北陸徘徊人

福井・石川・富山を中心にゆるーい旅を満喫中

鷹巣荘と15万円の冷蔵庫について

僕と彼女は日本海を目指していた。

 

雪があると出歩くのもおっくうになるが、

なければ多少は出かけようという気になる。

 

週に一度位は広い風呂に入りたい、

そんな訳で極楽湯の回数券を買っているが、

「たまには違うところに行こう」となり、

会社の先輩のオススメである「鷹巣荘」を目指すことにした。

 

「源泉掛け流し」であるらしい。

 

その道中で、だ。

彼女は「冷蔵庫」についての不満を言い始めた。

 

彼女と暮らし始めて1年になる。

ノロケ話をするつもりはない。

 

僕が借りている部屋は福井市内の1DKで、

2人で暮らすのにたいして不便はない。

問題があるとすれば「冷蔵庫」だった。

我が家には僕が学生時代から使っている

単身用のものしかなかった。

 

弁当を含め3食作ってくれてる彼女が

うすうす不満を感じてるのも察知はしていた。

 

「もうちょっと冷凍庫が広ければ買いだめできる」

「大きい冷蔵庫の方が電気代が安い」

 

温泉に向かう途中、彼女は呪文のように言い続けた。

 

できるだけ聞き流すようにして、

国民宿舎鷹巣荘」に着いた。

外見はそっけない作りというか、

公民館ですと言われれば納得できそうな建物であったりする。

でも中はとても綺麗だった。

受付の女性もとても愛想がいい。

 

DSC05694.jpg

 

誰かさんと違って、とは言わない。

 

1時間後、と約束して浴室へ。

それほど広くはないが、海側は全面ガラス張りで明るい。

そして、明らかにあとづけと思われる場所に「露天風呂」がある。

 

この露天風呂が、なかなかあなどれない。

パッと見た感じ、浴室の外にベランダを作り、

そこに露天風呂を作っちゃいました、そんな感じ。

 

海まではビミョーな距離がある。

決して絶景とは言いがたい。

だが浴槽からあふれたお湯は、

幾つかあけられた穴からそのまま外に流れ出している。

 

まさに「掛け流し」だ!

 

おまけに湯はぬるく、若干ぬるっとした感じもあり、

まわりに誰もいなかったこともあり、

ついつい長湯してしまう。

 

さて、1時間後という約束は実は適当なもので、

僕はいつも30分ほどであがり、

彼女を待つのがいつものパターンだった。

 

だが、

この日に限ってはあまりに居心地が良かったもので

僕のほうが遅くなってしまった。

案の定、機嫌が悪い。

 

帰り道、

五右衛門って店で昼食をとった。

ご飯の大盛り無料ですって言われたので頼んだら、

食べても食べてもゴハンが減らない。

 

というか750円(税込み)でこの定食、

めっちゃコスパ高いと思う。

 

DSC05695.jpg

DSC05696.jpg

 

 

「いやー、美味かったなー」

と言えば彼女は

「スンマセンねー、普段まともなゴハン出せなくて」

などと言う。

 

話の節々から、

やはり「冷蔵庫」(というか僕)に対する不満が伺えた。

 

帰り道、某電気屋に寄った。

僕は冷蔵庫の適正な大きさもわからない。

結論から言えば、

彼女と店員さんに言われるがままに

15万円もする冷蔵庫をカードで買った。

 

IMG_0001.jpg

 

さて、その後1ヶ月以上を経ての結論を言う。

我が家の巨大な冷蔵庫はスカスカである。

 

そもそも彼女が買い物をするのは

2日に一度、

要するに3食☓2日☓2人で12食分となる。

 

なんとなくシングル向けの冷蔵庫では

パンパンになりそうな気がする。

だが、その夜には2食分減る。

翌朝には朝食と弁当で2☓2、4食分減る。

 

そう、買い物を終えた夕方の時点では

12食分の食材が入っていたはずの冷蔵庫に、

翌朝には6食分しか残っていないのだ。

 

この時点で冷蔵庫はスカスカになっているとはいえないか。

 

いまどき15万円あれば、

よく分からないけど日本で行けないところはないだろう。

世界という単位でみても、

片道ならそこそこのところに行けそうな気がする。

 

たかが15万円、

されど15万円、

 

僕は彼女を訴えることができるのだろうか。

そんなことを考える。

 

IMG_0002.jpg

広告