北陸徘徊人

福井・石川・富山を中心にゆるーい旅を満喫中

福井鉄道・神明駅 〜瓜生家住宅・神明苑・ふたばや〜

DSC07426.jpg

北府駅のホームに戻り電車を待つ。

FUKURAM」でも来ないかなーなんて思っていたが、

現れたのはやはりと言うか元名鉄の車両だった。

この車両に対し悪気はないが何だか悔しい(笑)

ま、つぎはどんな車両がやって来るかと想像するのも

福井鉄道の楽しい点であったりする。

 DSC07437.jpg

田原町行きの電車に揺られること約15分。

神明駅に降り立つ。

ホーム上にはたくさんの「風鈴」がぶら下がっており、

音を聴くだけで涼し気な気分になれた。

ほどなくして福井方面から「FUKURAM」がやってきた。

DSC07440.jpg 

FUKURAM」は乗りたいなんて思っていると

何故か現れない不思議な電車であったりする。

ここで鯖江方面に戻っても風呂が遠ざかるだけなので、

おとなしく改札へ向かうことにした。

 

改札脇のポスターを見ていたら、

福武線利用客に温泉割引券を配布」

なんて文面が見えた。

駅員がいる時間に申し出ればくれるとのこと。

これで550円の入浴料が450円になるのだ。

ということは休日なら一日電車に乗りまくって

温泉に入っても1000円でお釣りがくるということか(笑)

 DSC07519.jpg

駅前に降り立つと「懐かしい」なんて思ってしまう。

神明駅を利用するのは2回めだ。

DSC07518.jpg

以前僕は「京福バス乗りまくり」旅みたいなことをやり、

福井駅から越前町の織田という街に向かった。

僕の計算では織田からこの神明駅に向かう最終バスに乗り継ぐ予定だったのだが、

18時前にも関わらず結局それは不可能だった。

で、仕方なく歩くことにしたのだ。

大澤誉志幸さんの名曲を口ずさみつつ。

タクシーくらい使えよと自問自答しつつ。

結局夜道を2時間30分ほど歩き、

この駅舎を見た時は素直に感動したし

涙が出そうでもあった。

そんな思い出の駅であったりする。

12.29.34.png 

 せっかくなので駅周辺をまわってみる。

DSC07444.jpg

DSC07447.jpg

DSC07452.jpg

DSC07458.jpg

交差点の角に茅葺屋根の民家が見えた。

重要文化財・旧瓜生家住宅」とある。

開館は月・水・土・日の10時〜16時とのこと。

せっかくなので入ってみる。

 DSC07466.jpg

DSC07468.jpg

中には管理人のお爺さんがひとり、

囲炉裏で火をおこしつつラジオを聞いていた。

何だかこのお爺さんの家を訪ねてきたような、

そんな不思議な気持ちになる。

 DSC07475.jpg

お爺さんの説明によると、

この建物そのものは昭和50年に移設・解体しているとのことだが、

その際に天井から墨書きが発見され、

元禄12年に建てられたことが分かったと言う。

 DSC07479.jpg

赤穂浪士の討ち入りが元禄15年(1703年)だから

それ以前の建物ということか。

DSC07469.jpg 

その柱や梁は決してまっすぐではなく、

木本来がもつ曲線が活かされたものとなっており、

いったい当時の職人というにはどんな技術を有していたのだろうと思う。

そして囲炉裏の煙によってだろうか、

建物すべてがいい具合に「いぶされて」いる。

 DSC07481.jpg

寺院のような派手さはないが、

質実剛健

どんな雨風災害からも守ってくれそうな、

そんな空気で満たされていた。

 DSC07485.jpg

DSC07487.jpg

 

DSC07493.jpg

DSC07503.jpg

神明社を参拝して道路の向かいにある三六温泉・神明苑へ。

DSC07507.jpg

http://business4.plala.or.jp/sinmeien/index.html

お風呂そのものは決して広くはない。

建物も決して新しくはない。

ただ、真っ先に感じたのは「清潔感」だ。

浴槽では爺ちゃんが一人、気持ち良さげに浸かっている。

f:id:fukuitabi:20150707132728j:plain

http://www.city.sabae.fukui.jp/users/kanko/playing/shinmeien.htmlより引用

 

身体を洗っていたら爺ちゃんはいなくなっていた。

貸し切りになったと思ったら奥から別の方が現れた。

サウナもあるようだ。

 

スッキリした気分で脱衣所に出ると、

先ほどの爺ちゃんが「もう出たんか」と言って笑った。

DSC07513.jpg 

神明苑を出てすぐのところにある食堂に入った。

13時前という中途半端な時間のせいか、

入店時は閑散としていたが、

ほどなくしてテーブルが埋まった。

 

店員さんとの会話を聞いていると

ほとんどが常連のようだ。

 

メニューはいたって普通の食堂で、

前知識なしに入ると何を食べればいいのやら、

ついつい悩んでしまう。

 

カツ丼も魅力的、

で、隣に運ばれてきた五目ラーメン?も

随分ボリュームがあり魅力的。。。

 

そんな中、オムライスの文字を見つけた。

面倒なので自分ではめったに作らないが、

時折発作的に食べたくなる。

「ついでに」生ビールでいい。

DSC07511.jpg 

生ビールをぐびりとやりながら待つことしばし。

出てきたオムライスはまさに正統派。

美しく焼かれた卵に、でーんとケチャップ。

一口食べればまさに至福のとき。

うう、シアワセ。。。

 DSC07512.jpg

すっかりいい気分になって店を出た。

そして神明駅からおとなしく電車に乗ることにした。

来たのはまた元名鉄の車両だった。

 

福井に戻りドラッグストアに寄れば

「ポイント10倍」なんてのぼりが出ていた。

これは神様が「買っておきなさい」と言っているのだ。

 

僕は焼酎と酎ハイを買い込んで家に帰った。

広告