北陸徘徊人

福井・石川・富山を中心にゆるーい旅を満喫中

えちぜん鉄道・西別院駅ー田原町駅 〜どこまでも昭和なときや食堂〜

福井駅前に着いたのは12時20分すぎだった。

とりあえず昼飯を食べに行こうと思う。

今日は福井市でも色々と店が立ち並ぶ

二の宮と呼ばれるあたりに向かうことだけは決めてあった。

 

f:id:fukuitabi:20161001080502j:plain

 

最寄り駅はえちぜん鉄道のまつもと町屋駅西別院駅田原町駅で、

どこから歩いても大差なさそうであったが、

西別院駅はまだ乗降したことがなかったもので、

窓口で西別院駅までのきっぷを買った。

 

三国港行きの電車に乗ってもなお、

目指す店を決められずにいた。

候補は2店舗。

ひとつは福井の方に評判のいい「とんかつ屋」さん。

 

先週、連れが「今日はとんかつな気分だ」などと言いだし、

「おー、それはいい、俺もとんかつな気分だ」と行ったら

中途半端な時間で中休みの時間だった。

なら別の店に行くのかと思ったら、

「やっぱ今日は焼肉の気分だ」と言い出して、

結局焼肉に変更になっていた。

 

それからずっと、脳裏に「とんかつ」がぐるぐるとまわっていた。

そんなもので今日は「とんかつ」を食べに行くつもりだったのだが、

このお店の近所に、以前徘徊した時にみつけていた、

何とも哀愁漂う食堂があるのだった。

 

その食堂の向かいには「天下一品」という、

僕が若かりし頃から愛してやまないラーメン屋があり、

富山にはなかったもんで(今はある)、

福井に来た時にはたびたび訪れていたにも関わらず、

先日までその存在に気づかなかった食堂であった。

 

そんなもので朝から気分は「とんかつ」だったにも関わらず、

何ともその食堂にも行きたい思いで揺れているのだった。

 

f:id:fukuitabi:20161001080532j:plain

 

西別院駅で下車。

こういった住宅街の真ん中にある、

行き違いのできる駅って何だか心惹かれるのよな(笑)

 

f:id:fukuitabi:20161001080605j:plain

f:id:fukuitabi:20161001080625j:plain

 

二の宮地区を目指して歩く。

何だかんだでもうすぐ10月。

半袖だと心なしか肌寒い。

 途中に分岐点。しばし悩んで食堂に向かうことにした。

もし休みならとんかつにしよう。

f:id:fukuitabi:20161001080649j:plain

f:id:fukuitabi:20161001080739j:plain

f:id:fukuitabi:20161001080718j:plain

 

大宮の交差点を巨大な歩道橋で渡る。

今現在、福井には「イオン」が存在しないのだが、

現在「ゲンキー」というドラッグストアがある場所に、

かつてはジャスコがキーテナントになっていた「ピア」という

ショッピングセンターがあったとのこと。

 

閉店時にはかなりうだうだしていたことは、

当時の福井新聞をたどれば何となく分かるし、

そりゃ、今、イオンが来ないのも納得しちゃうけど(笑)

それもまた福井っぽいよなー、とも思う。

 

f:id:fukuitabi:20161001080810j:plain

 

ときや食堂さんは、

そんなかつてのショッピングセンターがあった目と鼻の先、

天下一品の向かい、

8番ラーメンの真横にあった。

 

店内はこじんまりとしており、

たくさんの「おかもち」が並んでいる、

というより雑然と積み上げられていた。

 

僕が知ってる「昭和」なんて、

せいぜい中学生の頃までだけど、

けど、間違いなく「ときや食堂」さんは、

僕の記憶にある「昭和」そのものだった。

 

「平成」を感じるのは小さな液晶テレビだけだ。

 

白衣を着たおんちゃんに、

ラーメンと焼き飯のセットを注文。

奥さんらしき方が「暑くないか」と扇風機をまわしてくれる。

 

f:id:fukuitabi:20161001080848j:plain

 

以前、武生の森林食堂さんに伺った時は、

「親戚のおばちゃんとこに来たみたい」と思ったが、

ときや食堂さんはまさに「じいちゃん家」てな感じか。

 

 ほどなくしてラーメンと焼き飯のセットが登場。

「見た目」も何だか昭和、そのもののような気がする。

 

f:id:fukuitabi:20161001081050j:plain

ラーメンは「あっさり」ではなく、

醤油と胡椒がわりとガツッと効いている。

最近、中華そば名乗るものを食する機会が多かったから、

ラーメンといえば、これぞラーメンって感じ。

 

焼き飯は今時のパラリと仕上がった「チャーハン」ではなく、

これぞ「焼き飯」だよなてな感じの王道を行ってる感じ。

ハムや卵といった具材がたっぷり入っているのも嬉しい。

何なんだろ、この懐かしさ。

 

勘定をお願いすると、

奥さんが「お冷や、もうよろしいでしょうか」と言い、

厨房から出てきた旦那さんも同じことを言ってくれた。

ごちそうさまでした。

 

f:id:fukuitabi:20161001085102j:plain

帰路は田原町駅を目指した。

フェニクス田原町ラインが開業した頃は

たびたび乗降していた駅ではあったが、

最近はすっかりご無沙汰している。

 

f:id:fukuitabi:20161001092011j:plain

 

福井鉄道のホームには緑のFUKURAMが停まっていた。

そんなもので帰路は福井鉄道で(笑)

 

ちょうどえちぜん鉄道のホームに電車が到着。

幼い男の子を連れた母親が降りてくる。

FUKURAMを見て喜ぶ子供に、

「良かったなあ、かっこいい奴が停まってて」と、

えち鉄の若い駅員が笑っている。

 

f:id:fukuitabi:20161001092037j:plain

 

久しぶりの福鉄電車だったし、

帰ったところで別に誰もいないもので

福井駅を通り過ぎで結局足羽山公園口まで乗ってしまった。

20分以上乗っているのに運賃は160円のまま。

 

f:id:fukuitabi:20161001092100j:plain

 

すっかり福井のお気に入りスポットと化している

毛谷黒龍神社神社をお参り。

はて、お酒も最近休んでるし、

今日は何をお願いするべか。

 

f:id:fukuitabi:20161001092125j:plain

 

ここ「くろたつさん」にお参りするようになってから、

という訳でもないのだろうけど、

ここ数年のことを思い出してみれば、

格段に「いいこと」があったとも思えぬが、

「悪いこと」も特になかったような気がする。

 

何だかんだで数年前までは、

身体のあちこちに支障をきたし、

マッサージや接骨院、病院に四六時中通っていた。

休みなんて上記3つのほぼいずれかに行っていたと思う。

 

今現在、完全に病院がご無沙汰という訳でもないが、

日々健康で過ごせるというのは何ともありがたいことだな、

とは改めて感じる点だ。

これも「くろたつさん」効果だと勝手に思っている。

 

f:id:fukuitabi:20161001092153j:plain

 

さ、あと願うべきは、

煩悩の塊みたいなことを願ってしまったので、

ここでは改めて書けない(汗)

 

僕はぶらぶら歩いて福井駅に戻った。

 

f:id:fukuitabi:20161001092306j:plain

広告