読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北陸徘徊人

福井・石川・富山を中心にゆるーい旅を満喫中

JR北陸本線・大土呂駅 〜文珠山縦走・醤油カツ丼〜 北鯖江駅

福井駅を8時5分に出発した敦賀行きの普通列車は、

8時12分に大土呂駅に着いた。

制服姿の若者がごっそり席をたち、僕も続く。

周りを見渡せば教習所とのどかな田園風景が広がるが、

近くに高校があるようだ。

 

高校生の大半は駅を出るなり

福井寄りにある学校へと向かっていったが、

待合室には4,5人居残ってわあわあ言っている。

DSC09945.jpg 

甥っ子たちと年が変わらぬ子たちを見て

「おいおい、学校大丈夫かよ」と

ついつい要らぬ心配をしてしまうが、

向こうにしてみれば

「いい年したオッサンが平日の朝から駅でボーッとしている」に

見えるであろうから余計なことはいわぬ。

 

ところで「大土呂(おおどろ)」とは一風変わった地名である。

昭和54年に刊行された「各駅停車全国歴史散歩・福井県」を開けば、

以下のように記述があった。

大土呂。その名のとおり、このあたりはかつて泥の海だった。足羽川、江端川、浅水川と三方を囲まれた一面の湿地帯だったという。

今は「泥の海」であった名残を感じさせるものは何ひとつない。

 

僕は駅前にある案内板をしばし眺め、

歩き始めた。

目指すは文珠山。

DSC09948.jpg 

DSC09951.jpg 

文珠山は日本山岳会のサイトによると

次のように紹介されている。

文殊山 (365m)は越前五山の一つで、そのほぼ中央に位置し、越の大徳と呼ばれた泰澄大師ゆかりの山です。花や紅葉が素晴らしく、四季を通じて福井県民 に親しまれています。ハイキングコースはここで紹介する二上コース以外にも福井市鯖江市からたくさんあって、それぞれに違った趣きの登山が楽しめます。

http://jac.or.jp/oyako/f10/c3040.html

もともと山が好きで北陸に住み着いたということもあるが、

今なお時折山に登りたくなる時がある。

 

酒浸りの自堕落な生活を送る分際で

「3000メーター級の山を目指す」なんてことは口が避けても言わないが、

「300メーター級」なら何とかなりそうな気がした。

DSC09958.jpg 

駅から二十分も歩けば二上登山口に着いた。

平日の朝にも関わらず、

そこそこ広い駐車場には

そこそこクルマが停まっている。

登山靴の紐を結び直している間にも、

何台かクルマがやってきた。

DSC09963.jpg 

林の中をゆるやかに登っていく。

後ろを歩くオジサンの熊よけの鈴の音色が心地よい。

気温が低いこともあってか、

汗が吹き出すなんてこともない。

DSC09967.jpg 

何で僕は山に登り始めたンだろう、

ふとそんなことを思った。

僕の両親は「山登り」とは無縁の人間だ。 

何かを始めるには何らかのきっかけがある。

 まして僕は中学生の頃までは鉄道に夢中になっていた。

DSC09976.jpg 

しばし考え、いきついたのは高校時代の体育の先生である。

 

今もそうであるが、

僕は恐ろしく運動音痴な人間だ。

走ったり、泳いだりなんてことは人並みにはできるが、

球技なんかはまるっきしダメだ。

 

まずボールを投げることができない。

受けることもできない。

ドッジボールにソフトボール、

小学生の頃から体育の時間が憂鬱で仕方なかった。

 

ところが高校時代に出会った体育の先生は、

まるっきし運動ができない僕にこう言ったのだ。

 

「おまえは球技もできないし、背も低いが体力だけはある。テントの中でもスペースをとらなくてすむ。きっと山登りに向いている。どうだ、山岳同好会に入らないか」

 

冷静に考えればひどい一言であるが、

「向いている」なんて言われたのはうまれて初めての経験だった。

DSC09977.jpg 

で、この体育の先生であるが

髭面にメガネ、がっしりした体格はいかにも「ヤマヤ」という感じであった。

趣味はもちろん山登りである。

本当は山岳部を作りたかったのだが、

誰一人部員が集まらない。

 

そんなもので学校からは「部」として認めてもらえず、

「同好会」としてスタートさせることにした。

そこでこの先生は必死で部員集めをしたといえる。

結果として1年生ばかり10人ほど集まった。

 

普段の活動など、

校庭の片隅でテントをはる練習をしたり、

背負子に電話帳をくくりつけて階段を登り降りしたりと、

まわりから見れば奇人変人の集まりであったようだが、

僕は楽しかった。

 

こっそりバイトをして山道具も揃えた。

夏休みには北アルプスにも行った。

ところがこの先生、翌年には転勤でいなくなり、

顧問のいなくなった山岳同好会はわずか1年で自動的に消滅した。

 

ただ、あの先生の一言がなければ

「山に登ろう」なんてことは考えなかったであろうし、

その後山小屋で働くなんてこともなかっただろう。

 

先生と一緒に酒が飲みたいな、

そんなことを考えた。

そして笑って言ってやるのだ。

 

「先生のおかげで人生踏み外しました」と。

 でもこうも付け加えよう。

「おかげさまで波乱万丈だけど楽しい人生を過ごしてます」と。

DSC09986.jpg 

DSC09993.jpg 

DSC00004.jpg 

山頂にたどり着くと福井の街が一望できた。

「今日は白山が見えねーなー。本当はあのあたりなんだけど」

常連さんらしき方が残念がっている。

残念といえば残念だが、

また登ればいいだけの話だ、と思うことにした。

DSC00018.jpg

DSC00011.jpg 

DSC00014.jpg 

DSC00020.jpg 

 

山頂までは多くの登山者で賑わっていたが、

奥の院へと続く道には誰一人現れない。

DSC00025.jpg 

DSC00030.jpg 

行く手に大きな岩が現れた。

脇の看板には次のように記されている。

胎内くぐり

この大きな岩の門をくぐると智恵が授かり、安産のご利益もあるといわれています。しかし、邪心ある者がくぐると岩が閉じてしまうと伝わります。

邪心あるもの、の一言に背筋が震えたが

無事に通過して奥の院にたどり着く。

無事の到着を感謝して合掌。

DSC00035.jpg 

さて、この先である。

先の日本山岳会のサイトでアクセスを確認すると次のようにある。

登山口は福井市鯖江市から10ヵ所あります。一般に自家用車利用ですが、JR利用の方は、大土呂駅から半田コース、北鯖江駅から橋立コースの登山口が近くおススメ。

ところが様々な地図を確認しても、

半田コースと橋立コースを書いているものがほとんどない。

実際、僕は半田コースから登るつもりであったが、

結果的に二上コースから登ってきたというのが正直なところだ。

 

奥の院には「四方谷コース」の看板はあったが、

やはり「橋立」の文字は見当たらない。

文珠山は北陸線北陸道とほぼ並行するように連なっているのだが、

四方谷へ下れば駅へのアクセスが悪くなる。

 

進んでいいものか、引き返すか、

しばし悩んだが進んで見ることにした。

 DSC00038.jpg

それにしても誰一人合わない。

聞こえるのは風が木々を揺らす音のみ。

道は落ち葉で埋まり、滑りやすい。

にわかに額や背に汗が滲み始める。

予想外にアップダウンがある。

 DSC00045.jpg

気を抜いたらつるりと滑ってずっこけた。

「・・・」

 

眼下に鯖江の街が広がってはいるのだが、

なかなかそれが近づかない。

たかだか360メートルの山だと思ってなめていた自分に気づく。

 DSC00048.jpg

DSC00049.jpg 

DSC00051.jpg 

 

さらに下りの途中でルートを見誤った。

 

ルートを示すテープがあったから

間違いではなかったのかもしれぬが、

とてもひょいひょいと歩けるような道ではなかった。

 DSC00065.jpg

ここで足を踏み外せば、

恐らく誰に見つけられることもなく骨と化すだろうと思った。

無事に山を抜けたところにも何の標識もない。

何とも妙な場所に出てしまった。

 後で確認すれば正規の登山口は別のところにあった。

「酒清水」なんていう素敵な名称の湧き水のあたり。 

 

山をなめてはいけない。

3000メートルであれ、

300メートルであれ。

 

無事に山を抜けた安堵感からか急激に腹が減ってきた。

まっすぐ歩けば国道8号線に出るし、

色々と店もあるがそこまでの気力は残っていない。

 

北陸道をくぐった先に「オレボ食堂」の看板があった。

どうやら北鯖江パーキングエリアに出店しているようだ。

これはありがたい。

 DSC00074.jpg

自販機に「醤油カツ丼」とある。

醤油カツ丼と言えば「大野」の筈で、

何度か行ってるわりにまだ当地では食していない。

 

オレボさんは福井の会社だし、

基本的にハズレがないしと注文してみた。

 

カツの上に大根おろし、ネギ、鰹節という組み合わせが何とも斬新だ。

添えられた醤油を垂らして食す。

IMG_0461.jpg 

大根おろしに鰹節にネギ、醤油なんて、

僕ならこれだけで白飯を茶碗3杯は食える。

これに揚げたてのカツが加わる訳だ。

そもそも「まずくなる」要素が見つからない。

好物に好物を掛ければ相乗効果でうまくなる。

この組み合わせを考えた方に感謝。

 

僕は時計を見た。

11時20分。

えーっと次の北鯖江発の福井方面は、、、

11時34分、その次は12時34分。

 

僕は大慌てで北鯖江駅に向かった。

DSC00075.jpg 

 DSC00081.jpg

 

広告