読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北陸徘徊人

福井・石川・富山を中心にゆるーい旅を満喫中

JR北陸本線・細呂木駅ー牛ノ谷駅94分間徘徊 〜丸太食堂のホルモン定食〜

f:id:fukuitabi:20161021081336j:plain

 

午前8時35分。

JR福井駅、金沢方面のホームには想像以上に多くのお客さんがいた。

これから乗車するのは8時41分発の金沢行きであるが、

まだホームに車両の姿はない。

 

8時37分、3番線に敦賀からの普通列車が到着したが、

金沢行きはまだ姿を見せず、

ようやく入線してきたのが8時40分。

ホームにいた乗客がどっと乗り込む。

 

金沢行の普通電車は田園地帯を淡々と走り、

9時01分に細呂木駅に着いた。

 

f:id:fukuitabi:20161021081409j:plain

 

4両編成の電車から下車したのは僕一人。

電車が出発していくと、

静寂が山間の小さな駅を包み込む。

 

f:id:fukuitabi:20161021081436j:plain

 

僕は腕時計を確認して細呂木駅から歩き始める。

イムリミットは10時35分。

この時刻が何かと言えば、

隣の牛ノ谷駅を福井行きの電車が出発する時間だ。

 

f:id:fukuitabi:20161021081531j:plain

 

この94分の間に、それなりの距離を歩いて、

朝飯を食べ、福井に帰るつもりでいる。

あまりゆっくりはできない。

 

ふだんから気にはなっているが、

なかなか入る機会に恵まれない、

そんな飲食店は多々ある。

 

今回、行こうと考えた店も、

福井から国道8号線を金沢方面に向かうと、

県境の手前あたりの右手にポツリとあるのだが、

だいたいでかける時なんて朝飯食べてるし、

帰路となると何処かで食べてきている、

そんなこともあって気になるけど行けない、

そんな店の代表格、と言えた。

 

むろん、その店を「目的地」とすればいいのだろうが、

基本的に僕が好む類の店は、

何故か相方に嫌われる(涙)

 

いろんな意味で人生で損をしているような気もするが、

余計なことは言わない。

僕だって相方が好む小洒落た店は基本的に具合が悪くなる。

 

f:id:fukuitabi:20161021081651j:plain

 

さて、普段から気になる飲食店を見つけては、

ちょくちょく出かけているけれど、

電車の本数という制約がある以上、

今回は入念な計画が必要だった。

 

グーグルマップで調べてみると、

細呂木駅から目的の店までは3.5キロ、43分。

目的の店から牛ノ谷駅までは1.4キロ、18分とのこと。

 

牛ノ谷駅から歩いた方が当然近いのだが、

単に往復するのが嫌だっただけで、

特に深い意味はない。

 

そのお店については他の方のブログなどを拝見している限り、

9時オープンで日曜定休である、らしい。

今回はその店に朝食を頂きにいくつもりである。

ただ、黙々と歩く。

 

それにしても10月も後半に差し掛かったというのに、

この妙な暖かさは何なんだろう。

 

僕は9月には氷が張って、10月には雪が降る、

そんなところで長らく生活していたもので、

10月が暖かいというだけで、

嬉しいような、調子が狂いそうになる。

 

パーカーを脱いでTシャツ1枚になってただひたすら歩いた。

 

山肌は確実に色づき始めているし、

稲刈りもとっくに終わっている、

見た目は秋なのに、気温だけがついていっていない、

そんな気がする。

そういや我が家では未だに風呂上がりに扇風機をまわしてる(笑)

 

f:id:fukuitabi:20161021081724j:plain

 

北陸線の線路をくぐると、

小さな集落が現れた。

ここが牛ノ谷の集落であるようだ。

 

f:id:fukuitabi:20161021081747j:plain

 

北陸道をくぐり、8号線沿いに出た。

福井方面に目をやると、見覚えのある建物が見えた。

この時9時40分。

 

ただ、その店を見た瞬間に、嫌な予感がした。

ふだん、この店の前を通ると、

賑やかしく「のぼり旗」が立っているのだ。

だからこそ、この店の存在が気になっていたとも言える。

しかしながら、その「のぼり旗」が見当たらない。

 

嫌な予感がしつつ、僕は店に近づいてみた。

 

f:id:fukuitabi:20161021081819j:plain

 

こちらのお店、「丸太」さんという。

店はしまっていた。

腹が「くーぅ」となる。

 

ここが武生や鯖江ならすぐに他の店を探す、

そんな手段もあるだろう。

 

f:id:fukuitabi:20161021081843j:plain

 

しかしながらここは石川県との県境にも近い山間の集落。

ここで朝飯を食べるために、

僕は410円なりの運賃を支払ってJRに乗り、

さらに40分も歩いてきたのだった。

にもかかわらず、開いていない。

 

ま、思えば自分の人生など、

ずっとこんなことの繰り返しだった、とも言えた。

今回など福井県内だし別にいいではないか、

今までも散々遠出して、

たまたま休みだったことなんて多々あるではないか、、、、

 

9時45分、

僕は後ろ髪を(ないけど)引かれる思いで

8号線を牛ノ谷駅に向けて歩き出した。

その時だ。

 

f:id:fukuitabi:20161021082006j:plain

 

1台の車が「丸太」さんに入っていくのが見えた。

その車からは男女が降りたのだが、

2人とも店の裏手に入っていった。

要するに店の方、と言えた。

 

はて、何時から営業なんだろ、

僕は腕時計を見た。

僕が今回課した時間制限は、

あくまで1時間に1本の電車の時間を考慮したもので、

牛ノ谷駅発の福井方面の電車は、

10時35分発を逃せば11時34分発もある。

 

ほどなくして女性がのぼり旗を抱えて店の前に現れ、

回転灯がまわりはじめた。

よっしゃ、と僕は再び「丸太」さんへ向かう。

玄関先で看板を出していた男性に

「やってますか」と問えば、

「どうぞどうぞ、◯◯ちゃん、お客さんだよ!」

と奥に声をかける。

 

f:id:fukuitabi:20161021082036j:plain

 

薄暗い店内の壁は、

さまざまなメニューの張り紙で埋め尽くされていた。

いったい、どれだけのメニューがあるのだろうかと思う。

その中に、ソーキそばやチャンプルーといった何故か

沖縄料理も目立つ。

 

そういや書かれている文字というか、

フォントというかが妙に「沖縄っぽい」気がする。

うまく説明できないけれど、

何せ沖縄っぽい。

 

f:id:fukuitabi:20161021082059j:plain

 

シンプルな「朝食」なんてメニューもあったけど、

定食の類もあったもので「ホルモン定食」を注文。

(好きなんです・笑)

ほどなくフライパンをあおる音が聞こえてきた。

9時55分。

 

ビミョーな時間やよなー、と思う。

グーグルマップの「徒歩」の所要時間は、

これまでの経験からもほぼ正確と言えた。

要するにこの店から牛ノ谷駅までは18分はかかるのだ。

 

逆算すれば10時17分前に店を出れば間に合う、とも言えるのだが、

食事が提供されるのには10分や15分ほどかかるであろう。

おとなしく次の電車で帰るか、

そう考えた瞬間、ホルモン定食が供された。

10時02分。

 

f:id:fukuitabi:20161021082126j:plain

 

まず驚いたのがその量で、

大きめの皿に「これでもかー」と言わんばかりに

ホルモンが盛られていた。

その皿はお盆をはみだし、斜めになっている。

 

f:id:fukuitabi:20161021082148j:plain

 

付け合せに煮物と小鉢、香物がついており、

少し遅れて味噌汁も運ばれてきた。

 

ホルモン定食とはいえ、

ちゃんと肉も入っており、

濃い目の味付けで「ウマイ」の以外に言葉が見つからない。

わさわさと飯が進む。

味噌汁は「赤だし」で、福井では珍しいような気もする。

熱々で美味い。

 

せっかく電車で来てるんだし、

これでビールとか飲めたらサイコーだろうな、

そんなことをぼんやり思う。

けど今日は残念ながら飲めない。

 

テレビの音をBGMがわりに黙々と食べる。

その時、別の音がどこからともなく聞こえてくることに気付いた。

厨房でラジオでも聞いているのだろうか。

 

10時15分、完食。

いやはや、なかなかあなどれない、

満足度の高い定食だった。

ごちそうさまでした。

 

今度はソーキそばとか、沖縄っぽいものを頂きにこよう。

800円の代金を支払って店を出る。

すると玄関先に小さなラジオが置かれていた。

 

いったい、このラジオは何を意味するのだろう、

あんまり余計なことを考えると

頭が混乱しそうだったので駅を目指す。

10時35分発を逃せば1時間後である。

 

f:id:fukuitabi:20161021082218j:plain

 

牛ノ谷の集落を抜けると、

北陸本線の線路が寄り添ってきた。

ところが予想外に駅は集落の外れにある。

「まじかよ」と思わず言葉がもれる。

 

f:id:fukuitabi:20161021082244j:plain

 

ただただ歩く。

走る気力はない。

 

f:id:fukuitabi:20161021082307j:plain

 

10時33分、牛ノ谷駅に到着。

汗こそかいてはいないが、

身体が火照っているのは感じる。

 

f:id:fukuitabi:20161021082328j:plain

f:id:fukuitabi:20161021082428j:plain

 

10時35分、金沢方面から定刻に電車が現れた。

ホームにいたのは僕1人。

ただ、出発間際に何人かホームに現れた。

どうやら10時40分発の金沢行きに乗るようだ。

このあたりだと生活の流れが石川県に向いているのかもしれない。

 

f:id:fukuitabi:20161021082450j:plain

 

10時38分、電車は細呂木駅に到着。

僕がひたすら歩いた道のりが、電車だとわずか3分。

 

無事に乗れてよかったと思う。

牛ノ谷駅周辺には見事なまでに何もなかった。

あの駅で1時間待つのはさすがに辛い。

 

それにしても、

時間に追われて緊張していたのであろう。

ホッとしたと同時に睡魔が襲ってきた。

 

11時00分、電車は福井駅に到着した。

そして、さんざん食ったばかりだというのに、

また腹が減ってきた。

 

f:id:fukuitabi:20161021082508j:plain

広告