読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北陸徘徊人

福井・石川・富山を中心にゆるーい旅を満喫中

えちぜん鉄道・福井口駅 〜富士家の煮物は祖母の味〜

昼飯でも食うべかと思い、福井駅へ。

最近は福井鉄道に偏りつつあるもんで、

今日はえちぜん鉄道に乗ろうと思う。

目的の店は我が家からチャリで向かえばすぐなのだが

意地でも電車を絡めたいだけの話です(笑)

 

f:id:fukuitabi:20160416092342j:plain

 

新福井までの乗車券を購入。

ちょうど三国港行きの電車が出発したばかりで、

しばし時間がある。

そんなもので周辺をぐるり。

 

f:id:fukuitabi:20160416092426j:plain

 

いつ見ても不思議な光景なのは、

今現在のえちぜん鉄道の隣に作ろうとしているのが

えちぜん鉄道の高架で、

先に作ろうとしているのが新幹線の高架である、ということか。

 

f:id:fukuitabi:20160416092531j:plain

 

ちなみにえちぜん鉄道の新駅舎はこんな感じになるそうな。

f:id:fukuitabi:20160415184708j:plain

f:id:fukuitabi:20160415184814j:plain

福井新聞より)

 

京福時代から永きに渡り仮駅住まいだったのが、

こんな立派な駅になるなんて。。。

ちょっとワクワクする。

 

f:id:fukuitabi:20160416092649j:plain

 

 

電車の出発を待ちながら、

はて、新幹線が福井開業した際に、

3セクは果たしてどんな会社名を名乗るのだろうと思う。

 

えちぜん鉄道は既にある訳で、

福井鉄道も既にある(笑)

あんまり妙な名前にしないことだけは祈りたい。

 

f:id:fukuitabi:20160416095327j:plain

 

以下、酔っぱらいの切なる妄想。

 

新幹線が敦賀まで延びて、

福井県内の北陸本線が3セクに移行されれば、

かつての北陸本線を米原から直江津までたどれば、

JR、福井の3セク、IRいしかわ、あいの風、えちごトキメキと

5つの会社に分断されることになる。

 

中でも北陸三県に関しては、

県をまたぐ流動もそこそこあると思われる訳で、

いい加減に一緒の会社にしちゃえばと思う。

当然、越美北線七尾線城端線氷見線高山線大糸線も含めて。

 

これくらいまとまれば、

「JR北陸」を名乗れるくらいの規模になるのではと(笑)

 

ライバルは無論JR西日本が経営する北陸新幹線ですがな。

負けじと敦賀〜泊に新快速でも設定すればいい。

南海や名鉄みたいな指定席車両を連結するのもいい。

食堂車付きの特急車両でも新製して大阪駅に乗り入れてやるのもいい。

 

ま、妄想ですが(笑)

 

f:id:fukuitabi:20160416093600j:plain

 

気づけばえちぜん鉄道の電車は出発していた。

ほどなく新福井、

高架線をおりて福井口

 

f:id:fukuitabi:20160416093943j:plain

f:id:fukuitabi:20160416094023j:plain

 

以前そこに駅があったことを思わせるのは、

道路上にわずかに残った線路のみ。

 

f:id:fukuitabi:20160416094047j:plain

 

県立病院の方角に向かい、

用水沿いの細道を歩けば

目指す食堂「富士家」さんはあった。

 

f:id:fukuitabi:20160416094116j:plain

 

黒板に日替わり定食600円とあったもので、

お茶を出してくれた女将さんに内容を尋ねれば

「チキンカツ」とのこと。

 

日替わり定食を注文したら、

「おそばは冷たいのがいい?あったかいのもあるけど」

この日は肌寒かったので「あったかいの」をお願いする。

 

店内には大きな薪ストーブ。

ほどなくして、

日替わり定食が届いた。

 

f:id:fukuitabi:20160416094501j:plain

f:id:fukuitabi:20160416094424j:plain

 

揚げたてのチキンカツも無論ウマイし、

あったかいそばも冷えた身体に染み入る。

だが何より嬉しかったのは煮物がたっぷり入っていたことだ。

 

厚揚げに切干大根、タケノコにじゃがいも。

いろいろ体調に気をつけねばならない中年男には

何ともありがたい。

 

そしてこの煮物の味付けが、

旅館などで出てくる上品な味付けではなく、

しっかりとした甘めの味付け。

 

おふくろの味ではなく、

九州の婆ちゃんが作る煮物って、

こんな味付けだった、

そんなことを思い出す。

 

20代なかばの頃、仕事をやめた時、

それなりに気が滅入っていた僕が、

最初に帰った先は兵庫の実家ではなく、

九州の祖父母のもとだった。

 

叔父の漁船に乗せてもらったりして

1ヶ月くらい過ごしただろうか。

食卓は基本的に魚が中心だったけど、

必ずこんな味の煮物が添えられていた。

 

爺ちゃんも婆ちゃんも亡くなって

すっかり九州も縁遠くなってしまったが、

今年は墓参りにも行こうと思う。

 

ごちそうさまでした。

 

f:id:fukuitabi:20160416094819j:plain

 

帰り道は新福井駅に向かって歩いた。

するとちょうど福井行きの電車が高架橋を走っていった。

 

f:id:fukuitabi:20160416095110j:plain

 

次の電車は15分後。

別に電車に乗るまでもなく、

福井駅はすぐそこに見えている。

僕はそのまま歩いて福井駅に向かった。

 

この記事を書いてから、

九州、熊本を中心に大きな地震が襲いました。

亡くなられた方々に哀悼の意を表すと共に、

まずは地震が収束することをただ願っております。

 

広告