北陸徘徊人

福井・石川・富山を中心にゆるーい旅を満喫中

電車に乗って福井の市場に朝飯を食べに行く 〜あらや食堂の牛すじ丼〜

どうも最近体調がよろしくない。

その要因は果たして何か、

単に酒の飲み過ぎか、

などと色々考えてはみたけれど、

酒の減り具合を確認してもたいして飲んでいるとは思えない。

 

体調が悪くてもとりあえず腹は減る。

そんなもので電車に乗って朝飯を食べに行くことにした。

 

f:id:fukuitabi:20160607091441j:plain

 

朝の福井駅は多くの学生や社会人で賑わっていた。

えちぜん鉄道の窓口で越前新保駅までのきっぷを購入。

勝山行きの2両編成の電車には、

適度に席がうまる程度のお客さんが乗っていた。

 

ほどなく電車は出発。

電車に揺られているだけで、

何だか身もココロも解き放たれていくような、

そんな気がする。

 

電車は国道8号線をアンダークロスして、

越前新保の駅に着いた。

思ったより多くの学生達が降りる。

近くに農林高校があるそうな。

 

f:id:fukuitabi:20160607091522j:plain

f:id:fukuitabi:20160607091608j:plain

 

そんな学生さんが向かう方角とは反対側へ向かう。

目指すは福井市中央卸売市場。

市場など一般人は当然立ち入れないのだけど、

福井の中央卸売市場は1年半ほど前だったか、

一部を「ふくい鮮いちば」として一般開放するようになった。

 

www.fukui-market.jp

8号線を車で走っているといつも看板は見かけていたし、

一度は寄ってみたいと思っていたのだが、

基本的に日曜と水曜日が定休日、

かつ営業時間も8時30分から14時30分とのことで、

なかなか行く機会に恵まれなかった。

 

f:id:fukuitabi:20160607091645j:plain

f:id:fukuitabi:20160607091710j:plain

 

越前新保の駅から15分ほど歩けば、

8号線沿いにある福井市中央卸売市場の前には来た。

しかし、8号線側からは入れないようだ。

 

ろくすっぽ下調べもせず、

適当に歩いたもので、

結局広大な市場の外周をほぼ一周することに(涙)

 

f:id:fukuitabi:20160607091759j:plain

 

僕は中央市場東なんていう交差点から入ったのだが、

手前の新保の交差点から入ればすぐだったようだ。

警備員さんに尋ねつつ、無事に到着。

 

f:id:fukuitabi:20160607091849j:plain

 

足を踏み入れた瞬間に思わず、

「おお」と声が出そうになった。

手前に何軒か古びた食堂が並んでいる。

この様子を見ただけで、来てよかったと思った。

 

f:id:fukuitabi:20160607091921j:plain

 

一番手前にあった店の扉は開け放たれており、

中で多くの方々が食事をとっている姿が見えた。

こちらの「たにや」さんだと、

うどんは340円、ラーメンは470円など格安だ。

 

せっかくなのでぶらりと回る。

ふくい鮮いちばとして開放されているのは

本当にごくごく一部のようで、

残念ながら閉じてる店も多いのだが、

普段は入ることのない「市場」の空気をほんの少しだけ、

感じることができる。

 

f:id:fukuitabi:20160607092214j:plain


 

さて、朝飯はどの店にしようか。

 

観光客向けの小綺麗な店もあるけれど、

せっかくなので昔からやっていそうな「あらや」さんにお邪魔する。

店内にはおじさんが1人。

そのおじさんが立ち上がり、

「何にする?」といきなり尋ねてきた。

 

f:id:fukuitabi:20160607092245j:plain

 

パッとメニューに目をやれば、

うどんや中華そばなど500円程度で食せそうなメニューが並んでいたが、

そんな中でも気になったのが牛すじ丼(650円)と、

牛すじうどん(600円)である。

 

これがもしかしたら名物なのかな、

そんな気がしたもので「牛すじ丼」を注文した。

するとお茶をだしてくれたおじさんは、

何故か店の外へ。

「・・・?」

 

店内はレトロというか、

昭和というか、

間違いなくデートには不向き、としか言いようがない。

(後でカップルが入ってきたけど・笑)

 

f:id:fukuitabi:20160607092309j:plain

 

ほどなくしておじさんと一緒に奥さんらしき方がやってきた。

奥さんは大きな袋を掲げたまま厨房へ。

しばらくしたら作業着姿のおじさんがやって来た。

「母ちゃん、朝飯ちょうだい」

 

メニューには載っていないが、

「朝飯」なんてのもあるのかな?

 

奥さんが厨房に入ってからはたいして待つこともなく、

牛すじ丼が運ばれてきた。

丼一面を覆い尽くす牛すじと、

ネギの緑が美しい。

 

f:id:fukuitabi:20160607092405j:plain

 

おしんこと生卵もついてきた。

「卵かけて食べてな」

奥さんが言う。

続けて「味噌汁」

 

その時作業着姿の若者がやってきた。

奥さんは「そばでええか」と若者に言う。

「うん」と若者は応える。

 

とりあえず卵をかけずに「すじ」を頬張る。

甘辛く、しっかり煮こまれたスジは、

何とも柔らかい。

これに生卵を投入すれば、

ほお、何ともまろやかな味わいに。

 

これ、マジで冷酒飲みたくなるな(笑)

 

味噌汁をすすれば豆腐がたっぷり、

かつ「超」熱い。

 

僕は普段弁当持ちだし、

そんなたびたび外食をしてる訳ではないけれど、

ここまで外食で「熱い」味噌汁なんて初めて食したような気がする。

 

眠気がぶっ飛びそう、そこまで考えて、

あ、ここは市場か、そんな単純なことに気づく。

 

僕ら一般人がこのエリアに立ち入ることができるのは、

8時30分からなんだけど、

手前の店のホワイトボードには

営業時間が3時30分からになっていた。

 

自分も長らく朝が早い仕事をやってきたこともあるけど、

アサイチの寝ぼけた頭を覚ますのは、

コーヒーとかじゃなくて、

アツアツの味噌汁だよなーと思う。

 

そして、

こんなお店が福井の駅前にあればなーと思う。

福井の駅前で朝から「飯」を食べることができるのは、

正直言って「なか卯」くらいしか思いつかないのだよな。

たびたび世話になってるけど(笑)

 

作業着のおじさんのもとには

「朝飯」が運ばれてきた。

ちらっと見た感じでは、

厚焼きと御飯と味噌汁。

卵がでかくて美味そうである。

 

朝からボリュームたっぷりの牛すじ丼を堪能。

ごちそうさまでした。

 

f:id:fukuitabi:20160607092453j:plain

 

朝飯を終えてからエルパに向かう。

ちなみに、

この周辺が北陸新幹線の建設予定地になっていて、

道路も高架橋の建設を前提とした造りになっている。

 

エルパに到着。

ピンクのバス停にピンクのバスと随分派手である。

そういや高速バスもピンクの車両が走ってる。

福井はピンクが好きなのかな?(笑)

 

f:id:fukuitabi:20160607092836j:plain

f:id:fukuitabi:20160607093013j:plain

 

まっすぐ乗っていけば福井駅まで200円で帰れるが、

もう少しテツ分を補給したかったもので田原町で下車した。

運賃は割引券の利用で100円。

但し、エルパから田原町までは100円だけど、

田原町からエルパは200円だそうな。(ややこしい・笑)

 

f:id:fukuitabi:20160607093048j:plain

 

せっかくだから福井鉄道の売上にも協力してあげたかったけど、

田原町〜福井はえちぜん鉄道の方が

長く乗れて得した気分になるのよな。

 

f:id:fukuitabi:20160607093127j:plain

 

福井行きの1両編成の電車は、

中途半端な時間であるにも関わらず、

ロングシートにびっちりお客さんが座っていた。

いつもながら非常に嬉しくなるような光景だ。

 

そして、この鉄道が存続してくれて本当によかったと思う。

 

f:id:fukuitabi:20160607093159j:plain

 

京福電鉄が2度目の衝突事故を起こして全面運休になった際、

代替バスの運行が始まったのだけれど、

特に朝の通勤・通学の時間帯においてはバスは定刻に走れず、

学生たちは遅刻が続出している、

そんな記事を福井新聞の縮刷版で見かけた。

 

三国方面の方はJR芦原温泉駅に出て福井へ向かったようであるが、

その駅に向かうバスにすら乗り切れない、

なんてこともあったらしい。

 

見方を変えれば、

事故で全面運休になったからこそ、

地元の方々は「鉄道」の必要性を痛感できたのかもしれない。

 

f:id:fukuitabi:20160607093342j:plain

 

福井の街は大空襲、その後の大震災、さらに大水害を乗り越えてきたもので、

よく「不死鳥」=フェニックスに例えられる。

それを思えばこのえちぜん鉄道なんかもまさに

フェニックスであるよな、と思う。

 

アテンダントさんはひとりひとりに「ありがとうございました」と

あいさつしながら車内をまわり、

電車は福井駅に到着した。

福井市内をぐるり一周した約2時間ちょいのぶらり旅も終了。

 

f:id:fukuitabi:20160607093430j:plain

 

電車を降りて気づいたのは

それまでの体調不良というか、

どんよりとした気分が嘘みたくスッキリしていたことである。

 

冷静に考えれば二週間ばかり電車に乗っていなかったのだ。

体調不良の要因は単に「テツ分」が不足していただけだったらしい。

 

広告