北陸徘徊人

福井・石川・富山を中心にゆるーい旅を満喫中

プロ野球・BCリーグ観戦と石田屋のおでん

家からぶらぶら歩いて福井駅に到着したのは11時すぎ。

この日の天気予報はくもり時々雨。

でも、朝の天気予報では

「洗濯物は乾くでしょう」

なんて言ってたし、

ヤフーの天気予報もこんな↓だったから、

僕は傘ももたずに出てきた。

 

f:id:fukuitabi:20160705071601j:plain

 

ところがハピリンやプリズムをうろうろしていると、

にわかに空が暗くなり、

突如として土砂降りの雨に。

 

f:id:fukuitabi:20160705071834j:plain

 

何だかなー、てな気になる。

だいたい、

この日の僕の予定は連れと「野球」を見に行くのだ。

 

僕は空を見上げた。

雨は一向にやむ気配を見せない。

 

ただ、僕なんかはまだいい。

今回一緒に野球を見にいく連れは、

わざわざ野球をみるために富山からやって来るのだ。

 

11時半すぎ、

改札口に現れた連れは

「いつもは車で来るけど、福井まで高速で来て、中止になって帰ったことなんて何回もある」

と気にする様子もない。

 

f:id:fukuitabi:20160705073023j:plain

 

「中止という連絡は入っていない」とのことで、

バスに乗って福井県営球場へ向かう。

 

球場の近くには、

以前から訪ねてみたかった食堂がある。

野球の開始時刻は13時であるし、

ちょうどいい。

 

バスを降りたころには雨もやんでいた。

そして目指した食堂は、

何故か閉まっていた。

「・・・」

 

f:id:fukuitabi:20160705073615j:plain

 

仕方なく、渕町の交差点まで歩き、

角にあるお好み焼き屋さんに入ってビールで乾杯する。

平日の昼間から、

一緒に飲める連れがいるのは本当にありがたく、

かつ嬉しい。

 

f:id:fukuitabi:20160705094634j:plain

 

福井には「福井ミラクルエレファンツ」という、

プロ野球独立リーグの球団がある。

 

僕は以前から試合を見てみたい、

と考えていたけれど、

なかなか行く機会がなかった。

 

そんな矢先、

今回の連れから連絡があり、

「一緒に見に行かないか」なんて言う。

サンダーバーズ(富山のチーム)と福井の試合か」

と尋ねたら、

「福島と福井だ」

なんて言う。

 

要するに彼は野球ファンであり、

サンダーバーズの熱心なファンでもあるのだが、

何よりBCリーグそのものを愛している訳である。

 

休みと日程があえば、

新潟や福島まで足を運ぶことも多々あるとのこと。

 

昼間っから生ビールを2杯飲んで店を出たら、

また雨が降り始めた。

酔っぱらいのオッサン2人は球場へ駆け込む。

 

f:id:fukuitabi:20160705094726j:plain

 

それにしても球場なんて久しぶりだ。

前に行ったのは5年前だったか。

 

f:id:fukuitabi:20160705094744j:plain

 

僕はからっきし運動が苦手な人間であるけど、

スポーツを観戦するのは好きで、

以前は高校野球にしろ、

プロ野球にしろ、

ボクシングにしろ、

シュートボクシングにしろ、

キックボクシングにしろ、

プロレスにしろ、

(野球と格闘技ばかりですな・笑)

以前は各地の球場や、

後楽園ホールなんかにも足を伸ばしていた。

 

しかしながらある日、はたと気づいた。

 

僕がわざわざ往復の交通費を使い、

チケット買って、

場合によっては宿泊を伴い、

そこまでして応援する選手なりチームは

100%負けるのである。

 

生まれて初めて野球観戦に行ったのは

確か小学校5年生、夏の甲子園だったけど、

僕が応援していた学校は、

桑田投手、清原選手を擁するPL学園にボロ負けした。

 

「今年の阪神タイガースは絶好調だ」

と甲子園にわざわざ行けばボロ負けする。

 

防衛を重ねていたボクシング王者の試合を見に行けば、

KO負けする。

 

シュートボクシングも、

キックボクシングも、

応援してる選手が「まさか」の判定負けであったりする。

 

BCリーグも、

僕が富山にいた頃、

通ってたジムにはサンダーバーズの選手の方がトレーニングをしており、

せっかくだし一度見に行こうと思って行ったら

やっぱり負けた。

 

僕は絶対に現地観戦をしてはならぬ、と心に決めた。

 

今回の対戦に関しては、

福島の球団にしても福井の球団にしても、

特に思い入れがある訳でもない。

 

どんな選手がいるのかも知らない。

色んな意味で気楽である。

要するに、野球を現地で観戦できればそれでいい。

 

f:id:fukuitabi:20160705094927j:plain

 

本来は13時プレイボールであったものが、

雨でグラウンドが濡れたこともあり、

試合が始まったのは14時25分。

 

f:id:fukuitabi:20160705094957j:plain

 

驚いたのは福島の先発投手が

以前に大リーグでも活躍した大家友和投手であったことだ。

さらに福島の監督はヤクルト、大リーグ、楽天で活躍した

岩村明憲氏であるという。

 

さらに佐藤貴規外野手って、

あの甲子園を沸かせた現・ヤクルト、佐藤由規投手の弟で、

実際にヤクルトでもプレーされていた方ではないか。

 

こんな方々のさい配なり、

プレーを生で見れるなんて、

これだけでも来た甲斐があったと思った。

 

f:id:fukuitabi:20160705095044j:plain

 

ところが4回表が終了した時点で雨がひとくなり、

試合が中断。

 

f:id:fukuitabi:20160705095133j:plain

 

しばらくすると雨もやみ、

選手、スタッフみんなでグラウンドの整備をし、

さあ、試合再開だ!

となった瞬間に土砂降りの雨。

 

f:id:fukuitabi:20160705095206j:plain

 

しばらくすると主審がグラウンドにあらわれて、

試合の中止を告げた。

そして、球場を後にする頃、

雨はやんだ。

 

f:id:fukuitabi:20160705095237j:plain

 

今回の富山の連れは「テツ仲間」でもある。

それこそ北海道から九州まで、

ただひたすら鉄道に乗りまくった。

 

そんな彼が「フェニックス田原町ライン」に乗りたい、

と来る前から言っていた。

「まだFukuramもKi-boも乗っていないし」

とのこと。

 

当初は試合開始時刻が13時であったもので、

楽勝であると思っていた。

バスで移動してベル前なり赤十字前から

フェニックス田原町ラインの電車に乗れば、

鉄道線〜軌道線、そして乗り入れという、

福井の鉄道の魅力を存分に楽しんでもらえる。

 

ところが最終的に試合が中止になったのは16時、

熱心なBCリーグファンである連れは

顔見知りも多く、

いろんな方に挨拶をして球場をでたのは16時30分をまわっていた。

 

こうなると

市役所前を16時51分に出る電車にも間に合わない。

だからといってその後は17時51分で

間が開きすぎる。

 

はて、どうするかとしばし悩み、

えちぜん鉄道福大前西福井に行き、

フェニックス田原町ラインの電車で市役所前へ、

さらに乗り継いで福井駅前へという、

いつもと逆のルートをたどることにした。

 

f:id:fukuitabi:20160705095640j:plain

f:id:fukuitabi:20160705095702j:plain

 

えちぜん鉄道の電車に乗って西福井福大前へ。

雨上がりの駅前周辺をぶらりとまわり、

駅に戻って

窓口で福井駅までの連絡乗車券を購入。

 

17時50分、

福井方面のホームには多くの学生の姿があったが、

電車が出発していくと、

ホームには僕と連れの2人、

男子高校生が1人だけ取り残された。

 

と、いうことは彼がフェニックス田原町ラインを有効活用している、

貴重な乗客の1人といえる。

何だか寂しいなあ、なんて思っていたら、

その後ちらほらと乗客が現れて、

最終的には低床ホームには10人前後の方がいた。

 

正直言って、

嬉しい意味で予想が外れた。

対数は少ないかもしれないけれど、

福井に生まれた新たなるルートを、

ちゃんと日常的に利用している方が存在するということだ。

これは何より喜ばしいできごとであった。

 

そして入線してきたのは、

Fukuramでもなく、KI-boでもなく、

770形だった。

「・・・」

 

f:id:fukuitabi:20160705095806j:plain

 

駅前の居酒屋、「石田屋」さんに入ってビールで乾杯。

 

こちらのお店、

以前にランチで伺ったときも感じたが、

ご主人の人柄がにじみ出たような、

何とも居心地のいい店である。

 

カウンターに座ったもんで、

店員さんのやりとりや動きを見ていたが、

若い店員さんに指導するご主人の動作が非情にいい。

 

トマトの切り方ひとつにしても、

まずは店員さんにやらせてみる。

そこで「僕ならこうする」と手直しする。

若い店員さんも「あー、なるほど」てな具合で頷いている。

 

f:id:fukuitabi:20160705095850j:plain

 

厚揚げの切り方、

キュウリの切り方、

盛り付け方、

まずはやらせてみてから手直しをする。

 

日頃から料理をやってる自分にしても、

参考になることが多々あった。

そして、

何とも居心地のいい空間で、

ついつい飲み過ぎたのはいつものこと。

 

f:id:fukuitabi:20160705095922j:plain

 

実に味わい深いおでんを頂きつつ、

「前は揚げ物ばっかり食えたけど、この年になるとこういうのがいいな」

そんなことを言い出した連れに

激しく同意。

 

石田屋さんでは

シメに「おでんのつゆ」を出していただける。

これが何ともオツでほっこりする。

ごちそうさまでした。

 

f:id:fukuitabi:20160705100208j:plain

 

店を出ることには再び土砂降りの雨に。

 

改札口まで連れを見送る。

「野球は中止になるし、Fukuramにも乗れないし」

連れが苦笑いを浮かべる。

「また福井に来いってことだ」

「まあ、そうゆうことか」

 

駅を出ると雨はやんでいた。

 

結局何ら目的を達成できなかった一日というのも、

ある意味僕達らしいよなと、

ついつい笑いそうになったが、

最終的に僕がスポーツを現地観戦するとろくなことがない、

そんな現実に気づいて背筋が寒くなった。

 

広告