北陸徘徊人

福井・石川・富山を中心にゆるーい旅を満喫中

新福井駅から電車に乗ってたぬきやのランチを食べに行く

何だか最近ニュースを見ていると、

聞き覚えのある名前を耳にするようになった。

 

そう、富山市議会の方々である。

議員報酬上げて市民の反感を買ったのは記憶に新しいが、

今度は政務活動費の不正取得だそうな。

 

富山市の場合、

定数40に対して候補者が44人とかそんな世界だし、

市議会議員なんてやめられない世界なのかもね。

そんでもって市議の言い分が笑える。

 

「ついつい、飲んでもて」

 

福井に来て改めて思うけど、

やはり富山には酒が好きな方が多いのだと思う。

福井と富山の居酒屋を見比べると、

飲みっぷりが全然違う。

 

僕もつい「大酒飲み」に見られがちなんですが、

富山じゃ可愛いもんなんですよ、

ほんと(汗)

 

f:id:fukuitabi:20160915075536j:plain

 

さて、

そんな僕はここ数日お酒をお休みしている。

さぞかし体調もよくなるであろうと考えていたが、

むしろ体調は悪い。

 

理由は「年だし休肝日でもつくってみるかな」なんて言ったら、

相方に「できるわけない」と笑われた。

それだけだ。

ちなみにやめるつもりは一切ない。

休んでいるだけだ。

 

飯でも食うべと福井駅に行った。

酒を休んでいる分、昼くらいはウマイものを食べたい。

 

今日は行く店も決めてある。

福井市花月にある「たぬきや」さん。

朝からクリームコロッケが頭の中をぐるぐる回ってた。

 

福井駅に着いたのが12時15分だった。

「たぬきや」さんの最寄りの駅は福大前西福井駅

次のえちぜん鉄道三国港行きは12時39分発で、

まだ時間がある。

 

さて、どうするべかと思い、

1駅先の新福井駅から乗ることにした。

1駅先といっても距離的には500メートルほど先である。

 

f:id:fukuitabi:20160915075603j:plain

 

着々と高架化工事が進む様子を眺めつつ、

えちぜん鉄道が今の新幹線高架に移って

もうすぐで1年になるのか、

早いなーなどとぼんやり思う。

 

f:id:fukuitabi:20160915075638j:plain

 

かつて地平にあった福井口の駅舎はまるっきり姿を消し、

道路に残っていた線路もいつしか跡形すら無くなった。

高架化した当初は、一時停止していた車も多く見かけたが、

はやみんなそこに踏切があったことすら忘れているだろう。

 

f:id:fukuitabi:20160915075714j:plain

f:id:fukuitabi:20160915075745j:plain

 

ホームへの階段を上がると、

ちょうど福井行きの電車が出発していった。

何てことはなく、

この電車が福井で折り返して三国港行きとなる。

 

f:id:fukuitabi:20160915075816j:plain

f:id:fukuitabi:20160915075846j:plain

 

新福井駅からはJRの眺めが良い。

今となっては叶わぬ夢だが、

ここから寝台特急日本海やトワイライトを眺めたかったと思う。

こうした光景を楽しめるのもあと僅か。

 

f:id:fukuitabi:20160915080014j:plain

 

電車の接近を知らせる音楽が鳴る。

高架橋上に設けられた踏切の警報が鳴る。

 

電車に乗るなりアテンダントさんから

福大前西福井までの乗車券を購入。

運賃は150円。

 

f:id:fukuitabi:20160915080047j:plain

 

福大前西福井駅から踏切を渡り、

まっすぐ歩けば5分ほどでたぬきやさんに到着。

 

f:id:fukuitabi:20160915080116j:plain

 

薄暗い店内にはテーブルと小上がりがあるのだが、

大半は男性の1人客で埋まっていた。

ちょうど食事を終えてゆっくりしている方が多い。

空いていたテーブルに着席。

 

福井に来てからいろんな店に伺うようになったけど、

ちょくちょくお邪魔してしまうのがこちらのたぬきやさんだ。

最初に来たのは本当に偶然だったし、

てっきりうどん屋さんか和食の店だと思っていたが、

メニューを眺めると洋食中心であることに驚いた。

 

一応、うどんや中華そばなんてメニューもあるのだが、

こちらで麺類を食べている方は

未だに見たことがない。

 

日替わりランチ580円、

カニクリームコロッケ定食770円にも惹かれるが、

クリームコロッケとハンバーグとエビフライが付いている

たぬきやランチ670円を注文。

 

ほどなくしてたぬきやランチが登場。

まるで「お子様セット」みたいな組み合わせだけど、

いくつになってもこの組み合わせはやめられない(笑)

 

f:id:fukuitabi:20160915080152j:plain

 

クリームコロッケをほおばる。

とろとろ、かつ濃厚、かつ熱い!!

ここまで足を延ばして良かったよ、

しみじみ幸せになる旨さ。

 

このクリームコロッケも、

サラダのドレッシングも、

カレーのルーまで、

こちらのお店ではイチから手作りであるらしい。

 

f:id:fukuitabi:20160915080222j:plain

 

たぬきやさんは(恐らく)夫婦2人でやられているのだが、

お2人の淡々とした仕事ぶりと、

客との間のとり方が何とも絶妙というか、

本当に実家に帰ってきたかのような居心地の良さがある。

 

このお2人が僕の両親と恐らく同世代だと思うのだが、

客も僕と同世代の1人客が多い。

美味しいごはん食べて、

一服しがてら漫画読んで、ごちそうさんと出て行く。

多分、みんな僕と同じような居心地の良さを感じていると思う。

 

今回もすっかり満足して店を出た。

ごちそうさまでした。

 

f:id:fukuitabi:20160915080252j:plain

 

時計を見ると、

ちょうど福大前西福井を電車が出発した時間だった。

次の電車は30分後。

別にたいした距離でもないしと思い、

歩いて福井駅を目指す。

 

f:id:fukuitabi:20160915080329j:plain

 

片町を抜け、

福井駅に着いたのは店を出てから25分後だった。

 

f:id:fukuitabi:20160915080404j:plain

 

9月とはいえ、何だかんだで暑く、

少し汗ばんでしまったし、

やっぱり脳裏にはビールが浮かんだが、

おとなしく炭酸水を買って、

家へ向かった。

 

広告