだけ乗っていればいいのだが、

最近のJRは雪や風で本当によく止まる。

 

安全上仕方ないのかもしれないが、

何だかなー、という思いはある。

 

そんなこんなで迎えた土曜日の朝。

福井は曇り空であったが幸いにも雨は降っていない。

さて、何処へ行くべかと駅で路線図を眺めつつぼんやり考え、

金沢方面、のホームへ上がった。

 

f:id:fukuitabi:20160222120616j:plain

7時45分、金沢行きの特急ダイナスター5号が出発。

後を追うようにして7時48分、

金沢行きの普通電車は出発した。

 

金沢であいの風とやま鉄道の泊行き普通電車に乗り継いで、

高岡駅に着いたのは定刻の10時04分だった。

富山まで行かなかったのは帰る気力を失いそうだったからだ(笑)

 

f:id:fukuitabi:20160222120646j:plain

 

改札を出たところで、

偶然にも懐かしい顔をお見かけした。

山小屋時代の常連さん、

僕に酒の味を教えてくれた人物とも言える。

何となく目があって、お互いに「おお!」となった。

 

この時もまさに「山」から帰ってきたばかりとのこと。

70過ぎてる筈なのに元気そうで何よりだ。

「また山で飲まんまいか」としばし立ち話をして別れた。

f:id:fukuitabi:20160222120911j:plain

 

駅前から末広町方面に向かう。

お婆ちゃんが開店前の店の扉を強引に開けようとしている。

そして僕の顔を見て、困ったように

「なあ、兄ちゃん、この店何時に開くが」と言う。

 

特に営業時間は書いておらず、

「お昼には開くんじゃないですか」

と言ってみたのだが、

「今何時なが」と問われ、

「10時過ぎです」と答えたら

「そっかあ、ほら、ここにコーヒー200円って書いてある。飲みたかった」

と言い残して裏路地に消えていった。

 

駅から一直線に伸びる通りは、

ちょうどこの時走ってきた万葉線の車両が

加越能時代からの古い電車だったこともあるけれど、

20年前、高岡に住んでいたころとほとんど変わらぬ光景に思えた。

f:id:fukuitabi:20160222120943j:plain

よく「昔は賑わっていた」なんて話をどこの街でも耳にするが、

高岡のこの通りに関しては20年前も賑わっていた記憶がない。

ちょうど駅南にサティができた頃だったから、

それ以前は賑わっていたのかもしれないけれど。

f:id:fukuitabi:20160222121101j:plain

f:id:fukuitabi:20160222121129j:plain

片原町で商店街の屋根は途切れるが

そのまま直進。

川を渡った先に、

ようやく人で賑わっている一画があった。

f:id:fukuitabi:20160222121438j:plain

格子造りの家並みで知られる「金屋町」だ。

富山観光ナビには以下のように記されている。

高岡でも最も古い町で、1609年、加賀藩主前田利長が開町まもない城下町高岡の繁栄策として、鋳物造りを奨励したことから、高岡鋳物発祥の地である金屋町は大いに栄えました。今も格子造りの家々が軒を並べ、この昔懐かしい雰囲気の風情あるまち並みは、映画やテレビの舞台としても登場しています。およそ 500mにわたって続く石畳の道と格子造りの古い家並みが見事に調和し、一帯は明治・大正時代を彷彿させ、今でも美しいたたずまいを見せています。 2012年に国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されました。

金屋町(格子造りの家並み)|観光スポット|とやま観光ナビ

f:id:fukuitabi:20160222121530j:plain

f:id:fukuitabi:20160222121553j:plain

多くの人で賑わっている、

なんて思ったのはつかの間だった。

たまたま1台観光バスが来ていただけなのだ。

そんなもので団体さんが姿を消すと、

あっというまに静寂が訪れた。

f:id:fukuitabi:20160222121640j:plain

金屋町で進路をかえ、静かな住宅街をてくてく歩く。

空はいつ泣き出してもおかしくない、

ようなどんよりした雲が覆っていて、

時折冷たいものもポツポツ落ちてくるが傘をさす程ではない。

f:id:fukuitabi:20160222121907j:plain

f:id:fukuitabi:20160222121926j:plain

さて、ぼちぼち腹が減ってきた。

いつもなら適当にそのあたりの店に入るのだが、

今回はあえて内免町にある「堀井」という店を目指している。

富山にいた頃、色んなブロガーさんの食べ歩きを拝見して出歩いていたけれど、

結局行く機会に恵まれなかったお店である。

f:id:fukuitabi:20160222122031j:plain

住宅街の中にポツリとあったが

特に迷うこともなく到着。

外観からして好きな感じ(笑)

店内はカウンターが6席に小上がりが2つの小さな店。

 

11時を過ぎたところで先客は1人。

メニューを眺めればうどんからオムライスから何でもあるし、

牛ホルモン定食なんていうのにも心惹かれたが、

名物であるらしい「唐揚げ定食」900円を注文。

 

カウンターの中にはご主人と女性が2人。

先客1人の割に随分忙しそうなのは出前の注文をこなしているようで、

ストーブの上に「おかもち」が積んであった。

 

隣の先客にオムライスが運ばれてきた。

昔ながらの正統派。

主人は鶏肉に下味と衣をつけてフライヤーに投入。

その間も休む暇なく隣のコンロでフライパンを振り続け、

焼きそばやら野菜炒めやらが仕上がっていく。

どれもこれも美味そうでよだれが出そうになる。

 

ほどなくして唐揚げ定食が登場。

笑えるくらいに一つ一つが巨大、

かつてんこ盛りである。

さらにご飯も山盛り、そえられたタクアンもまた分厚い。

一瞬たじろいたが実食。

f:id:fukuitabi:20160222122159j:plain

 

外はカリッと、そして味は強烈なほどにニンニクが効いている。

ニンニク好きにはたまらない、

パワーに満ち溢れた唐揚げだ。

張り紙によるとニンニク抜きも出来るそうな。

ちなみに唐揚げの下にはポテサラまで鎮座していた。

f:id:fukuitabi:20160222122320j:plain

 

食している間にも次々にお客さんは現れるし、

それでも出前の品は次々出来上がっていくし、

主人の動きを眺めているだけで楽しめる店である。

 

目立たぬ場所にあるのにこれだけ流行っているのは

主人がちゃんと手作りしている様子が見えることの

「安心感」ではないかと思った。

 

肉を切って野菜を刻んでフライパンで炒めて、

肉に下味をつけて衣をつけて、

そんな当たり前のことを当たり前にやっている。

 

カウンターの客からは全てが丸見えであるから、

そこには一切のごまかしもきかない。

僕も毎日飯を作っているが、

相方にも見せたくない部分は少なからずあるものだ(笑)

 

流行ってる店なんてあたりまえのことをやってるだけなんだよなー、

と、改めて感じたりもした。

 

また、色んな料理を作っている様子を眺めれば、

次はあれを食べてみよう、なんて考えにもなる。

そりゃ流行る訳だ(笑)

 

tabelog.com

 

しっかしまあ、40すぎのオッサンにはやはり量が多すぎた。

20代、いや、30代前半までならペロリといけたと思う。

若くはないと自覚はしているが、

何だかせつなくなったりもした。

ごちそうさまでした。

さ、雨が降る前に駅へ向かおう。

 

勘定をすませて

外へ出ると冷たい雨がフツーに降っていた。

そして近くにあるバス停から

ちょうどバスが出発していった。

「・・・」

 

広告