北陸徘徊人

福井・石川・富山を中心にゆるーい旅を満喫中

えちぜん鉄道鉄道永平寺勝山線徘徊記 〜お食事ハウス「はら」のカツカレーラーメン〜

若い頃から涼しいというか、

むしろ夏場でも暖房が必要なところで過ごしてきたもんで、

まったくもって暑さに弱い。

下界で過ごし始めて何年もたつけど、

暑さにだけは慣れない。

 

寒さに対してはそれなりに対処できるが、

暑さにだけはそう対処すればいいのか分からない。

 

街を徘徊することを常日頃から趣味としているが、

これだけ暑いと出歩く気力も沸かぬ。

だからといってじっとしているのも性に合わない。

 

こんな時には電車でうろうろするに限る。

何せ電車は涼しい。

幸いにも今日は週末で、

えちぜん鉄道にも福井鉄道にもフリーきっぷがある。

さらには青春18きっぷも使える。

 

あまり深く考えずに福井駅に向かう。

 

f:id:fukuitabi:20160730210020j:plain

 

福井駅前に着いたとき、

ちょうど越前武生行きの福井鉄道の電車が出発して行った。

そんなものでえちぜん鉄道福井駅へ。

三国港行きの電車が出た後で次は勝山行き。

何となく福井市内よりは涼しげな気分がしたもので、

フリーきっぷだけ買って乗り込んだ。

 

f:id:fukuitabi:20160730210054j:plain

 

2両編成の電車はそこそこの乗車率。

恐竜博物館にでも向かうのか、家族連れの姿も多く、

それなりに車内は賑やかだった。

 

f:id:fukuitabi:20160730210136j:plain

 

発坂駅を出ると、

車内アナウンスが「次は比島」と告げた。

 

あ、この電車、止まるンだ、

てなことを思う。

比島駅は勝山駅のひとつ手前に位置するのだが、

日中の半数の電車はなぜか通過する。

 

今回は特に何か目的がある訳でもない。

せっかくなので下車してみることにした。

 

アテンダントさんに切符を見せて下車。

すると扉の確認をした運転士さんが、

「次の福井行きは通過しますが大丈夫ですか」

なんて声をかけてくれた。

「歩いて勝山駅行きます」

僕は言った。

 

よっぽどこの駅で降りる客というのは珍しいのかもしれない(笑)

 

f:id:fukuitabi:20160730210205j:plain

 

電車が行ってしまうと、

そこには静寂があるのみ。

周辺には民家もあるが、人の気配は感じない。

とりあえず線路沿いの小道を、

勝山駅に向かって歩く。

 

f:id:fukuitabi:20160730210727j:plain

 

このあたりまで来ると福井市内とは違って幾分暑さも和らぎ、

九頭竜川をなでた風も何とも心地よい。

木々の緑も気のせいかずいぶん深みを帯びているように感じる。

 

f:id:fukuitabi:20160730210754j:plain

 

20分ほどで勝山駅に到着した。

勝山は駅と市街地が若干離れているもので、

今日は市街地を徘徊する気力はわかなかった。

 

f:id:fukuitabi:20160730210852j:plain

 

恐竜博物館の手前にある恐竜のモニュメントの首が折れた、

なんてニュースもあったから、

ちょっと心惹かれるものもあったけど、

何せ遠い(笑)

 

f:id:fukuitabi:20160730210920j:plain

 

ホームに停車している電車は、

まさに先ほど乗ってきた電車である。

すなわちアテンダントさんも運転士さんも同じ。

アテンダントさんが

「本当に歩いてきたンですね」と笑った。

 

帰路は保田駅で下車してみた。

この駅と次の小舟渡駅の間が、

九頭竜川と線路が寄り添い、

何とも風光明媚な区間である。

 

f:id:fukuitabi:20160730210953j:plain

f:id:fukuitabi:20160730211024j:plain

 

電車で通れば数分だけど、

特にこんな目的のない時こそ

少しは歩いてみたい。

 

f:id:fukuitabi:20160730211047j:plain

f:id:fukuitabi:20160730211108j:plain

 

釣り人を眺めつつぶらぶら歩き、

やはり20分ほど歩いて小舟渡駅に到着した。

木陰でそれほど暑さは感じないが、

じっとり背中は汗ばんでいた。

 

f:id:fukuitabi:20160730211137j:plain

 

小舟渡、いい駅名だ。

その昔は対岸まで小舟をつないだ「舟橋」があったという。

 

f:id:fukuitabi:20160730211202j:plain

f:id:fukuitabi:20160730211230j:plain

 

以前は対岸を走る国道から

「小舟渡かまぶろ温泉」という立派な看板が見えており、

いつか行ってみたいと思っていたら

気づけば廃業していた。

 

やはり「いつか行ってみたい」じゃ駄目だんだよな、

行きたいと思った時に行っておかねば、

なんてことを人っ子ひとり現れないホームでぼんやり思う。

 

f:id:fukuitabi:20160730211256j:plain

 

適度に歩いたものでそれなりに腹が減ってきた。

さて、昼飯はどうするかと考えて、

以前から気になっていた店を訪ねてみることにした。

 

たびたび行っている訳ではないが、

僕は北陸道を金沢方面に向かう時、

福井市内からは通称「勝山街道」という、

えちぜん鉄道に沿った道を経由して、

福井北インターを利用している。

 

そこでいつも気になっていたのが、

農林高校の近くにある「カレー、ラーメン」と書かれた看板だった。

ただ、その道沿いにはそれらしき店は見当たらず、

通りすぎてはすぐに忘れる存在だったのだが、

何となく心の奥底に引っかかる存在だった。

 

農林高校の近くだから越前新保駅が最寄りとなる。

はて、お店はいったい何処にあるのか。

 

f:id:fukuitabi:20160730211402j:plain

 

越前新保駅で電車を下りて、

勝山街道へ出た。

看板は確かもう少し勝山よりにあったはず、

そう思って勝山方面に向かうと見覚えのある看板が現れた。

 

f:id:fukuitabi:20160730211434j:plain

 

その看板には「カレー、ラーメン」

その下に「お食事 はら」と矢印が書かれている。

その矢印の方向に目をやれば、

「お食事ハウス はら」と書かれた看板が見えた。

 

f:id:fukuitabi:20160730211505j:plain

 

その手前の橋には左手に「ソースかつ丼 はら」

右手に「カツカレー はら」なる看板が見える。

うーむ、いったいどんな店なんだろう。

 

f:id:fukuitabi:20160730211540j:plain

f:id:fukuitabi:20160730211606j:plain

 

「お食事ハウス はら」さんはまさに線路沿いにあった。

わざわざ勝山街道まで出る必要はなかった、

と言えるのだが、ま、営業中だったので何より。

 

f:id:fukuitabi:20160730211640j:plain

 

店内は4人がけのテーブルが3つとカウンター。

お昼時を過ぎた時間だったが、

先客は3人。

 

メニューは驚くほど豊富で、

定食の類からそば、うどん、カツ丼にラーメンと、

まさに何でもある。

 

しかしながら店員はお婆ちゃん(失礼かな)1人のようで、

ずいぶん忙しそうだ。

メニューの中に気になる一品を発見。

「カツカレーラーメン ライス付き 800円」

 

お店の名前を冠した「はら定食」にも惹かれたが、

冷たいお茶を出してくれたお婆ちゃんに

「カツカレーラーメン」とやらを注文してみた。

 

しばらくするとお爺ちゃんらしき方も現れた。

ご夫婦で営んでいるようだ。

雑誌や漫画もずいぶんあって、

待ち時間は苦にならない。

 

すぐ隣をえちぜん鉄道の電車が通り過ぎていく。

電車は越前新保駅で交換するので、

またすぐに電車が通り過ぎていく。

 

ほどなく現れた「カツカレーラーメン」は、

なかなかインパクトのあるビジュアルだった(笑)

まったくもって「ラーメン」という感じがしない。

 

写真撮っていいですか、と尋ねたら、

お婆ちゃんがにっこり笑ってくれたもんで

とりあえず一枚。

 

f:id:fukuitabi:20160730211717j:plain

 

そして箸をいれれば、

何ともとろみの強いスープの中から麺が現れた。

そんでもって麺にこの濃厚なカレーが実によくまとい、

かつ熱い、かつ予想以上にスパイシー。

 

添えられた白ご飯にこのカレーをまとった麺を載せて食す。

あ、こりゃいいや。

揚げたてのカツにカレーをまとって白ご飯に載せて食す。

あ、これもまた良し。

 

そして、スープのとろみが強いんで、

麺を食べ終える頃にはスープが一滴も残らず、

かつ白ご飯もなくなっていると、

すべてがうまくまとまっている、

そんな感じがした。

 

何とも愛想のいいお婆ちゃんとあいまって、

また来たい店が一件増えた。

ごちそうさまでした。

 

ちなみに北陸だと、

富山の新湊にも「スパロー」っていう、

カレー中華の店があります。

他の地においてはあんまり見かけないような気がしますが、

どうなんだろ。

 

さて、あとは風呂でも入ればそれで良し。

 

越前新保の駅から

勝山よりに戻れば観音町に阿津満湯という銭湯があるのだが、

まだ開湯前である。

福井よりに一駅行けば極楽湯がある。

 

色々悩んだが、

結局フリーきっぷをフル活用することにして、

結局あわら温泉まで行くことに。

福井口駅は着々と高架化工事が進行中。

 

f:id:fukuitabi:20160730211829j:plain

f:id:fukuitabi:20160730211946j:plain

いつも通りワンパターンになりつつあるが、

あわら湯のまち駅の目の前にある

「芦原荘」さんでひとっ風呂浴びさせてもらう。

日帰り入浴は500円。

f:id:fukuitabi:20160730212026j:plain

 

先日頂いたコメントの返信にも書いたのだけど、

基本的に福井の入浴施設って、

案外気軽な値段で入れるところが多いような気がする。

カラスの行水程度の自分には本当にありがたい限りだ。

 

f:id:fukuitabi:20160730212114j:plain

 

駅前のコンビニで酎ハイ一本飲んで福井に帰ったら、

地獄のような暑さはやんでいて、

心地良い夕暮れの風が吹いていた。

 

それでも何だかんだで暑かったみたいで、

やっぱり部屋に帰るなりシャワーを浴びることになった。

 

広告