読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北陸徘徊人

福井・石川・富山を中心にゆるーい旅を満喫中

えちぜん鉄道・三国駅 〜ビーワン、ビーワン、ビ、ワンワン〜

先週のことである。

僕は自宅で天ぷらを揚げていた。

見上げるとレンジフードは油汚れが目立つ。

帰宅した相方に僕は言った。

「この週末は気合い入れて大掃除でもしよう」

すると相方は言った。

「言ってなかったっけ?この週末は友達と芦原温泉行って来るし」

「・・・・」

 

土曜日は一日かけて一人寂しく家中の大掃除をした。

DSC09333.jpg 

日曜日、行き先は何も決めずに福井駅へ行った。

また越美北線でも乗るかな、

なんて思ったらえちぜん鉄道福井駅では

特設ブースで「断崖クーポン」なるものを発売していた。

 271009dangaicoupon01.jpg

えちぜん鉄道休日フリーきっぷと

東尋坊と三国湊町で食べ歩きできるチケットがついて1200円。

東尋坊まで行く気力はわかないが、

三国あたりでうろうろするのも良いかも知れぬと

断崖クーポンを購入。

三国ではB級グルメのイベントもやっているとのこと。

 

セット券であったもので、あまり意識せずにいたが、

この10月からえちぜん鉄道の休日フリーきっぷは

800円から1000円に値上げしたようだ。

福井鉄道の休日フリーきっぷも500円から550円に、

共通フリーきっぷも1200円から1400円に

それぞれ値上げした模様。

「・・・」

DSC09335.jpg 

 DSC09341.jpg

 DSC09343.jpg

9時56分、電車は三国駅に着いた。

三国駅周辺では様々なイベントが催されているようで、

若いスタッフが電車を降りた客にチラシを配っている。

おっ、と思ったのはB級グルメのイベントに

津山ホルモンうどん」が出店していたことだ。

 

ホルモンうどんとはその名の通りホルモン入りの焼きうどんで、

B1グランプリのおかげて岡山県津山市はすっかり有名になったが、

兵庫県でも佐用町の名物として知られているし、

僕の地元である赤穂でも日常的に食べられている、

要するに「故郷の味」だ。

思い出しただけでよだれが出そうになる。

 

まずは腹ごしらえでもしよう、と会場に行ってみたが、

津山ホルモンうどん」が見当たらない。

よくよくチラシを確認してみれば会場は2箇所に分かれており、

津山ホルモンうどん」が出店しているのはもう一方の会場であった。

「・・・」

DSC09350.jpg 

DSC09353.jpg 

 DSC09357.jpg

DSC09360.jpg 

ホルモンうどんと生ビールで腹を満たし、

徘徊に出る。

会場の外でも地元の商店がお弁当などを販売していた。

B1の会場で生ビールは500円であったが、

外では400円で売っていた。

「・・・」

 DSC09347.jpg

 DSC09349.jpg

三国は北前船の寄港地として栄えた港町だ。

路地の先に港が見える。

DSC09364.jpg 

DSC09366.jpg 

 DSC09371.jpg

何処かで似たような景色を見たような、、、

そうだ、母の故郷である高知の室戸だ。

四国25番札所の津照寺から下ってきたあたり。

母方の墓参りにも行かないといけないなー、

そんなことを思い出しながらぶらぶら歩く。

DSC09363.jpg 

 DSC09377.jpg

思案橋」なる用水にかかる橋があった。

近くにいたオジサンが、

「昔はここが福井藩と丸岡藩の境やったんや」と教えてくれた。

「橋を渡った先は遊郭があって、世の男衆遊郭に行こうかどうしようかと思案した、で思案橋

「なるほど」

DSC09379.jpg 

DSC09381.jpg 

 

カメラを片手にウロウロしていると、

自転車に乗ったオッサンが

「おい!兄貴!写真撮るんやったら上行け、上や、寺がいっぱいある」

兄貴なんていわれたの、40年以上生きてきて初めてだ(笑)

 DSC09406.jpg

DSC09345.jpg 

DSC09399.jpg 

昼時、旧森田銀行周辺のB1グランプリの会場は、

大勢の観光客で賑わっていた。

地元の中学生がゴミ収集にあたっている。

以前にも感じたが、三国の子どもたちは総じて愛想が良い。

 

それにしても耳に焼き付いて離れないのは

会場で流れ続けている「B1グランプリ」のテーマ曲か。

 

↓参考


22 20110306 B-1グランプリのテーマ.m4v - YouTube

 

ビーワン、ビーワン、ビ、ワンワン♪

ビーワン、ビーワン、ビ、ワンワン♪

ビーワン、ビーワン、ビ、ワンワン♪

 

耳に焼き付いて離れないのは僕だけでないようで、

旧岸名家のボランティアガイドのおばちゃんも、

そろばんをはじきながら「ビーワン、ビーワン、ビ、ワンワン♪」と口ずさんでいる。

DSC09393.jpg 

DSC09391.jpg 

旧森田銀行の内部を見学していても

ビーワン、ビーワン、ビ、ワンワン♪と聞こえてくる。

小学生の兄弟が風船片手に「ビーワン、ビーワン、ビ、ワンワン♪」

と口ずさんでいる。

DSC09404.jpg 

 DSC09403.jpg

断崖クーポンには「三国バーガー」の引換券がついていたもので、

三国湊座へ。

DSC09389.jpg 

三国バーガーを頬張っていても、

「ビーワン、ビーワン、ビ、ワンワン♪」

と、エンドレスで聞こえてくる。

 

食べ終えて外へ出た。

 

「会場が混雑してまいりました。お子様連れの方はご注意してください」

そんな放送が流れている。

 

ビーワン、ビーワン、ビ、ワンワン♪

ビーワン、ビーワン、ビ、ワンワン♪

ビーワン、ビーワン、ビ、ワンワン♪

ビーワン、ビーワン、ビ、ワンワン♪

ビーワン、ビーワン、ビ、ワンワン♪

ビーワン、ビーワン、ビ、ワンワン♪

 

今度はもう少し静かな時に来よう、

僕は逃げるように駅に向かった。

DSC09420.jpg 

ビーワン、ビーワン、ビ、ワンワン♪

ビーワン、ビーワン、ビ、ワンワン♪

ビーワン、ビーワン、ビ、ワンワン♪

電車に乗ってもテーマ曲が延々と脳裏を流れ続ける。

広告