読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北陸徘徊人

福井・石川・富山を中心にゆるーい旅を満喫中

鯖江 〜サバエドッグと青いFUKURAM〜

福井鉄道

DSC02385.jpg  

その日、私と相方は福井鉄道に乗って

鯖江市にある西山公園を訪れていた。

曇り空であるのは残念であったが、

桜は満開で美しかった。

 

さて、鯖江には以前から気になっていたB級グルメ

「サバエドッグ」なる食べ物が存在する。

カタカナで書くと魚の「サバ」を想像してしまうが、

雑誌などでは「歩くソースカツ丼」などと紹介されている。

 

さて、どのようなものか。

私たちは歩いて街なかにあるお肉屋さん

「ミート&デリカ ささき」を訪ねた。

 DSC02390.jpg

店内に入ると、正面にはいかにも「肉屋」といった感じで

ショーケースに各種の肉が並んでいる。

 

だが左側に目を向けると、

ショーケース内には「揚げていない」コロッケやフライなどが

ズラリと並んでいる。

その中に「サバエドッグ」はあった。

DSC02391.jpg

注文すると「少々お待ちください」と一言があり、

その場で揚げてくれる。

何だか嬉しくなってハムカツとチーズ大葉ロールチキンも追加した。

DSC02392.jpg

西山公園まで戻って食べても良かったのだが、

せっかくなのでアツアツを頬張りたかった。

店近くのベンチに座り、

袋を開く。

DSC02394.jpg

紙コップの中に俵状のフライが入っている。

そしてそのフライに刺さっているのは割り箸だ。

「何じゃこりゃ?」の世界である。

そしてかぶりつく。

 

「うめー!」

 

思わず相方と顔を見合わせた。

うまく表現できないが、

割り箸にごはんを巻き、さらに薄い豚肉で巻き、

パン粉を付けて揚げてある。

それに染み込んだソースの酸味が絶妙だ。

なるほど「歩くソースカツ丼」だ。

 

私は正直言って福井の「ソースカツ丼」より

カツ丼は「卵とじ」であって欲しいと思う派だが

(福井の皆様、申し訳ありません)

この「サバエドッグ」はシンプルに

「うまい」の一言しか出てこない。

 

ハムカツとチーズ大葉ロールチキンも

むさぼるように食べてしまった。

相方もすっかり気に入った様子で

「また来ようね」などと言っている。

 

(日曜日は定休日のようです)

DSC02393.jpg

さて、西鯖江駅に戻る。

このまま福井に帰ってもいいが、

手元には「一日フリーきっぷ」がある。

「せっかくだし武生まで行って帰るか」

そう言うと相方は納得してくれた。

 

ちょうど電車が出た直後だったので、

駅前の店でたこ焼きを買った。

昔ながらの素朴な味が嬉しい。

DSC02395.jpg

DSC02397.jpg

やがて電車がやって来た。

FUKURAMを期待していたが、

また元名鉄路面電車だった。

さらに1両編成だ。

「・・・」

 DSC02398.jpg

だが、この800系なる車両に

私は初乗車だったのだが、

何とも不思議な空間である。

車両の中央部が一番低く、

床面は両側の運転席に向けてゆるやかな

上りのスロープになっている。

DSC02399.jpg

席はクロスシートで、

中央部はお見合い状に配置されているが、

車端部は前後運転席の方を向いている。

さらに先ほど乗車した2両編成に比べ、

車齢もかなり新しいようで乗り心地も良好だ。

 

もっと乗っていてもいいな、

そんな風に感じるときに限って

10分程で越前武生に着く。

 

武生には特に目的があった訳でもないので、

駅前で一服してから帰路につく。

福井鉄道福武線は20分おきの運転だが、

またちょうど電車が出発したところだった。

 

しばらく待合室で電車を待つ。

するとホームに青い「FUKURAM」がやって来た。

DSC02403.jpg

2月に運行を開始したばかりなので、

車内はまだ新車の香りがする。

相方も「椅子の座り心地がいいね」とご満悦だ。

「そうだろ」と自分が褒められているようで

何だか嬉しい。

 

来るときに乗った2両編成は

窓もすっかり「黒ずんで」いたが、

FUKURAMの窓は当然美しく、

尚且つ大きく明るい。

DSC02404.jpg

さらに低床車であることもあり、

見慣れた景色がいつもと違って見える。

私はすっかり嬉しくなって景色に見入っていたが、

相方はいつしか目を閉じている。

 

3車体連接にも関わらず、

西鯖江を過ぎたあたりから席はほぼ埋まっていた。

ローカル私鉄が賑わっているのも

やじはり嬉しい。

 

駅に着くと時折「あ、FUKURAMだ!」と

子供たちの歓声が聴こえる。

子供が電車に興味を示してくれるのもやはり嬉しい。

 

赤十字を過ぎ、併用軌道に入る。

足羽川を渡る。

ここの桜も美しい。

市役所前でスイッチバック

まもなく、福井駅前に着く。

 

相方は眠っている。

手元にあるのは一日フリーきっぷだ。

せっかく乗れた青いFUKURAMなのに、

ここで下りるのは惜しいような気がした。

 

私は、相方を起こさなかった。

 

FUKURAM福井駅前で向きを変え、

終点の田原町へ向けて動き出した。

 

DSC02410.jpg

 DSC02411.jpg

 DSC02418.jpg

DSC02422.jpg 

 

広告