北陸徘徊人

福井・石川・富山を中心にゆるーい旅を満喫中

現・元・富山市民、フェニックス田原町ラインを往く

年の瀬も押し迫ったその朝、

僕はJR武生駅前にいて、

夏に一緒に野球観戦に行った

富山時代のテツ仲間である連れが来るのを待っていた。

 

f:id:fukuitabi:20170113173155j:plain

 

空はどんより重く、

いつ雨が降り出してもおかしくない。

前もこの連れが福井に来た時は雨だった。

今回はちゃんと折りたたみの傘をカバンに入れている。

広告

 

今回、連れの目的は「フェニックス田原町ライン」で、

電車に乗って風呂入って、酒が飲めればそれでよい、

とのこと。

 

この日は平日だったものでえち鉄も福鉄もフリーきっぷはなく、

さらにJRの特急で来ると言うもので、

あれこれ思案した結果、

待ち合わせを武生にした次第である。

 

f:id:fukuitabi:20170113173224j:plain

 

8時50分、名古屋行きの「しらさぎ4号」が到着し、

連れが姿を見せた。

富山ー金沢は「当然」新幹線であるらしい。

 

「リッチやのお、あいの風と18きっぷで来ると思ってた」

僕が正直に言うと、

「富山は日本で二番目に18きっぷが使えない県になったのだ」

と謎掛け風に言う。

 

はて、一番使えない県は何処なのだ、と思ったら、

「沖縄っしょ、次いで富山、だから18きっぷは買ってない」

確かにそうかもしれない(笑)

 

9時14分発の鷲塚針原行きに間に合う時間であったが、

早々に電車に乗ったところで酒を飲む時間が長くなるだけなので、

武生の街をぶらりとまわり、

北府駅まで歩く。

 

f:id:fukuitabi:20170113173310j:plain

 

目的は12月29日から運行開始する

「さくら色のフクラム」であったが、

車庫の奥の方にひっそりと姿がみえただけだった。

ただ留置線には200形とレトラムが並んでおり、

連れは満足気であった。

 

f:id:fukuitabi:20170113173358j:plain

 

再び武生駅前に戻り、

アルプラザでコーヒー飲んで、

酒買って(笑)越前武生駅へ。

 

窓口であわら湯のまち駅までの連絡乗車券(920円)を購入。

まともに田原町で乗り継げば400円+620円で1020円だから

140円得な計算になる。

 

f:id:fukuitabi:20170113173619j:plain

 

連れはフクラムに初乗車。

とはいえ富山市内でも

セントラムポートラムとして走っている車両だし、

特に目新しくもないだろうと思っていたら、

「広い」とひと言。

 

f:id:fukuitabi:20170113173654j:plain

 

へ?と思ったら、

「席がちゃんと2−2人掛けの配列になってる。富山は2−1.5くらいしかない」

たまにはテツ仲間と乗ってみるもんですな。

今まで全然気づかなかった(汗)

10時14分、出発。

 

連れは「内装も明るいし、走りは落ち着いてるし、いい車両だなあ」と言う。

何だか自分が褒められてるようで嬉しくなる。

 

しかしながら乗客は少なめで、多い区間でも10人いたかどうか。

福井市内の併用区間に入り、

市役所前を過ぎると僕らを除けばあと1人となり、

田原町で早くも貸し切りになった。

 

f:id:fukuitabi:20170113173726j:plain

 

「ところで鷲塚針原には何があるのだ」

連れが言う。

「特に何もない。ちょっと先に免許センターはあるけど」

「何で鷲塚針原までなんだろ」

「分かんない。一応そこまで福井市で、その先が坂井市だからじゃないの」

 

f:id:fukuitabi:20170113173750j:plain

f:id:fukuitabi:20170113173822j:plain

 

途中駅からの乗車も誰ひとりおらず、

フクラムは九頭竜川を渡って鷲塚針原駅に着いた。

次の三国港行きまでは約20分。

待合室で缶ビール(ミニ)をプシュリとやって再会を祝す。

 

f:id:fukuitabi:20170113173852j:plain

 

ついでにワンカップもぐびり。

うーむ、この男といれば朝から完全に駄目人間モードだな、、、

とはいえ一人だと寂しい乗り継ぎも、

連れがいるとあっという間だ。

 

f:id:fukuitabi:20170113173932j:plain

 

ほろ酔いになったところで三国港行きの電車に乗車。

こちらもざっと20人も乗っておらず、

いささか寂しい。

そのうちぽつぽつと雨が降り始めた。

 

「おぬしはいつも福井に雨を連れてくる」

前回の野球観戦も雨天中止になったもので、

たっぷり皮肉を込めて言ってみた。

 

若かりし頃、一緒に北海道に行った時も、

帰りは日本海側を辿って帰ってくる予定であったが、

大雪に見舞われダイヤがメチャメチャになり、

えらい目にあったこともある。

 

「まあ、お互い様だ」

連れは笑いながら窓の外に目をやった。

雨は「ぽつぽつ」から「しとしと」に変わっていった。

 

f:id:fukuitabi:20170113174311j:plain

 

あわら湯のまち駅に到着。

小雨の中を駆けてセントピアあわらへ。

こちらの入浴料は普段から500円と格安だが、

この日は風呂の日とのことで300円。

 

f:id:fukuitabi:20170113174940j:plain

 

旅先で風呂に入るのはビールを飲むため、であり、

風呂上がりには350円と格安の生ビールをぐびり。

飲んでばかりいるが、

この男と出かけるといつもこんな感じである。

 

f:id:fukuitabi:20170113175011j:plain

 

福井への帰路は福鉄福井駅までの乗車券(680円)を購入。

えちぜん鉄道福井駅までが670円だから、

10円増しで福井鉄道の電車にも乗れることになる。

 

f:id:fukuitabi:20170113175112j:plain

f:id:fukuitabi:20170113175147j:plain

 

当然、というわけでもないが、

鷲塚針原で再びフェニックス田原町ラインの電車に乗り継いだ。

 

やはり田原町までは貸し切りだった。

西川知事さま、どうぞ現実を見てくだされ。

現状はあまりにも寂しすぎる。

 

f:id:fukuitabi:20170113175224j:plain

 

市役所前で下車してヒゲ線に入る電車に乗り継ぐ。

連れが繊協ビルを見て、

「昔はここがバスターミナルだった」

などと言う。

よお知ってるなあ、と関心。

 

f:id:fukuitabi:20170113175255j:plain

f:id:fukuitabi:20170113175338j:plain

 

福井駅に到着。

とはいえまだ2時半前で、晩飯という時間でもない。

駅前周辺をぶらぶら歩く。

 

f:id:fukuitabi:20170113175409j:plain

 

今回富山の連れといるから、という訳でもないが、

富山の駅前にあって、

福井の駅前にないもの、

そんな視点で考えたとき、

便利だったなあと思えるのが

献血ルーム」だ。

 

何せ時間つぶしに最適で、

かつ人様の訳にたてる(笑)

富山にいた頃は仕事が定時に終わった時や、

平日休みで退屈な日なんかに寄っていた。

 

僕みたいな酒飲みの血を提供されても迷惑なだけかもしれぬが、

センター長さんからも「助けてください」と、

そんな電話がたびたびかかってきていたから、

多少はお役にたてていたのではなかろうか。

 

駅前という立地の良さから、

学校終わりの時間など、

学生の姿も多々みかけた。

 

だから富山の学生にとっても、

僕みたく駅を利用するサラリーマンにとっても

献血ってかなり身近にできるボランティアであったように思う。

今回の連れも然りだけど、

職場の同僚もかなり行っていた。

 

福井の血液センターは赤十字病院のさらに先で、

ちょっと立ち寄る、そんな場所ではない。

ハピリンかアオッサにあれば、

こんな酒飲みの血でよければもう少し協力できますが、

いかがなものでしょうか?(笑)

 

たぶん、学生さんたちも大いに協力してくれると思うけどなあ。。。

 

f:id:fukuitabi:20170113175452j:plain

 

駅前をぐるりとまわったところで、

残念ながら雨である。

ちょっとどころかかなり早いが居酒屋タイムにすることにした。

 

何と、福井駅前に24時間営業の居酒屋ができている。

チェーン店であるが、

朝でも昼でも酒のことばかり考えている僕には

ありがたい限りである。

 

f:id:fukuitabi:20170113175622j:plain

 

午前中からいいペースで飲んでいるが、

まあ、年末だし、たまには良かろう。

ビールから熱燗に移行して、

2人してぐでぐでになるまで飲んだ。

 

f:id:fukuitabi:20170113175832j:plain

 

店を出た頃にはようやく陽が暮れて、

まわりの居酒屋が開き始める時間になっていた。

酔いざましがてら片町まで歩くと、

武生方面に向かって福井鉄道の610形電車が出発していくところだった。

 

f:id:fukuitabi:20170113175937j:plain

 

現役で動く姿を見れるのもこれが最後かな、

そう考えると何だか寂しくもなる。

 

再び特急+新幹線で富山に帰る連れを福井駅で見送った。

「次は何処行くよ」と問えば、

「宮崎海岸でタラ汁とビール、で温泉入ってまたビール」

と連れが言う。

うーむ、それはなかなか魅力的だ。

冬の間に実行しよう。

 

f:id:fukuitabi:20170113175859j:plain

雨は降ったりやんだりであったが歩いて帰る気力もなく、

バスに乗って帰宅することにした。

ただ、残念ながらバス停から我が家までは多少距離がある。

バスを降りて傘をさそうとしたら、

やっぱりというか何処においてきたのか傘がみあたらない。

 

僕は冷たい雨に打たれながら

家に帰った。

広告