読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北陸徘徊人

福井・石川・富山を中心にゆるーい旅を満喫中

福井鉄道食べある記 〜サバエドッグ・三六サラダ焼き・たこやきうえたに〜

福井鉄道

以前から挑戦してみたいと思っていたのが、

福井鉄道を使った「食べ歩き」である。

それがいつも「FUKURAM」が来た、

などと嬉しくなってしまい延び延びになっていた。

 

八王子食堂さんでは中華そばを一杯頂いただけなので、

まだ腹に余裕はある。

慌てて帰ったところで迎えてくれる方もいない(涙)

 

f:id:fukuitabi:20160424145708j:plain

f:id:fukuitabi:20160424145736j:plain

f:id:fukuitabi:20160424145825j:plain

 

北府駅からFUKURAMに乗り込み、

まずは西鯖江駅で下車。

 

f:id:fukuitabi:20160424145852j:plain

f:id:fukuitabi:20160424145915j:plain

 

とりあえず「コメ」を食べたかったので、

「ミート&デリカ・ささき」さんに向かう。

こちらに伺うのは2回目。

 

うまそうな惣菜が多々あって目移りするが、

やはり当初の目的通り「サバエドッグ」(税込み280円)を注文。

注文を受けたおばちゃんが「ちょっとお待ち下さいねー」と

その場で揚げてくれる。

 

f:id:fukuitabi:20160424145944j:plain

 

5分も待てば出来上がり。

お店の前のベンチで熱々をほおばる。

「歩くソースカツ丼」とはよく言ったもので、

割り箸にごはんを巻き、それを豚肉で巻いて、フライにして

たっぷりのソースをまとっている。

 

f:id:fukuitabi:20160424150015j:plain

 

小腹がすいた時にちょうどいい大きさ。

うーむ、ビールが欲しいよ、、、、

 

f:id:fukuitabi:20160424150038j:plain

 

西鯖江駅に戻り、

普通列車神明駅に向かう。

 

f:id:fukuitabi:20160424150115j:plain

 

新入社員さんかな、

初々しい駅員さんから神明苑の入浴割引券をもらって、

続けて目指すのは「三六サラダ焼き」。

駅からは5分もかからない。

 

f:id:fukuitabi:20160424150210j:plain

 

サラダ焼き1個(税込み108円)を買って、

近くの公園で頬張った。

見た目は「御座候」である。

兵庫県西南部出身なもので・笑)

 

f:id:fukuitabi:20160424150231j:plain

 

最初はポテサラでも入っているのかと思ったが、

いや、違う。

ハムとカイワレと、マヨネーズだ。

写真はぶれた。

 

f:id:fukuitabi:20160424150259j:plain

 

マヨラーにはたまらんな、、、

うーむ、ビールが欲しいよ、、、、

 

神明苑の温泉でさっぱり汗を流し、

休憩室で地元のおばちゃんたちの会話に耳を傾けつつ

缶ビールをキューッと飲んで、

あと一品くらい食べることが出来そうだと

あれこれ考える。

 

f:id:fukuitabi:20160424150326j:plain

 

軽くて、さっと食えそうな一品。

うーむ、何にするか、、、

それも、福井鉄道の駅の近くで。

 

そこで思いついたのは「たこ焼き」であった。

確か赤十字駅の近くにあったはず。

 

f:id:fukuitabi:20160424150439j:plain

 

神明駅で電車を待っていると、

隣に座ったお婆ちゃんが

「私は水落やから神明は自転車の方がえんやけど、家族に自転車はあかん、言われてなー」

などと言う。

 

「電車は待たなあかんからなー。自転車なら待たんでえんやけど」

と、ちょっと不満気である。

 

別に僕から年齢を聞いた訳ではないが、

このおばあちゃん、80歳を過ぎているそうな。

その割に随分と話し方もしっかりしているし、

肌ツヤもいい。

けど、実年齢を聞くと、

僕が家族でも「自転車はやめとき」と言ってしまうだろう(笑)

 

福井には元気なお婆ちゃんが多いと以前から思っていたが、

最近はそれが確信にかわりつつある。

 

先に急行の鷲塚針原行きがやってきたので

お婆ちゃんに「お元気で」と言って電車に乗った。

赤十字前で下車。

 

f:id:fukuitabi:20160424150613j:plain

 

路地を抜け、フェニックス通りに出て、

「どっかこのあたりにあったはず」と左右を見渡すと、

目の前に「たこやきうえたに」さんはあった。

 

f:id:fukuitabi:20160424150700j:plain

 

メニューを見ると、

少数から注文できるみたいであったので、

8個250円を注文。

元気なお婆ちゃんがテキパキと容器に入れてくれる。

「袋いる?」

「いや、要らないです」

 

f:id:fukuitabi:20160424150729j:plain

 

駅前の公園でたこやきを食す。

 

f:id:fukuitabi:20160424150907j:plain

f:id:fukuitabi:20160424151013j:plain

 

見た目は、大手のチェーン店のように整っているとは

とても言えないのだけど、

8個で250円なんていう格安価格にも関わらず、

しっかりタコも入っている。

1個あたりの大きさが小さいからか、

タコの存在感が抜群だ。

 

そして、いわゆる「カリッ、とろっ」と言った

今どきのたこ焼きではない。

「ふにゃっ」とした感じが何ともいいのだ。

どうしても自分で作ると表面が「カリッ」とはならず

単に「硬い」だけになっちゃうし、

この「ふにゃっ」とした感じはなかなか出せないのよなーと思う。

 

うう、ビールが飲みたい(笑)

 

今回お邪魔した3件は

いずれも近所にビールを売っていそうな店が見当たらなかったのが

至極残念な点であった。

ま、あったらあったでヘロヘロになっていたかもしれぬ。

 

f:id:fukuitabi:20160425075805j:plain

f:id:fukuitabi:20160425075744j:plain

福井駅に戻ったら、

ビールでも飲んで帰ろうかと思ったが、

空はどんよりした雲に覆われていて、

今にも雨が降り出しそうだったので、

おとなしく帰ることにした。

 

広告