読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北陸徘徊人

福井・石川・富山を中心にゆるーい旅を満喫中

フレンドリーバスと福井県立図書館

 福井に来てから図書館と言えば

ずっと市立図書館を利用していたけれど、

最近のお気に入りは「県立図書館」だ。

 

図書館とは思えぬほど洗練されたデザイン、

ゆったりと配置された椅子、

館内にはWi-Fiも完備されていて、

パソコンを持ち込んでカタカタやってる人も多い。

 

楽しいのはずいぶんと街なかから外れた位置にあるもので、

無料の「フレンドリーバス」に乗れることだ。

福井駅前からだと30分おきに出ていて、

所要時間も30分。

 

カフェもあるし、雑誌も充実してるし

行けば一日なんてあっという間に過ぎてしまう。

DSC04691.jpg

DSC04693.jpg 

さて、その日も14時すぎまで図書館にいて、

そろそろ帰ろうとした矢先だった。

夫から「飯はいらん」とのメールが入った。

後輩のタカシ君と食べてくるとのこと。

 

「なーんか相談があるらしい」と

一言添えてある。

 

それなら、という訳でもないが、

帰りに市立美術館に寄ってみることにした。

ここも「フレンドリーバス」で行けるのだが、

今まで一度も行ったことがない。

 

近づいてみると

全面ガラス張りで

三角錐を逆にしたような不思議なデザインになっている。

黒川紀章さんの設計とのこと。

DSC04682.jpg

受付の女性が「今は常設展だけですが」と

何だか申し訳無さそうに言う。

入館料は100円で

コチラのほうが申し訳なくなる。

 

所蔵は福井ゆかりの彫刻家・高田博厚の作品が中心とのこと。

ただ、哀しいことにわたし以外に客がいない。

ズラリと並んだブロンズ像が

みんなわたしを見ているような気がする。

DSC04683.jpg

2階には眺めのいいカフェがあった。

実に居心地のいいスペースで、

平日にはランチもあるようだ。

 

さて、今晩はどうしよう。

コーヒーを飲みながら、ぼんやり考える。

夫は男同士で仕事の相談にでものるのか。

 

先日「おさごえ民家園」で見たタカシ君を思い出す。

彼は男性と二人でいた。

 

そしてわたしにはどう見ても恋人同士に見えた。

 

「おかわり、いかがですか?」

カフェの女性に声を掛けられ、

ハッとなる。

 

「多めに作ったけど、余っちゃいそうだし」

彼女が笑う。

本当に、気の毒なくらい誰もいない。

ありがたくお代わりを頂いた。 

DSC04686.jpg

 

ゆっくり過ごしてバス停へ向かう。

大きな勘違いをしていることに気づく。

 

わたしは14時32分図書館発のバスに乗り、

14時34分に美術館に着いたもので

それがずっと30分間隔で続くと思っていた。

この時16時だったから16時04分発があると思っていた。

 

しかし時刻表を見てもない。

このバスはルートが2種類あり、

共に美術館を通りはするものの、

図書館の先に行くか後に行くかの違いがあるのだ。

 

したがって同じ福井駅前に向かうにも関わらず、

バスのりばは反対側にもう一ヶ所あり、

それも15時53分に出ていると分かった。

結局次のバスは16時34分ということになる。

 

よりによってここは見通しがいい。

16時02分に図書館を出たバスはこちらに来ることなく

反対側へと走り去っていった。

広告