北陸徘徊人

福井・石川・富山を中心にゆるーい旅を満喫中

福井鉄道バス 王子保・河野海岸線〜武生・越前海岸線徘徊

一コマ残った青春18きっぷ

時刻表を眺めつつ、何処へ行くかとあれこれ考えるのは至福の時。

 

朝イチの快速にさえ乗れば静岡まで行って

静岡鉄道と海鮮丼の旅、なんてのもいいし、

岳南電車も乗れればなお良し、

なんてことを土曜の夜までは考えていた。

 

しかしながら日曜の朝、

目覚めて時計を見れば8時を回っていた。

 

うーむ、前日の夕方に芝政のプールなんて行って

年甲斐もなくはしゃぎすぎたのが要因かもしれぬ。

別にこの時間からでもモトがとれそうなところはいくらでもあるが、

ケチな性分なもので何となくもったいない。

 

ま、まだチャンスはあるだろうし、

おまけに何だか筋肉痛であったりする(涙)

今日はおとなしく温泉にでも行くべと福井駅へ向かった。

 

広告

 

f:id:fukuitabi:20170831202059j:plain

 

さて、どうするか。

この日は相方も友人とお出かけしており、

風呂上がりにグビリとやっても怒られない「はずの」日だった(笑)

 

漁火は先日クルマで行ったばかりだし、

あわらにするか、三国にするか、湯楽里にするか、

あれこれ思案しつつ、春からやってみようと考えていたルートで、

越前町の露天風呂「日本海」を目指すことにした。

 

f:id:fukuitabi:20170831202138j:plain

 

市役所前駅の工事の様子が気になったもので、

福井駅から田原町行きのフクラムに一駅乗って市役所前で下車。

 

f:id:fukuitabi:20170831202216j:plain

f:id:fukuitabi:20170831202241j:plain

 

余談ですが福井鉄道は9月、10月の週末を中心に、

赤十字前〜田原町間で大規模な線路補修工事を行うとのこと。

福井鉄道のご利用を考えている方はご注意ください。

詳しくは下記リンクより。

http://www.fukutetsu.jp/news/7653.html

 

上記の福井鉄道のお知らせに、

今秋のレトラムは運行しませんなんてサラリと書いてあった(涙)

もう限界なのかな、、、、、

ついでに長らくブルーのフクラムも見かけていないが、

いったいどうしたものか、、、

 

f:id:fukuitabi:20170831202316j:plain

 

各駅停車に乗って越前武生駅へ。

森林食堂でカツ丼でも食べようと思って向かったが、

お休みだった。

「・・・」

 

f:id:fukuitabi:20170831202344j:plain

 

だからといって今から他を探せばバスに乗れなくなるもので、

結局駅前の大江戸さんでカツ丼とそばのセットを頂く。

武生駅周辺で困ったときは大江戸さんなのよな(笑)

基本的に外れがない。

 

f:id:fukuitabi:20170831202413j:plain

 

さて、乗車するバスであるが、

露天風呂日本海は武生越前海岸線のバスの終点、かれい崎バス停の真ん前にある。

前武生駅を13時30分発のバスに乗ればかれい崎着は14時50分。

折り返しのかれい崎発は15時30分と、

いくら僕がカラスの行水とは言えビールを楽しむには心もとない。

 

そんなもので12時35分発の糠長嶋行きのバスに乗って、

糠長嶋からかれい崎まで歩くことにした。

以前にやったのと逆バージョンで、

ぐるりと周遊できるのが何よりもいい。

 

大江戸さんはJR武生駅の目の前にあるもので、

JR武生駅前で待っていればバスは来るのだけど、

せっかくだから始発から乗るべと再び越前武生駅へ。

 

f:id:fukuitabi:20170831202530j:plain

 

武生から南越前町、旧河野村を結ぶ王子保・河野海岸線のバスに、

僕はこれまで何度か乗っているが、

いつもあまりのお客さんの少なさに先行き不安となってしまう。

この日も、越前武生駅を出発した時点で僕一人。

JR武生駅から乗ったのも1人だけ。

 

バスは武生の市街地を右左折しつつ、徐々に南下していくが、

何処のバス停にもバスを待つ人はいない。

 

f:id:fukuitabi:20170831202701j:plain

 

8号線バイパスの末端部、塚原の交差点で左折し、

いったん福井方面に向かい、国道365号線へと入り、

王子保駅を経由するというなかなか複雑怪奇なルートをたどるが、

やはり何処のバス停にも誰もいない。

 

かと思えば稲刈り中に飛んだのか、落としたのか、

フレコンが行く手を阻んでるし。

これ、結構いい値段するのよな、、、

 

f:id:fukuitabi:20170831202809j:plain

 

8号線に入ったところで1人降りて行き、

バスは貸し切りのまま南越前町へと入っていった。

 

f:id:fukuitabi:20170831202909j:plain

 

桜橋から一気に山を下り、海岸線へと出る。

結局バスは貸切状態のまま終点の糠長嶋に13時25分の定刻に着いた。

 

f:id:fukuitabi:20170831202935j:plain

 

前回の経験から1時間もかかるまい、

そんな気持ちでかれい崎を目指す。

ただ、歩き初めてすぐに「あれれ」といった気分になってきた。

何と言うか、景色に変化がない。

前回はこんな風に感じなかったのに、、、

 

f:id:fukuitabi:20170831203003j:plain

 

その理由は振り返った時に分かった。

かれい崎から糠長嶋を目指すと、

敦賀湾を挟んで敦賀半島や野坂山、遠くは丹後半島まで、

何だかんだで色々見えるのだ。

 

その見え方は進めば変わってくるもので、

「進んでいる」という実感がわいてくる。

 

f:id:fukuitabi:20170831203029j:plain

 

これが今回のルートだと、見えるのはただひたすら「海」だけなのだった。

うーむ、これは妙に辛い。

四国八十八ヶ所でただひらすら波の音を聴きながら歩き続けた

23番薬王寺と24番最御岬寺の間のことを思い出す。

 

四国八十八ヶ所において土佐の国は修行の道場と言う。

今回もまた、美味いビールを飲むための修行なのだ、

そう自分に言い聞かせ、黙々と歩く。

しかしながら歩けども歩けども、ひたすら海、海、海。

 

f:id:fukuitabi:20170831203125j:plain

 

無事にかれい崎バス停の前にある露天風呂「日本海」に到着。

 

越前温泉露天風呂日本海 −(一財)越前町公共施設管理公社

 

海の眺めという点では「漁火」に劣るものの、

さんざん海だけを見て歩いてきたから特に気にはならないし、

何より「漁火」と違って空いているのがいい(笑)

後はビール飲んでバスに乗るだけと、

まったり温泉を楽しむ。

 

f:id:fukuitabi:20170831203156j:plain

 

そして風呂上がり、僕は自動販売機の前で立ち尽くした。

ビールがない!!

 

思わずスタッフの方に、

「近くにビールの自販機はありませんか」と問うたが、

「クルマで行くなら、酒屋さんがありますけど、今日は開いてるかな」

と絶望的な一言。

 

「向かいの食堂なら飲めますよ」とも言われたが、

店に入るほどの時間はないのだった。

「・・・」

何だかやり切れない思いで僕はコーラをぐびりと飲んだ。

 

f:id:fukuitabi:20170831203230j:plain

 

15時30分発、越前武生行きのバスはやはり貸し切りだった。

「漁火」のあるアクティブランド越前からは多少乗ってくるかと思ったが、

そのバス停にも待ち人おらず、

このまま武生まで貸し切りも辛いなあ、

なんて思っていたら途中で2人乗ってきた。

 

f:id:fukuitabi:20170831203255j:plain

 

バスは海岸線から一気に山へと上っていき、

旧織田町に入ったところで1人下車。

織田のバスターミナルで1人乗車。

 

f:id:fukuitabi:20170831203326j:plain

 

わずか3人の客を乗せたバスは淡々と走り続け、武生の市街地へ。

2人はJR武生駅前で下車し、

最終的にはやはり貸し切りとなって、

バスは越前武生駅に着いた。

 

f:id:fukuitabi:20170831203350j:plain

f:id:fukuitabi:20170831203414j:plain

 

この後、福井駅に迎えにきてくれた相方と、

焼肉に行くことになったのだが、

僕がお願いするもなく相方は「飲み放題」をつけてくれた。

これも修行の成果とするか(笑)

 

広告