読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北陸徘徊人

福井・石川・富山を中心にゆるーい旅を満喫中

京福バス 79系統・清水織田線

福井 バス

DSC04162.jpg

鮎川線で福井駅前に着いた時はすでに16時をまわっていた。

十分バスも満喫したし、この時点では帰るつもりだった。

そのタイミングで出かけている相方から

「晩御飯も食べてくる」

そんなメールが入ったりする。

 

16時、一日の終わりにはまだ早い。

 

私は駅前のバスのりばへ向かい、

ひとつずつ時刻表を確認していった。

丸岡や大野、市内各線はまだ本数もかなりある。

そんな中、16時25分発織田行きというバスを見つけた。

これまた一日二本のレア路線だ。

 

私は案内所に出向き時刻表を確認した。

このバスは織田に17時40分着。

しかし折り返しの便は明朝までない。

 

地図を開いてみる。

織田という街は越前町に属し、

鯖江や武生が近い。

 

こちら方面へのバスはないか、

そう考えて福井鉄道のサイトを開く。

すると鯖江市の神明駅ゆきのバスが17時40分にある。

土曜日だとこれが最終になるようだ。

 

バス会社も違う。

しかし田舎のバス停だ、

何らかの接続をとるのではないか。

 

そう判断して織田行きのバスに乗り込んだ。

十四、五人の客が乗っている。

これくらい乗っていると妙な安心感がある。

 

DSC04164.jpg

 

駅前を出て約35分、

清水町のスーパーセンターPLANTに到着した時点で

あたりはすっかり暗くなっていた。

 

やきとりの秋吉の屋台も出ており、

ここで降りようかとも思う。

しかしぐっとこらえて乗り続けた。

この時点で車内の乗客は私を含めて5人。

 

DSC04166.jpg

 

窓の外は単なる暗闇だ。

まったく何処を走っているのか

さっぱりわからない。

泰澄の里で一人降りるとまたバスは貸し切りとなった。

 

DSC04168.jpg

 

時計を見ると17時40分をまわっていた。

バスは暗闇の中を走り続けている。

 

17時46分、織田バスターミナルに到着。

乗ってきたバスは「回送」表示を出すと

早々に闇へと消えていった。

 

せめてコミュニティバスでもないか、

そんな期待もしたが無駄であった。

 

DSC04169.jpg

 

私は途方に暮れた。

広告