読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北陸徘徊人

福井・石川・富山を中心にゆるーい旅を満喫中

雪の足羽山徘徊と甲来のみそラーメン

福井 昼飯

福井に来てからずっと

福井は雪国であることを忘れつつあったが、

ここ数日はやはり雪国であったのだな、

そんなことを思い知らされるこの頃。

 

とにかく朝から晩まで寒いもので、

何か温まるものを食べたいなーと先日から考えていて、

脳裏をちらついたのは、

味噌ラーメンだった。

 

ああ、アツアツスープの味噌ラーメンが食べたい、、、、

広告

 

福井で味噌ラーメンといえば何処なんだろ、

そんな思いで調べてみたら、

福井駅からそう遠くはない場所に、

味噌ラーメンが人気の中華料理屋があることを知った。

 

朝から頭の中は「味噌ラーメン」がぐるぐるまわってた。

ひとまず福井駅へ。

スッキリ快晴、とは言いかねる天気ではあったが、

雲の合間から除き見える青空が妙に嬉しい。

 

f:id:fukuitabi:20170216072205j:plain

 

まだ昼飯には早い時間だたので、

運動不足解消も兼ねて久しぶりに足羽神社に足を運ぶことにした。

 

f:id:fukuitabi:20170216072245j:plain

 

いつもは愛宕坂から向かうけど、

今回は水道記念館の脇にある階段から上った。

(ま、近道探してて道を誤っただけですが。。。)

 

f:id:fukuitabi:20170216072312j:plain

 

そして、

自分でも唖然とするほどに息が切れる。

運動不足もここまで来たか、、、、

 

f:id:fukuitabi:20170216072336j:plain

 

足羽神社を参拝。

「今年も美味しいお酒を飲めますように、、、」

 

f:id:fukuitabi:20170216072352j:plain

 

続いて藤島神社を参拝。

「今年も美味しいお酒を飲めますように、、、」

 

f:id:fukuitabi:20170216072449j:plain

f:id:fukuitabi:20170216072518j:plain

 

もちろん毛谷黒龍神社も参拝。

「今年も美味しいお酒を飲めますように、、、」

 ふふふ、これで今年もきっと美味しいお酒が飲めるはず。

 

f:id:fukuitabi:20170216072540j:plain

 

さ、味噌ラーメンだ。

 

富山に住んでた頃も、

時々無性に味噌ラーメンを欲する時があり、

市内にも有名店多々あれど、

僕がお気に入りだったのは立山町にあった

芦峅寺スキー場の、小さな食堂で出してくれる味噌ラーメンだった。

 

店内には薪ストーブがあって、

その上には大きな鍋がかけてあり、

そこに何が入っているのかと言えば、

チャーシューを煮ていた。

 

要するに店内に足を踏み入れただけで

かぐわしいチャーシューの香りが店内に充満しており、

それだけで空腹を刺激された。

 

ラーメンは醤油も味噌もあったはずだけど、

妙に味噌ラーメンのインパクトが強くて、

さらにチャーシューが絶品なんてもんでなく、

最初は無論ボードを滑りにそのスキー場に行ったのだけれど、

その後はボードをしなくとも

芦峅寺のスキー場まで足を運ぶことになった。

 

無論営業は冬だけ、

さらに週末だけといつでも行ける状況ではなかったが

その食堂に行って味噌ラーメンを食べる、っていうのが、

冬の間のささやかな楽しみだった。

 

残念ながらスキー場の閉鎖に伴い、

その食堂も閉店してしまったのだけれど。

随分昔の話である。

 

f:id:fukuitabi:20170216073240j:plain

 

フェニックス通りを横断して

さらにJRの高架下をくぐる。

目指す中華料理店「甲来」さんは、

住宅やマンションが立ち並ぶ一画、

JRと木田橋通りのちょうど真ん中あたりにあった。

 

f:id:fukuitabi:20170216073349j:plain

 

この時11時半の開店直後、

店内にお客さんの姿はなかったが、

厨房の中では主らしき男性と、

若いお兄さんが並んでフライパンをあおっていた。

 

カウンターの端に座り、

ニコニコと愛想のいい奥さんに、

みそラーメンを注文。

「単品でいいですか」と奥さん。

 

メニューを見れば焼きめしやマーボー丼のセットもあるようだ。

すっかり中年丸出しの腹の肉をつまみ、

いや、ここは単品でガマンせにゃならん、

そんな些細な葛藤があり、

「マーボー丼のセットでお願いします」と僕は言った。

 

自分も普段から料理をやってるし、

長らく料理の仕事をしてたこともあるけれど、

料理人が料理をしてる姿を見るのが好きだ。

 

特に、手際がいい方の動きを見てると、

ついつい見入ってしまう。

甲来さんなんてまさにそうだった。

 

小気味よく焼き飯やら酢豚、唐揚げが仕上がっていく。

厨房内は本当にキレイにされていて、

こんなごまかしの一切効かない状況でつくっているのだ、

旨いに決まってると心が踊る。

 

出来上がった料理を奥さんがラップしてたから、

出前でもしてるのかもしれない。

 

f:id:fukuitabi:20170216073423j:plain

 

そんな中、みそラーメンが供された。

丼はスープで満たされていて、

麺の姿は見えない。

スープを一口。

 

あつっ!!!

 

意外とあっさりしてる、

そんな第一印象だったのだけれど、

二口目にはガツンと味噌の味がきて、

ひき肉やらモヤシやら、たっぷりの具材を絡めつつ、

細めの麺をすすれば、

 

おー、きたきた、なんじゃこりゃ、な世界。

 

夢中になって食してると、

マーボー丼が供された。

 

f:id:fukuitabi:20170216073653j:plain

 とろとろ餡にたっぷりの豆腐。

構えて一口食したが、

 

あつっ!

 

外は恐ろしく寒かったが、

じわりじわりと額に汗が浮かんでくる。

カウンターにはボックスティッシュが標準装備。

何だか富山の糸庄みたい、

そんなことを思いつつ、

ティッシュで額の汗を拭う。

 

ああ、箸が止まんない、止まんない、

マーボー丼も美味しい、

けど白ご飯でも良かったかもな、

ああ、白ご飯を丼にぶっこんで、

このスープを飲み干したい!!!

 

と思いつつ、

何だかんだで最後の一滴までスープを飲み干していた。

全身がほかほかしてるのが分かる。

 

こんなお店が、

我が家からもそう遠くはない、

こんな場所にあったんだ、と、

何だか妙に喜ばしい気分。

正午が近づくにつれお客さんも続々やってきた。

 

ごちそうさまでした。

 

f:id:fukuitabi:20170216073918j:plain

 

木田橋通りに出ると、

足羽川を渡る木田橋は目の前だった。

行きは1時間ほどかけて遠回りをしていったが、

福井駅もそう遠くはない。

 

f:id:fukuitabi:20170216073937j:plain

 

気づけばもう2月も半ば。

あと2ヶ月もすればこの河原にも

足羽山にも桜が咲き乱れるのだろう。

冬が厳しい分、春が来る喜びも大きい。

 

f:id:fukuitabi:20170216074005j:plain

 

帰りは東口のアオッサまで15分もかからなかった。

ま、僕の中では十分に駅周辺といえる。

それにしても味噌ラーメンパワー恐るべしで、

身体の芯から温まったのか、

まだ額が汗ばんでいた。

 

この週末もまた雪みたいだし、

甲来の味噌ラーメンにしよっかな(笑)

 

広告