読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北陸徘徊人

福井・石川・富山を中心にゆるーい旅を満喫中

和倉温泉総湯と能越道

能登空港を出てしばらく「のと里山海道」を戻る。

穴水町から七尾市に入り横田ICで流出。

能登島を経由して和倉温泉に向かうことにした。

 

ツインブリッジで能登島へ渡る。

DSC06102.jpg

DSC06105.jpg

 

能登島は周囲が約72キロ、

人口約3000人の七尾湾に浮かぶ島で、

平成の大合併能登島町から七尾市の一部となった。

 

さて、

私は脚本家・山田太一さんのファンである。

ふぞろいの林檎たち」「早春スケッチブック」など名作は数多くあるが、

連ドラの中でもっとも好きなのは「沿線地図」であり、

単発ドラマの中でもっとも好きなのが「何だか人が恋しくて」という作品だ。

 

もう20年以上前にNHKで放送された。

 

話の始まりは名古屋。

あまりにも厳格な生徒指導で学校中の生徒から嫌われている

女子校の教師(平田満さん)が北陸へ1泊2日の旅に出る。

 

乗り込んだのは特急「しらさぎ」。

その車内で彼は自分の教え子と出くわしてしまう。

さらに教え子は他校の男子生徒と一緒にいた。。。

 

この高校生カップルが目指していたのが能登島だ。

(言い出したのは男の方で当然裏心がある)

そして、女子高生と出くわした厳格な教師は

逃げるように姿を消す。

 

普段から教師の態度が気に喰わない女子生徒は

ここぞとばかりに彼の姿を追いかける。

計画が崩れていく男子生徒は焦りだし、、、

 

ドラマで能登島が出てくるのはほんの僅かであるが、

私はその後すぐに能登島に向かった記憶があるから

テレビの影響とは恐ろしいものだ(笑)

 

実際、今回も「まれ」を視聴したから

「キリコ」を見に来た訳で、

私という人間が非常に単純な人間であることに気づいたりもする。

 

今、再放送すればそこそこ視聴率がとれそうな気がするのですが、

NHKさん、いかがなもんでしょ?

 

今回は何処も立ち寄らず、

まっすぐ島を通過。

 

能登島大橋和倉温泉に渡る。

DSC06108.jpg

私が北陸暮らしを始めたころ、

長さ1050メートル、

石川県で最も長いこの橋は往復1760円もの通行料金がかかっていた。

(平成10年に無償化

 

山口県角島大橋など1780メートルもあるのに

開通当初から無料であったはずで、

有料・無料の境はいったい何なんだろう、とも思う。

1000ピース めざせ!パズルの達人 角島大橋と青い海-山口 (50x75cm) 

(↑角島大橋・イメージ)

 

和倉温泉総湯へ。

いったいいつの間にこんな立派な建物になっていたのか。

調べると平成23年4月にリニューアルしたとある。

DSC06116.jpg 

あれ、その後2度ほど和倉には泊まっているのに、、、、

いかに宿に入るとすぐに酒を飲み、

出歩いていなかったかがよく分かる(笑)

 

浴室は広々、まったく「チャチさ」を感じない、

威風堂々、そんな言葉がぴったりな建物だ。

「カネかかってるなー」とぼんやり思う。

さらに老いも若きも多くの方で賑わっていた。

 

湯はナトリウム・カルシウムー塩化物泉で、

口にふくむと恐ろしく塩辛く、

ほのかな苦味を感じる。

 

印象としては

「強烈に効きそうな薬」といったところか。

花粉症で苦しんでいるが、

心なしかスッキリしたような気がした。

 

さて、私はこの場に及んでもまだ宿泊を考えていた。

相方が出てくるまでの間、

私は再び「じゃらん」のアプリを立ち上げる。

 

帰り道、七尾まで伸びてきた「能越道」を通ってみるか、

そんなアイディアが浮かんできた。

高岡あたりで「疲れた」と強引に宿をとる。

高岡駅前のホテルにはかなり空きもある。

さらに新湊のホテルにも空きがある。

 

新湊もいいな、

寿司屋のカウンターで日本酒を一杯、

よし、この作戦で行こう、私の決意は固まった。

DSC06114.jpg

すっかり日も暮れていた。

「行きと同じだと物足りないしさ、帰りは能越道経由にするわ」

 

相方は「世界の霧」というアプリを愛用している。

これは世界地図に「霧」がかかっており、

通った場所が晴れていく、というものだ。

 

帰路を能越道経由にすることで、

能登半島の3分の1くらいのカタチが浮かび上がる。

相方は「いいね」とにっこり笑った。

 

さて、能越道である。

富山県にある北陸道・小矢部JCTから徐々に伸びてきて、

今年の2月末に七尾ICまで供用開始されたことは知っていた。

 

従って「能越道」の看板さえ目指せば

高岡方面に行けると思い込んでいた。

 

そんなもので

「金沢・輪島・のと里山海道・能越道」なる看板に

何の不信も持っていなかった。

 

ただ、途中で「変な方向に行くんだな」という

違和感はあった。

 

ようやく気づいたのは徳田大津JCTに達してからだ。

 

正確にはこの時点で走っていた「田鶴浜道路」も、

のと里山海道の徳田大津JCT以北も「能越道」なのであった。

従って、和倉から「能越道」の看板を目指すと

「輪島方面」に向かってしまうのだ。 

13.25.24.png 

「ごめん、来た道戻るわ」

私は言った。

 

「ふーん」

相方はツムツムを始めた。 

 

広告